既存のTwitter対応アプリケーションを流用可能

ライブドア、ミニブログでTwitter互換API公開

2008/02/05

 ライブドアは2月5日、ミニブログサービス「nowa」(ノワ)のAPI「nowa API」を公開したと発表した。TwitterのAPIと互換性があり、すでにTwitterのAPIを利用しているWebサイトやツールは簡単にnowaに対応できるという。

 nowa APIを通じて情報の閲覧や書き込み、フレンド情報の表示、記事の投稿などができる。

 ミニブログサービスの先駆け的存在であるTwitterは、早い時期からAPIを公開してきた。API公開により、携帯電話からメッセージを読み書きできるサービス、発信者の地理情報から地球上にメッセージをプロットして一覧できるようにしたサービス、Windows上やWebブラウザ上の専用クライアントの実装など、Twitter APIを利用したサービス・ツールが非常に数多く登場している。また、ブログパーツとして自分が投稿したTwitterのメッセージを自分のブログ上で表示するといった利用法もある。

 nowaがAPI公開と同時にTwitter API互換路線を採用した背景には、こうした多くの既存アプリケーションの存在がある。コンテンツ連携が加速するWebアプリケーションの世界において、大きなユーザーベースを抱えたTwitterのようなサービスが提供するAPIが、デファクト標準になっていく可能性もある。

nowa01.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。