検索
連載

「データサイエンス100本ノック」の生みの親はなぜ「3言語のサポート」と「Docker」にこだわったのか目指したのは初学者向けの「Kaggle」(2/2 ページ)

データサイエンスに興味がある技術者の間で話題になった「データサイエンス100本ノック(構造化データ加工編)」。生みの親である森谷和弘氏によると、この取り組みが生まれた背景には「データ分析の最も大きいニーズに応える環境がない」という課題があったという。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
前のページへ |       

こだわった「SQL」「Python」「R」のサポート

前のページへ |       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る