ESX 3iで導入も容易に

VMwareを値下げ、HPがサーバ仮想化のすそ野拡大目指す

2008/05/07

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5月7日、サーバ仮想化製品「VMware ESXi」をサーバ機に組み込んだ製品を発表するとともに、VMware ESXとそのツールから成るパッケージ群「VMware Infrastructure 3」(VI3)や、仮想デスクトップを実現する「VMware Virtual Desktop Infrastructure」の値下げを発表した。同社はこれらにより、サーバ仮想化導入に残る障壁の低減を図ることで、市場のさらなる拡大を狙う。

 サーバ機組み込み用のVMware ESXである「VMware ESX 3i」を搭載したサーバ機はすでにほかのサーバベンダからも発表されているが、日本HPは業界最多の機種対応と業界最低価格を打ち出した。

hp01.jpg 日本HP エンタープライズストレージ・サーバ事業統括 サーバ・プロダクト・マーケティング部の木村剛氏

 対応機種は10種(DL380/385、ML370、BL460c/465c/480c、DL580/585、BL680c/685c)。これらの機種がもともと備えているUSBポートにESX 3iをインストールしたUSBメモリを装着し、USBブートの設定で出荷する。この場合のESX 3iの価格は2プロセッサ・サーバ用が3万9900円(税込、以下同)、4プロセッサ・サーバ用は7万9800円。5月下旬に出荷開始する。ESX 3iからVI3相当のESXiパッケージへのアップグレード・パスは、まず「Enterprise」への移行のみ提供し、「Foundation」、「Standard」への移行については、市場の反応に応じて提供するという。「(ESX 3iユーザーの)10%程度がEnterpriseにアップグレードすると思う」と、同社エンタープライズストレージ・サーバ事業統括 ISSビジネス本部 サーバ・プロダクト・マーケティング部の木村剛氏は話した。

 日本HPはこのソリューションで、ESX 3iに管理エージェントを組み込み、「HP System Insight Manager」からの管理を実現した。また、オプションのサポート・サービス(年間8万円程度)では、マイクロソフトによる動作保証の有無にかかわらずWindows Serverの保守サービスを同社から提供するという。

 日本HPは、サーバ機への仮想化ソフトウェアの組み込みソリューションを、今後XenServer、Hyper-Vについても提供するとしている。ただしこの2つについてはESX 3iで見られるような軽量化は考えられていないようだ。

hp02.jpg 日本HPはVI3 Enterpriseに、これらInsight Controlのすべての機能をバンドル

 日本HPはまた、同社から提供するVI3の価格を値下げした。Foundationは16万8000万円で変わらないが、Standardについては、これまでバンドルしていたツールを外すことで、63万円を44万1000円に値下げした。Enterpriseはこれまで96万6000円だったが、バンドルするツールを大幅に拡充し、物理・仮想サーバ管理スイート「HP Insight Control」をすべて組み込んだにもかかわらず、価格は88万2000円に下げた。

 VMware ESX Serverをベースとする仮想デスクトップ・ソリューション「Virtual Desktop Infrastructure」(VDI)については、通常のプロセッサ単位ではなくユーザー数に基づくライセンス体系を適用する「VDI専用バンドル」を発表した。200ユーザー、サーバ16 CPUの構成で試算すると、従来は884万円のところ、VDIバンドルでは400万円と半額以下になるという。同時に、VDI構築に関する作業や説明を包括的に実施する「VDI環境構築サービス」も併せて発表した。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...