Fibre Channel over Ethernetもサポート

シスコがデータセンタースイッチでストレージ、サーバ統合を実現

2008/04/18

 シスコシステムズは4月17日、データセンタースイッチ「Nexus」シリーズの第2弾製品、「Nexus 5000」を発表した。サーバやストレージ、ネットワークをすべて直接つなぎ込むことのできる初の製品となる。シスコは1月29日に「Nexus 7000」を発表したが、同製品は10/100Mbpsや1Gbpsのイーサネット接続しか提供していなかった。

 Nexus 5000は2Uのサイズに10Gbpsイーサネットを固定で40ポート搭載。拡張スロット2個には、8ポートファイバチャネルモジュール、10Gbpsイーサネットモジュール、あるいは10Gbpsイーサネットとファイバチャネルをそれぞれ4ポート搭載したモジュールを組み込むことができる。10GbpsイーサネットモジュールはData Center Ethernetもサポートし、この上でのFibre Channel over Ethernet(FCoE)の利用にも対応する。

cisco01.jpg Nexus 5000

 ファイバチャネルとFCoEのサポートにより、iSCSIやNAS以外のストレージも直接接続できることになる。FCoEはまだ標準化途上で、作業が終了するのは今年後半だが、インテルは同社の10Gbpsイーサネットアダプタで今年7月にもLinux用ソフトウェアドライバを提供の予定という。Data Center Ethernetは、InfiniBandに代わってサーバ間接続およびストレージ接続で普及する可能性を秘めている。

 Nexus シリーズでは、Catalyst 6500に比べて大容量であることが重要なポイントだ。Catalyst 6500のダウンリンクは最大でも1Gbpsで、アップリンクは10Gbpsだ。それがNexus 5000では、ダウンリンクが10Gbps、アップリンクは10〜40Gbpsに対応する。さらにNexus 5000ではパケットロスの発生を防ぐData Center Ethernetに対応することで、低遅延を実現している。

 では、Nexus 7000とNexus 5000との違いは何か。大きな筐(きょう)体でポート数も多いNexus 7000は、Nexus 5000を束ねるデータセンタのコアスイッチとしての役割を果たすほか、Nexus 7000自体も多数のサーバやストレージを接続することになるという。Nexus 7000も、今後Data Center EthernetおよびFCoEのサポートを提供の予定だ。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。