自社導入のノウハウを生かす

eラーニングで「OpenOffice.org入門」、アシストが発売

2008/02/14

 アシストは2月14日、「Microsoft Office」からオープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」に移行する企業のエンドユーザーを対象にしたeラーニングコンテンツを発売したと発表した。アシストは2007年2月に自社内の700台のPCをMicrosoft OfficeからOpenOffice.orgに移行した(導入事例記事)。eラーニングコンテンツは、OpenOffice.orgの自社導入のノウハウも含んでいるという。

 アシストは2007年6月からOpenOffice.org導入の支援サービスとして研修やヘルプデスクを提供してきた。今回発表したeラーニングコンテンツもその1つ。eラーニングはOpenOffice.orgを利用するエンドユーザーが対象で、OpenOffice.orgの基本操作を学べるようになっている。

ooo01.jpg アシストが発売したOpenOffice.org学習のeラーニングコンテンツ

 コンテンツは約2時間の長さ。1章でOpenOffice.orgの概要と基本操作を学び、2章以下でCalc、Writer、Impressの各アプリケーションの操作を学習する。HTMLとFlashを使用。価格は250ユーザーの場合で、23万円(税別)から。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

AI導入でも雇用はそのままか、むしろ増える グローバル調査で経営者とITリーダーの6割以上が回答
AvanadeはAI導入への備えに関するグローバル調査を実施しました。

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...