ICDロゴ

バックドア型コンピュータ・ウイルス

【バック・ドア・ガタ・コンピュータ・ウイルス】

最終更新日: 2006/02/06

 感染すると、遠隔地からそのシステムに侵入し、外部からの操作を可能にするバックドア(裏口)を作るタイプのコンピュータ・ウイルス。

 2000年10月、米Microsoftにハッカーが侵入し、WindowsやOffice製品のソース・コードが閲覧されたとする事件では、「Qaz.Trojan」と呼ばれるバックドア型のコンピュータ・ウイルスによってシステムのパスワードが盗まれたとされる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -