重さは1キロ以下のまま

画面もSSDも大きくなった新「Eee PC」、ASUSが発表

2008/04/16

eeepc01.jpg

 小型格安ノートPC「Eee PC」で話題となった台湾のASUSTeK Computerは4月15日、液晶ディスプレイが7型(800×480ドット)から8.9型(1024×600ドット)へと大型化した後継モデル「Eee PC 900」を発表した。同社によればEee PCは発売後5カ月で100万台を超える販売を記録している。

 前モデルの「Eee PC 4G」と比較してSSDが4GBから12GB(Windows)/20GB(Linux)へと大容量になったほか、搭載メモリも512MBから1GBに増えた。重量は0.92キロから0.99キロへと微増。Webカメラは30万画素から130万画素に変わった。カタログスペックによれば搭載するCPUは「Intel Mobile CPU」と書かれているが詳細は不明。このほかのスペックはSD/MMCカードスロット、USB×3、VGA出力、LANポート、802.11b/gの無線LAN搭載など。

 新たに「FingerGlide」を搭載。タッチパッド上での指による動きでズームやスクロールが可能になったという。

 搭載OSはWindows XP HomeまたはLinux。Windows版にはオフィススィートのMicrosoft Worksが付属する。Linux版はメニューからアイコンをクリックするUIを踏襲。起動が速いのが特徴という。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...