ICDロゴ

ロード・バランシング (load balancing)

別名
負荷分散 (load balancing) 【フカ・ブンサン】

最終更新日: 2002/08/27

 コンピュータ・システムにかかる負荷を、利用可能な複数の資源に適切に分散・配分することにより、負荷が高まったり、あるサーバがダウンしたりしても安定的・実用的にシステム全体が稼働できるようにする技術。このために利用されるネットワーク機器をロード・バランサ(負荷分散装置)という。

 例えばオンライン・ショッピング・サイトでは、季節や曜日、時間帯などによって、利用者の負荷が集中する場合がある。このようなときに備えて、サイト側では、複数のサーバを用意するなどして、ユーザー・トランザクションの処理能力を高めるのが一般的である。しかしこれら複数のサーバが能力を最大限に発揮し、システム全体としての処理能力を向上させるには、個々のトランザクション処理が高速化されるだけでなく、集中したトランザクションを複数のサーバに均等に分散・配分する処理が欠かせない。これを行うのがロード・バランシングである。

 このほかロード・バランシングは、ネットワーク・トラフィックの負荷分散、デバイス間でのデータ転送時の負荷分散など、さまざまな場面で活用される。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -