コントラストや発色、ディスプレイサイズで課題

JR東、自動改札で電子ペーパー広告を実験

2008/02/25

 JR東日本グループは2月25日、東京・恵比寿駅自動改札機で電子ペーパーによる広告表示の実証実験を開始した。実験は3月9日まで行う。

 同グループはこれまで、2005年に東京駅構内でモノクロ表示の電子ペーパーによるポスター設置や、2006年暮れに8色表示の電子ペーパーを使った車内広告など実証実験を重ねてきた。3度目となる今回の実験では4096色表示可能な電子ペーパーを「より実際の利用客の近い場で実験する」(ジェイアール東日本企画 交通媒体局 媒体開発部 部長 山本孝氏)。

 従来、ステッカー式広告を貼っていた自動改札機の側面と上部に計4つの電子ペーパーディスプレイを配置。それぞれ6分間隔で表示コンテンツを切り替えて、1時間で広告コンテンツを1巡させる。1つの広告スペースを時分割にした割安の広告商品の開発も考えられるが、当初は「1クライアントによる、複数メッセージの発信」(山本氏)を想定しているという。

 実用化の時期は未定。サイズや発色、白の表現(コントラスト)など、デバイス自体に課題が多い。今回の実験では、無作為抽出で乗降客にアンケートを実施して視認性などについて調査するほか、広告代理店関係者らに商品価値を見極めてもらう考え。

jr01.jpg 写真中央が電子ペーパーによる広告。明るい場所では、紙に比べてコントラストが劣る
jr02.jpg 自動改札機の上部にも広告を用意
jr03.jpg 今回の実験では最大4096色までのカラー表示を可能とした

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...