自社提供のOSSプロダクト関連情報などを掲載

NTTデータがOSSポータルを開設

2008/01/29

 NTTデータは1月29日、NTTデータグループが提供するオープンソースソフトウエア(OSS)の情報を集約したポータルサイト「NTTデータグループ・オープンソーススクエア」を開設すると発表した。商用システムで実績があるOSSを紹介していく。

 NTTデータグループは、2004年からこれまでに「PostgresForest」(ポストグレスフォレスト)、Ajaxフレームワーク「マスカット」、運用監視ツール「Hinemos」(ヒネモス)、セキュアなLinux環境を実現する「TOMOYO Linux」など、OSS関連のプロダクトを公開してきた。同社は今後、NTTデータグループ・オープンソーススクエアを通じて、OSS導入システムの開発をサポートする情報を提供していく。

 具体的には、NTTデータグループが提供するOSSの概要や適用事例、関連サイトなどの情報掲載をはじめ、OSSプロジェクトの活動やリリース情報、関連イベント・セミナーなどの情報を紹介していく。また、NTTデータグループに在籍するOSS開発者の紹介も行う。

 この発表に合わせて、2007年に公開したアプリケーション開発基盤「TERASOLUNARフレームワーク」の第2弾として「TERASOLUNA Batch Framework for Java」、「TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)」をOSSとして公開する。

 TERASOLUNA Batch Framework for Javaは、NTTデータのJavaバッチ処理アプリケーション用フレームワーク。開発言語であるJavaだけでなく、フレームワークレベルでオンラインアプリケーションとバッチアプリケーションを統合して、生産性、保守性の向上を高める。

 TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)は、Spring Frameworkをベースに拡張したサーバフレームワーク。業務アプリケーションで重要となるデータベースアクセス制御、ログ出力、例外処理などが自由に構築できる部分を規定しているほか、XML電文通信などのリッチクライアント向け機能を提供する。

osss01.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...