2Dから3D画像を作成、IM連携も

ドコモがイスラエルの3Dアバター企業「Gizmoz」に出資へ

2008/03/17

 NTTドコモは、2Dの画像から3Dのアバターを作成できるサービスを展開しているイスラエルの企業、Gizmozに出資する方針だ。米メディアの TechCrunchが3月16日付で報じた。ドコモは「まだ中身を確認していない」としている。

 Gizmoz は2Dの顔写真などをアップロードして背景画像や表情を設定すると、動く3Dのアバターを作成できるWebベースのサービスを提供している。アバターに音声をつけることも可能。作成したアバターは自分のブログなどに読み込むことができるほか、同社は米AOLが提供するインスタントメメッセンジャー「AIM」と3Dアバターを連携させるサービスも提供している。

 GizmozとNTTドコモは協力して日本の携帯電話ユーザー、Webユーザーに3Dアバターのサービスを提供するとみられる。米国法人のDoCoMo Capitalを通じて出資するもよう。

gizmoz01.jpg Gizmozのサイト

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。