2008年中にはSDKや第2弾も予定

LiMoがプラットフォームの一部をリリース

2008/04/01

 Linuxベースでオープンなモバイル端末向けプラットフォームの仕様を策定する業界団体、LiMoファウンデーションは3月31日、予定通り「LiMoプラットフォーム・リリース1」を公開したと発表した。

 サードパーティーの開発者は同ファウンデーションのWebサイト上で公開されたAPI仕様に基づいてアプリケーションを作成できる。C/C++を用いてミドルウェアの作成も行える。また2008年後半に公開予定のSDKでは、ネイティブ、WebKit、Java環境に対応するという。SDKはLiMoメンバーのACCESS、アプリックス、モトローラ、Wind Riverらが取り組んでいる。

 LiMoファウンデーションは2007年1月設立。開発費がかさむ高機能携帯電話向けのLinuxソフトウェアスタックを標準化する目的で、NEC、NTTドコモ、パナソニックコミュニケーションズ、サムスン、モトローラ、ボーダフォンらが設立した。LiMoプラットフォームはLinuxカーネル上に実装されたOSSベースのソフトウェアモジュール群で構成される。高機能携帯電話に必要なネットワーク機能、メッセージング機能、データベース機能、マルチメディア機能、著作権保護機能などを含む。

 2008年中にはLiMoプラットフォーム・リリース2を完成予定だが、すでにLiMoメンバー企業の一部はLiMoプラットフォームの技術を使った端末を出荷しているという。

 Linuxベースのモバイル端末向けソフトウェアスタックとしては、グーグルが2007年11月に発表した「Android」がある。現在、グーグルをはじめ、HTC、インテル、モトローラ、サムスン、NTTドコモ、KDDIなど34社が参加するOpen Handset AllianceでSDKのベータ版が公開されている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...