ダウンロードには制限なし

OCN、1日30GB以上送信の個人ユーザーを制限

2008/06/25

 NTTコミュニケーションズは6月25日、インターネット接続サービス「OCN」で一定量を超える上りのデータ通信について、利用制限を設けると発表した。利用するアプリケーションの種類や利用方法は問わない。

 制限の対象となるのは個人ユーザーで、1日に30GB以上のデータをインターネットに送信している場合。Web閲覧やメール受信、ファイルのダウンロードなど受信側は制限の対象とならない。

 制限対象となった場合、まず同社が当該ユーザーに通告し、利用状況が改善されない場合には利用停止、契約解除を行う。8月1日からOCN光、OCN ADSLを対象に開始する。

 同社では「一部のお客さまが他のお客さまに比べて大量のデータをインターネットに送信することによって、回線帯域を占有される状態が続き、その結果、他の多くのお客さまの通信速度や通信品質が低下する事象が発生」していることを制限導入の背景としているほか、大容量データやコンテンツの配信を行うユーザーには企業向け接続サービスを推奨している。

 なお、同様の総量規制は、これまでにもIIJやhi-hoが導入しているほか、P2P対策として特定ポートの帯域制限などを行うISPもある。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...