マルチコアCPUを複数使い処理性能を大幅アップ

シトリックスがNetScaler強化、Webアプリ時代への対応急ぐ

2008/06/09

 シトリックス・システムズ・ジャパンは6月9日、アプリケーションスイッチ「Citrix NetScaler」のパフォーマンスを強化した新シリーズ「Citrix NetScaler MPX」2製品を同日に出荷開始したと発表した。

 NetScalerはサーバ群の前段に配置し、サーバ負荷分散、HTTP圧縮・最適化、SSL処理代行、Webキャッシュ、Webアプリケーションファイアウォールなどの機能を実現するボックス製品。シトリックスはこれを、アプリケーションがエンドユーザーに届くまでのすべてのプロセスで最適化を図ることを目指す、同社の「Citrix Delivery Center」構想の重要な要素と位置付けている。

citrix01.jpg シトリックス マーケティング本部 本部長 山中理惠氏

 同社マーケティング本部 本部長 山中理惠氏は、企業システムのWebアプリケーションへのシフトが進むなかで、コンプライアンス、事業継続性、管理性、モバイル対応などが要件としての重要性を増していると話し、Citrix Delivery Center構想の意義を強調した。NetScalerはISPやASPに利用されてきたが、今後はグローバル企業にも利用されるようになっていくだろうという。

 新製品「NetScaler MPX 15000」「NetScaler MPX 17000」は、それぞれマルチコアCPUを2個搭載したことにより処理能力を強化。システムスループット(流入トラフィックと同量を送出できる上限の帯域幅)は2モデルとも15Gbpsで、従来の最上位機種である「NetScaler 12000」と比較して2.5倍となった。HTTPリクエストの処理能力は34万リクエスト/秒で、NetScaler 12000の1.3倍以上。MPX 2モデルが搭載するソフトウェアは当初は従来製品と同一だが、今後の新バージョンで、並列処理の高度化によりシステムスループットを20Gbps近くまで向上する計画もある。また、今回の新製品は、10Gbpsのインターフェイスを同製品シリーズで初めて搭載した。

citrix02.jpg 10Gbpsポートを4個備えたNetScaler MPX 17000

 「シトリックスはネットワーク製品だけでなく、XenAppやXenServerも提供しているところに強みがある」(同社 シニアプロダクトマネージャ 山村剛久氏)。今後NetScalerは、サーバ仮想化のXenServerと連携できるようになり、例えば急激にアクセス負荷が増大した場合、仮想サーバを追加的に立ち上げるようXenServerに命令する機能を搭載するという。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...