CTCが示す期待

SIerが考えるHyper-Vの可能性と現実

2008/05/19

 マイクロソフトのサーバOSの最新版「Windows Server 2008」が登場し、約1カ月がすぎた。Windows Server 2008の主要機能の1つである仮想化技術「Hyper-V」がまだリリース候補(RC)版で、正式版となるのは今夏の見込み。Windows Server 2008は今夏にもう一度、スタートダッシュのチャンスがあるといえる。

 Hyper-Vはハイパーバイザー型の仮想化技術で、1つのサーバ上で複数のOSを稼働させられるようになる。このような仮想化技術自体はVMwareやXenですでに実現しているが、マイクロソフトが訴えているHyper-Vのメリットは、OSの標準機能のために「リーズナブルに仮想化を実現できる」という点だ。

 ただ、システム・インテグレータ(SIer)の伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のプラットフォーム推進部 サーバ技術課 杵島正和氏は「Microsoft Virtual Serverよりも速い」とのそのパフォーマンスも評価する。ゲストOSとして32ビットだけでなく、64ビットOSもサポートすることで、「テスト環境を作りやすい」という。

 一方、Hyper-Vを顧客企業に提案するSIerから見ると、Hyper-Vの弱点は仮想マシンを管理するツールが標準の「Hyper-V Manager」以外に手薄なこと。特に複数の仮想サーバ、物理サーバが混在する大規模環境を統合管理するツールは現状はなく、「たくさんの仮想マシンを管理するのは厳しいのが現実」と杵島氏は語る。

 杵島氏が期待するのは仮想サーバ管理ツール「System Center Virtual Machine Manager」(SCVMM)の新バージョンである「同 2008」。2008は今夏にリリース予定で、Hyper-V上の仮想サーバだけでなく、VMware ESX Server上の仮想サーバも統合的に管理できる。杵島氏は「管理ソフトウェアがそろった段階で、Hyper-Vの新たな道が開ける」と期待を示す。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...