Amazonのクラウドコンピューティング事業が離陸

AWSのトラフィック、Amazon本体を超える

2008/02/01

 米アマゾンは1月30日、2007年第4四半期(10〜12月期)の決算を発表した。その中で同社は、Amazon Web Services(AWS)関連サービスで使われたネットワークの帯域幅が、Amazon本体の全世界での帯域幅を超えたことを明らかにした。AWSを利用したWebアプリケーションなどをすべて合計すると、世界最大規模のオンライン小売店であるアマゾンより大きく、サービスの急成長ぶりがうかがえる。

 AWSを利用する開発者の数は前期より3万人増えて33万人。また今期、AWSはヨーロッパ向けにAmazon S3を新設。サーバを物理的にヨーロッパに設置することで、エンタープライズ用途での利用拡大を狙う。

 AWSは、利用したCPUの処理能力やメモリ量、ネットワークバンド幅によって課金するサービス「Amazon Elastic Compute Could(EC2)」を始め、オンラインストレージサービスの「Amazon Simple Storage(S3)」などからなるサービス群。2007年12月にはWebサービスとして利用できるデータベース「Amazon SimpleDB」や、ユーザー情報管理や課金を行う「Amazon DevPay」を加えるなど、サービスを拡充している。Webアプリケーション開発を行うベンチャーや、自社でハードウェアのITインフラを持ちたくない企業を対象としていて、利用者はAWSのサービスを組み合わせてWebアプリケーションを構築できる。

 同期間中の米アマゾンの売上高は56億7000万ドルで前年同期比42%増。純利益は2倍以上となる2億700万ドルだった。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...