Special
» 2016年02月22日 22時00分 公開

Oracle Databaseを熟知したIT企業が認めるM7プロセッサ。何がスゴいの?「クラウドデイズ」だけれど、やっぱりハードも大切だった(2/2 ページ)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2       

ついに、話題のM7プロセッサが日本でもお目見え

 基調講演は、ドナテリのクラウドに関する話題に続いて、いよいよSPARCの話へ突入。私も担当営業として、日本での販売戦略をしっかり理解しておかなければならず、肩に力が入ります。

 最初に、今回のSPARC M7の販売開始発表に賛同の意思を表明してくださった、27社のパートナーの皆さまを紹介していました。このパートナー様の多くはオラクルのデータベースを販売するパートナーさまでもあり、Oracle Databaseのプラットフォームに最適化された技術が盛り込まれているM7プロセッサについても、既にご評価いただいていて、お客さまにご提案できる状態にあるんですね!

M7プロセッサはここがスゴかった!

 実は、私がお客さまに製品を紹介するたびに苦労しているのが、どう分かりやすく製品の特徴をお伝えするかということ。M7の発表で、どうしようと思っていた私にヒントを授けてくれたのが、ブレークアウトセションです。

 ブレークアウトセッションでは、次のような内容を学ぶことができました。

  1. M7プロセッサはオラクルがサン・マイクロシステムズを買収後、オラクルのソフトウェア技術者も参加して設計した初めてのプロセッサ(だからオラクルのミドルウェアとの親和性が高い)
  2. 性能に影響しないようにハードウェアを使った超高速の暗号化、業界唯一のアプリケーションメモリ保護を実装。万一ソフトウェアに脆弱(ぜいじゃく)性があっても、高度なセキュリティ機能が働く
  3. イン・メモリ・データベースの速度を飛躍的に高速化する部分は、これでもまだ第一歩を踏み出したところで、これからもさらなる技術開発が進む
  4. M7プロセッサは単純に各コアのパフォーマンスで比較しても速い
  5. UNIXマシンは高価であると思われがちですが、M7を搭載したサーバを初めとしたSPARC/Solarisのサーバは実運用コストで比較した場合は安くなる
  6. マルウェアに感染する危険性を排除でき、優れた仮想化機能を提供できるのはSolarisのおかげ

 最後に「M7のスゴいところ」を1枚のスライドにまとめたものを紹介しておきましょう。さまざまな利点があるM7ですが、スゴさを理解するためのカギはこのスライドにあるような独自の技術にあるのだそうです。

取材を終えて

 オラクルの「クラウド」と「ハード」の関係をうまくお伝えできましたたでしょうか?

 本当の意味での「ハイブリッドクラウド」が必要な方、重要なデータを扱う必要がある方、仮想化集約と同時に高い性能とセキュリティ対策が必要な方、皆さんが求めているシステムはM7プロセッサやそれを搭載した製品が実現しているものかもしれません。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2016年3月21日

ナビゲータ紹介

日本オラクル入社2年目の増田 佑菜(ますだ ゆうな)です。クラウド・システムの営業部で日々業界のことや技術のことを勉強中です。最近では、お客さまのもとにうかがってお話を聞くなかでSPARC/Solarisの面白さを発見することもしばしば。このコーナーでは、私がお客さまにうかがったSPARC/Solarisの“新発見”を記事で紹介していきます。「SPARC/Solarisの魅力」をたっぷりでお届けします!

特集ページ

関連記事

クラウドの利用やビッグデータの活用など、企業のIT環境は変革期を迎えている。そのIT基盤を支える技術として、あるハードウェアアーキテクチャを再評価する機運が高まっている。その最新動向を追う。

金融や通信、小売など幅広い業界の企業システムとして長年支持を集めてきたプラットフォームが今、大きな進化を遂げようとしている。どのような将来像を提示するのだろうか。

三井住友海上あいおい生命保険では、保険契約に関するシステム基盤を全面更改し、2015年1月から本稼働を開始している。切り替え作業に要した時間はわずか2日足らず。「全く不安がなかった」と信頼を寄せる技術とは。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。