ルクセンブルクに拠点

楽天、台湾に続いて欧州で「楽天市場」開設へ

2008/02/07

 楽天は2月7日、ルクセンブルグに欧州の中核拠点として「楽天ヨーロッパS.a r.l.」を設立。今後2〜3年以内にEU外も含めたヨーロッパの数カ国でショッピングモール事業を展開していくと発表した。楽天ヨーロッパは2008年3月末までに設立する。欧州事業のハブとし、戦略立案や人事などの機能のほか、システムの開発や運用、物流に関する機能を持たせることも検討しているという。

 設立当初は、ヨーロッパ各国への進出に向けた事業計画を詰め、今夏をめどにオフィス機能の強化を図り、順次、追加投資を行い人員増強も図る。

 ルクセンブルクに拠点を置いたことについて同社は、同国国民の教育水準の高さや多言語環境、発達した通信網や物流網などのビジネス環境の充実を理由に挙げる。

 すでに楽天は2007年11月に台湾の大手流通業者と合弁新会社を設立して、台湾版「楽天市場」を2008年第2四半期中に開設すると発表している。ヨーロッパ進出は同社にとって海外進出の第2弾。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...