スループットなどを時系列でグラフ化

アマゾンのクラウドを監視する新サービス、米Hyperic

2008/06/24

 米Hypericは6月23日、米アマゾンが提供するクラウドサービス「Amazon Web Services」の運用状況やパフォーマンスをモニターする無料サービス「CloudStatus」のベータ版提供を開始した。HypericはWebアプリケーションの監視、管理ソフトウェア「Hyperic HQ」をオープンソースと商用ライセンスで提供するベンチャー企業。CloudStatusはHyperic HQをベースに開発した。

 アマゾンが提供するAmazon EC2、S3、SimpleDB、SQS、FPSの各種サービスに対応し、それぞれの運用状況をグラフィカルに表示する。例えば、ストレージサービスのAmazon S3ではヨーロッパと北米に存在する2つのデータセンターそれぞれでのスループットが現在、過去1時間、過去6時間、過去1日、過去1週間など折れ線グラフで表示される。

 クラウドコンピューティングは大きなトレンドとなっているが、Webアプリケーションに障害が発生した場合に、アプリケーションに問題があるのか、インフラ側に障害が発生しているのかを、これまでは知るすべがなかった。Hypericでは、こうした問題を解決する初めてのサービスだとしている。2008年2月には、ストレージサービスのAmazon S3で数時間にわたって障害が発生するなど、まだ運用上の課題が残っている。

hyperic01.png

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...