グーグルらと業界団体を設立

ヤフーとMySpaceもOpenSocial支持へ

2008/03/26

 米ヤフーと米MySpaceは3月25日、グーグルが提唱するSNS向けAPI群「OpenSocial」を支持すると表明した。同時に3者は、今後もOpenSocialをコミュニティベースのオープンな規格とする目的で業界団体「OpenSocail Foundation」を設立することで合意した。

 OpenSocialはSNSとWebアプリケーションを結ぶプラットフォームとなるAPI群で、OpenSocialに対応したSNSであれば、異なるSNSに対してでもOpenSocial対応のWebアプリケーションが提供できるようになる。

 MySpaceはOpenSocialに対応する「MySpace Developer Platform」の提供を開始した。2008年3月にはSNS大手の米hi5もOpenSocial対応プラットフォームを用意するなどOpenSocialを鍵としてSNSとWebアプリケーションの相互運用性が高まりそうだ。OpenSocialへの対応を表明しているメンバーは、Engage.com、Friendster、hi5、Hyves、LinkedIn、Ning、racle、orkut、Plaxo、Salesforce.com、Six Apartなどで、その会員数の総計は5億人以上にのぼると見られる。日本でもmixiがOpenSocialへの対応を表明している。

 SNSをWebアプリケーションをホストするプラットフォームにする戦略は、2007年5月に米Facebookが「Facebookプラットフォーム」として開始。それに追随する形で米グーグルは2007年11月に「OpenSocial」を発表。オープンさを武器に徐々に支持を取り付けてきた。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...