電話、Web経由で技術・運用のサポート

Amazonクラウドで有償サポート開始

2008/04/18

 米アマゾンは4月18日、提供中のクラウドコンピュータサービスで有償サポート「Amazon Web Services Premium Support」の開始を発表した。対象となるのは「Amazon EC2」(Elastic Compute Cloud)、「Amazon S3」(Amazon Simple Storage Service)、「Amazon QSQ」(Simple Queue Service)。技術的な疑問や運用上の問題などを電話またはWebベースのチケットシステムで質問できる。緊急時の質問に関して1時間以内に返答するほか、緊急でない場合も、有償サポートの場合は返答までの時間を保証する。

 サポートは無償の情報提供サービスと、有償の「シルバー」「ゴールド」からなる。無償サポートでは運用状況が分かるダッシュボード、技術的なFAQ情報、開発者フォーラムの利用などができる。

 ゴールドとシルバーの違いは電話サポート、夜間サポートの有無や指名サポートが可能な回数の違い。有償サポート利用者には、クライアントサイドで使える診断ツールも提供する。

 サポート料金はシルバーが月額100ドル、ゴールドが月額400ドル。Amazon EC2/S3/QSQの使用量が多い場合には、これらのサービスの課金に対して20%、15%、10%がサポート料金となる。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

SNSはオワコン? 世界平均の利用時間に頭打ち感
メンタルへの影響、政治利用やプライバシー問題など逆風のさなか、ついにSNSは「終わりの...

半熟チーズケーキ、半熟カステラの次に来るのは? クックパッド「食トレンド予測2022」
キーワードは「新感覚」。2022年に流行の兆しが見えてきた食・料理は?

レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは...