仮想アプライアンスとしての提供も

テープの山に埋もれる管理者をお助け? ファルコンストアが安価なVTL

2008/05/22

 ファルコンストア・ジャパンは5月22日、中規模システムをターゲットとした仮想テープライブラリ(VTL)製品、「VTL-S」と「VTL-V」を国内に投入することを発表した。ソフトバンクBBと独占販売契約を結び、6月1日に販売を開始する。

 ITシステムの拡張とサーバの台数増加にともない、それらのバックアップ/リストア用に取り付けられるテープライブラリの数も増加している。さらに、データ保護やコンプライアンスの観点からこまめにバックアップを取ることになると、テープカートリッジの山ができ、管理者の負荷が大きくなっていた。

 VTLは、実際にはディスクストレージだが、サーバに対しては従来のテープライブラリと同様に振る舞うことで、複数のテープライブラリを集約する。この結果、消費されるストレージを節約でき、同じディスク容量でより多くのデータを保管できるほか、バックアップ作業を効率化し、負担を減らすことができるという。「カートリッジ1つ1つにラベルを貼って、台帳を作ってバックアップサイトに送って……という作業が不要になるうえ、物理的な搬送がないため破損や紛失の危険性も低くなる」(同社技術部長の森本雅之氏)

 VTL-SとVTL-Vは、こうしたVTL製品の一種だ。いずれも、サーバとストレージ装置の間で透過的に動作する。

 特長は、バックアップされたデータの中身をチェックし、重複する部分を排除してユニークなデータのみを保管する「De-Dupe(データ重複除外)」により、ストレージを効率的に利用できることだ。さらに、テープフォーマットを認識してコンテンツのみにDe-DupeをかけるSIRテクノロジを組み合わせることで、消費容量を平均で20分の1、最大で38分の1にまで圧縮できる。特に、Officeやデータベース関連のデータについては効率よくバックアップが可能という。

 また、VTLを活用してバックアップ/リストアを統合すれば、ストレージ利用を効率化できるだけでなく、迅速なリストア(復旧)も可能になると、同社カントリー・マネージャの山中義晴氏は述べている。

 なおファルコンストアではこれまでも、VTL製品を提供してきたが、それは主に大規模システム向けだった。「数百巻程度のテープをかかえ、De-Dupeを使いたいと考えながら予算面で折り合いが付かなかったところに向け、24〜48巻のオートテープローダーと同程度の価格でVTLを投入する」(同社営業部長の吉政忠志氏)。

 VTL-SはLinux上で動作するソフトウェアで、iSCSIおよびファイバチャネルに対応する。一方VTL-Vは、VMwrae ESX Server上で動作する仮想アプライアンスとして提供され、iSCSIのみの対応となる。価格はそれぞれ250万円から、58万3000円からとなっている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...