ギガビットイーサネット

Gigabit Ethernet

 イーサネットを高速化し、伝送速度を1Gbpsに高めた接続方式。通信方式としては802.3/イーサネットフレームを使用し、10BASE-T(イーサネット)および100BASE-T(ファストイーサネット)との互換性を保持している。

 物理層としては、光ファイバなどファイバーチャネルの物理層仕様を流用する1000BASE-X(802.3z)と、UTP(UnShielded Twist Pare)ケーブルをメディアとする 1000BASE-T(802.3ab)の2つの系統で標準化されている。基本的には、スイッチ間をつなぐ高速リンクとして使用する。

 高速化する仕組みとしては、1回のパルスで電圧にいくつの値を持たせるかというコード変換方式の変更が行われている。また、ツイストペアケーブルのすべてのより対線を使う4対パラレル伝送方式を利用している。

 さらに高速化した10ギガビットイーサネットでは、WANでの使用が想定されているため、イーサネットの特徴であるCSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection)が省かれるなど、根本的な変更が加えられている。

 イーサネットの高速化は、イーサネットという規格自体は変えずに伝送速度だけを高速化する機能拡張として進められてきた。これは相互運用が必須なためである。つまり、荷物を運ぶトラックを飛行機に変えてしまっては荷物の積み替えなどが面倒になるので、トラックを使うということは変えずに、トラックの性能を上げるということだ。ただし、トラックが高速になったことで道路はそれに対応したものに変える必要がある。それが、物理層のメディアを規定し直すということである。

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH