低価格や既存製品との統合でヴイエムウェアを追撃

シトリックスがデスクトップ仮想化製品発表、無償版も

2008/05/20

 5月20日に米国テキサス州ヒューストンで開幕した米シトリックス・システムズのカンファレンスで、同社はデスクトップ仮想化製品「Citrix XenDesktop」の出荷開始を発表した。無償提供を含む積極的な価格政策と、端末ベンダとの広範な提携で、先行するヴイエムウェアを追撃する。

 XenDesktopは、デスクトップOSをサーバ上で仮想マシンとして稼働し、これにシンクライアントからアクセスして利用する環境を構築するツールをパッケージ化したものだ。ヴイエムウェアは同様な製品「VMware Virtual Desktop Infrastructure」を市場で展開しているが、シトリックスは低価格と、同社のほかの製品との統合度を打ち出した。

 シトリックスはXenDesktopで5つのエディションを用意した。

 まずExpress Editionは、無償で同時利用ユーザー10人までのデスクトップ仮想化環境を構築できる。Standard Editionはユーザー数に制限のない有償製品で、同時利用ユーザー1人当たり75ドルに価格を抑えた。Advanced Editionはデスクトップ・イメージの作成、管理、適用を効率化する管理機能を付加したもの。Enterprise Editionではシトリックスのフラッグシップ製品である「XenApp」(旧製品名「Citrix Presentation Server」)との統合を特徴とする。そしてPlatinum Editionは、リモートモニタリングやリモートアシスタンスといった広範な管理機能を提供する。

 XenDesktopはすべてのエディションで、端末の使い勝手を向上する機能を備えている。「Desktop Receiver」という端末側のソフトウェアにより、起動や操作を大幅に高速化したという。

 シトリックスはまた、米ヒューレット・パッカード(HP)や米ワイズ、米Igelなどのシンクライアント端末ベンダを巻き込んだ「Desktop Appliance」パートナープログラムを発足した。シンクライアントをXenDesktopのための特別な仕様に準拠させることを目的としている。同プログラムのもとで、HPをはじめとするベンダはDesktop Receiverの搭載、マルチメディア高速化サポート、DirectX 9対応のGPU搭載などを特徴とするシンクライアントを提供する。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...