利用PCに痕跡残さず

USBドライブでシンクライアント実現、2Xアルファ

2008/01/24

 2Xアルファ・ソリューションズは1月24日、シンクライアントソフトをインストールしたUSBドライブを使って自社サーバにアクセスできるシンクライアントソリューション「2Xポータブル」を発表した。2月1日に発売する。

 外出先などで、インターネット接続が可能なWindows搭載機にUSBドライブを挿入して利用する。シンクライアントソフトウェアが仮想レジストリと仮想ファイルシステムを備えていて、一時的に利用したPC上には影響を与えない。USBドライブからOSをブートするタイプのシンクライアントではないため、再起動の手間がない。

 通常のパスワード認証版に加え、指紋認証版も用意する。価格は接続ユーザー数として30〜50人に対応する最小構成の場合でパスワード認証版が38万9000円から、指紋認証版が48万9000円から。いずれもサーバ側のソフトウェア込みで、USBドライブ10個が付属する。

 2Xアルファ・ソリューションズは2007年7月設立。同社が国内販売を行うシンクライアントソリューションは欧米を中心に普及している。日本国内では2010年度までに20億円の売り上げを達成することを目標としている。

alpha01.jpg

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...