3teraの商用グリッドOSを国内販売

数台のPCでも“ミニクラウド”構成、ネットワンシステムズ

2008/06/05

 ネットワンシステムズは6月5日、米3teraと独占販売代理店契約を締結し、商用グリッドOS「AppLogic」の国内販売を開始したと発表した。AppLogicをインストールした複数のサーバをギガビットイーサで接続するだけで、CPU、メモリ、ストレージ、帯域のリソースプールを作成し、Webアプリケーションに必要な要素を柔軟に提供できる。月額ライセンス費用は、8台の標準的なサーバ構成で40万円から。

 ファイアウォール、ロードバランサ、Webサーバ、データベース、ストレージなどの各要素は、仮想アプライアンスとしてWebブラウザ上でアイコン表示される。ユーザーは、これらのアイコンを操作することで、各仮想アプライアンスの設置と接続、リソースの割り当てが行え、Webアプリケーションの稼動環境をオンラインで容易に構築できるようになる。

 また、ユーザー自身が構築したアプリケーションシステムのすべての要素をカプセル化し、コピーやバックアップができる。コードやデータだけでなく、OS、ミドルウェア、データベース、インフラ、ポリシーなどをカプセル化できる。

 AppLogic上で稼動するアプリケーションは仮想化されているため、割り当てるリソースを簡単に縮小・拡張できる。個別のアプリケーションに対して使用するリソースの上限値を設定することもできる。また、データは、AppLogicが形成するグリッド内の複数のサーバ間でミラーリングされていて高可用性を持つという。

 想定するユーザー層はエンドユーザーだけでなく、ホスティング事業者、Web 2.0/SaaS事業者などを含む。各アプリケーションが使用するメモリ、CPU、帯域を正確に測定でき、従量課金サービスに対応できる。

applogic01.jpg AppLogicの管理画面。Webブラウザでリソースプールを一元管理できるという
applogic02.jpg AppLogicの構成イメージ(出典:ネットワンシステムズの発表資料)

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...