[製品レビュー]
中小規模システムのライフサイクル管理を実現するSystem Center Essentials 2007

第4回 System Center Essentials 2007を使用した運用管理手順(2)

2.ソフトウェアの配信

マイクロソフト株式会社 IT Pro エバンジェリスト
安納 順一
2008/06/05

 Essentials には、ソフトウェアを配信する機能も備わっており、管理対象のコンピュータに指定したプログラムをインストールすることができる。ただし非常に簡易なものであることに注意していただきたい。配信可能なソフトウェアは以下の条件を満たしている必要がある。

  • 実行可能な形式であること。
  • 無人でインストールが可能であること。
  • 可能な限り容量を小さくすること。

 Essentialsを使用したソフトウェア配信はWSUSの技術を使用しているため、インストーラの作成、統合画面への入力、追加ファイルの組み込みといったことはできない。単に、実行可能形式のインストーラ・プログラムのファイルを配信先のコンピュータに送り込んで起動するだけである。そのため、途中で問い合わせ画面などが表示されると処理が停止してしまうため、必ず無人インストールモードで実行できるようになっている必要がある。また、デフォルトではインストールに必要なファイルがすべて1つのパッケージとしてアーカイブされる(まとめられる)ため、クライアントに配信されるパッケージの容量が膨大になる可能性があることに注意しなければならない。これについては コラム「2007 Microsoft Office systemの無人インストール」がヒントになるだろう。

[コラム]2007 Microsoft Office systemの無人インストール
 2007 Microsoft Office system(以降Office 2007)のボリューム・ライセンス版には、大量のクライアントへ無人インストールを行うための、「Officeカスタマイズ ツール」が提供されている。このツールを使用すると、クライアントに配信したいソフトウェア(ExcelやWordなど)の選別やメニューのカスタマイズなどの細かな設定を事前に設定し、それらを無人で実行することができる。Officeカスタマイズ・ツールの詳細な使用方法については以下のサイトを参照していただきたい。

Officeカスタマイズ・ツール
このツールを利用すると、ボリューム・ライセンス版のOffice 2007をカスタマイズして、大量のクライアントへ無人インストールすることができる。
インストールする機能の選択。
機能の選択。

 Essentialsを使用してOffice 2007を配信する場合、最も注意しなければならないのは、その容量だ。通常の配信方法ではOffice 2007のインストールDVD-ROMの内容を丸ごとパッケージ化するため、パッケージのサイズは1.8Gbytesにも膨れ上がってしまう。これを回避するには、Office 2007のパッケージ・ファイルをファイル・サーバなどに保存し、パッケージ・セットアップ・ファイルとして登録するプログラムにバッチ・ファイルを指定するとよい。例えば、次のような内容のコマンドを記載したバッチ・ファイルを作成する。

\\server\Office2007\setup.exe /adminfile:\\server\Office2007\OfficeSetup.msp

 ここでは、ファイル・サーバ上に格納されているOffice 2007のsetup.exeに、同じくファイル・サーバ上に格納されているOffice 2007のセットアップ・カスタマイズ・ファイル(無人セットアップ用ファイル。この例ではファイルOfficeSetup.msp)をパラメータとして渡している。こうしたバッチ・ファイルをパッケージとして登録すれば、Essentials上のパッケージ容量をたった5Kbytes程度に抑えることができる。

 「ソフトウェア」領域における管理の流れを次に示す。

「ソフトウェア」領域における管理の流れ

 ソフトウェアのインストーラの準備が整ったら、「ソフトウェア」の管理画面を使用してEssentialsにソフトウェアの登録を行う。次の画面は「ソフトウェア」管理の初期画面だ。

ソフトウェアの管理画面
画面右上の「新しいソフトウェア パッケージを作成し展開する」をクリックするとパッケージ登録ウィザードが起動する。
これを選択すると、ソフトウェア・パッケージに関する管理画面が表示される。
ソフトウェア・パッケージの概要。
これをクリックして、新しいソフトウェア・パッケージを作成/登録する。

 この画面のアクション欄にある[新しいソフトウェア パッケージを作成し展開する]をクリックすると、ソフトウェアの登録画面が起動する。

パッケージの登録画面
ここではパッケージの基本的な情報を入力する。
インストールに使用するセットアップ・プログラム(インストーラの実行ファイル)を指定する。
これをオンにすると、セットアップ・プログラムと同じフォルダに置かれているすべてのファイルがパッケージ化される。作成されるパッケージの総サイズはに表示されるので、チェックすること。
パッケージの名前。
パッケージの説明。
ここには、パッケージの総容量とファイル数が表示されるので必ずチェックしておこう。あまりにも容量が大きな場合には、不必要なファイルを削除しておいた方がよいだろう。

 [次へ]をクリックすると、インストール・パラメータの入力画面が表示される。

インストール・パラメータの指定画面
ここでは、セットアップ・プログラムに渡す引数を指定することができる。無人インストール用のパラメータなどを必要に応じて指定する。
これを選択すると、パラメータを設定できる。
インストール用のパラメータを指定する。

 以上で必要な情報の入力は完了である。[次へ]ボタンをクリックして設定値を確認後、さらに[作成]ボタンをクリックするとパッケージが作成され、Essentialsに登録される。

 パッケージの登録後は、配信先と配信のタイミングを指定する必要がある。次の画面はパッケージ配信先の設定画面である。

ソフトウェア・パッケージの配信先の設定画面
この画面では、配信先のグループを指定するか、[新しいグループの作成]をクリックして配信先を定義する。
定義されているパッケージの配信先を選択する場合は、このチェック・ボックスをオンにする。
これをクリックすると、配信の期限を設定することができる。Essentialsの場合、ソフトウェアの配信は自動更新プログラムの動作に依存するため、細かな配信スケジュールを指定することができないが、配信の期限を設定することで、期限を過ぎたコンピュータに強制的にインストールを行うことができる。
新しい配信先のグループを定義するには、これをクリックする。

 パッケージの登録が完了すると、「ソフトウェア」管理画面には登録されたパッケージが表示される(次の画面参照)。登録したパッケージの配信状況を参照するには、この画面から「展開の状態」をクリックするか、「コンピュータ」の管理画面で、ソフトウェア・インベントリを参照する。

ソフトウェア・パッケージの一覧画面
この画面では、登録されたパッケージの一覧やその詳細、パッケージの配信状況などを確認できる。
これを選択する。
これを選択して、一覧を表示させる。
作成/追加したパッケージ。
パッケージの詳細。
展開/配信状況を確認するには、これをクリックするか、「コンピュータ」の管理画面で、ソフトウェア・インベントリを参照する。


 INDEX
  [製品レビュー]中小規模システムのライフサイクル管理を実現するSystem Center Essentials 2007
  第4回 System Center Essentials 2007を使用した運用管理手順(2)
    1.コンピュータの更新状態の管理
  2.ソフトウェアの配信
    3.レポートの参照とEssentialsの環境の管理
    4.管理パックのカスタマイズと業務アプリケーションの監視

 製品レビュー


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH