モバイル向けSDK勢力図にMSから激震

ノキア、Symbian端末でSilverlightを採用

2008/03/05

 フィンランドのノキアは3月4日、Symbian OS上の同社プラットフォーム「S60」をはじめ、前世代の「Series 40」や同社のほかのモバイル端末において、マイクロソフトのSilverlightを採用する計画だと発表した。2008年の年末までにS60シリーズの開発者向けに提供する。Series 40への対応は今後改めて発表する。マイクロソフトは、S60上で動作するSilverlightを、3月5日に開催予定のイベント「MIX08」で披露する。

 SilverlightはRIA(リッチインターネットアプリケーション)を作成するアプリケーションプラットフォームで、Internet Explorer、Firefox、SafariなどWeb向けプラグインとして提供する。WMV形式のHD動画に対応していて、ストリーミングサービスなどに向くことから、すでに米NBAや米NBCユニバーサルがSilverlightを採用。NBCユニバーサルは北京五輪専用サイトでSilverlightを採用すると発表している。また、日本では無料動画配信サービスの「GyaO」がSilverlightを使って新着動画インデックスを提供している。

 S60上ではSymbian OSにネイティブで対応できるC++のほか、Ajaxを含むJavaScript、CSS、HTMLなどのWeb標準技術、Java言語、Flash Lite、Pythonを使った開発が可能だが、ここに新たにSilverlightが加わる形だ。S60上に搭載されるSilverlightのバージョンは現時点では不明だが、開発言語にC#のほか、IronPython、IronRubyなどが使えるようになる可能性もある。また、現時点でマイクロソフトからの公式コメントはないが、今後Windows Mobile向けSilverlightが提供されることになれば、Silverlight向けアプリケーションがSymbian OS、Windows Mobileで動く可能性がある。

 今回のマイクロソフトとの提携発表は、ノキアが開発環境の多様化を進める流れの一環だ。同社は2008年1月にノルウェーのTrollTechを買収している。TrollTechはクロスプラットフォーム向けのアプリケーション開発フレームワーク「Qt」や「Qtopia」で知られる。QtはUnix向けデスクトップ環境のKDEで採用されているほかQtopiaはソニーのmyloなどで組み込みの実績がある。Qtの開発言語はC++だが、TrollTechは2007年6月にJavaからQtが利用できる「Qt Jambi」もリリースしていて、Qtはモバイルからデスクトップまでを結ぶクロスプラットフォーム向け開発環境に成長している。ノキアは1月のTrolltech買収発表時にS60とS40の双方のシリーズでTrolltechの開発フレームワークが生かされる説明している。

 S60対応のスマートフォンは、2008年1月までに1億5000万台の出荷実績がある。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...