検索
連載

タスクごとのtempdbの使用状況に関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(32)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、タスクごとの「tempdb」の使用状況に関する情報の出力について解説します。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_db_task_space_usage」における、タスクごとの「tempdb」の使用状況に関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2008以降です。

概要

 前回紹介した「sys.dm_db_session_space_usage」はセッションごとの「tempdb」の使用状況を確認できました。今回の「sys.dm_db_task_space_usage」はタスクごとの「tempdb」のページ使用量に関する情報を確認できます。セッションはタスク終了後も残り続けますが、タスクは処理の完了とともに終了するため、処理の実行中にしか確認できません。

出力内容

列名 データ型 説明
session_id smallint セッションID
request_id Int セッション内のリクエストID
exec_context_id int タスクの実行コンテキストID
database_id smallint データベースID
user_objects_alloc_page_count bigint タスクで、ユーザーオブジェクト用に予約または割り当てられたページの数
user_objects_dealloc_page_count bigint タスクで、ユーザーオブジェクトへの割り当てが解除され、予約されなくなったページの数
internal_objects_alloc_page_count bigint タスクで、内部オブジェクトに予約または割り当てられたページの数
internal_objects_dealloc_page_count bigint タスクで、内部オブジェクトへの割り当てが解除され、予約されなくなったページの数
pdw_node_id int ノードID
Azure Synapse AnalyticsとParallel Data Warehouseのみで有効

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る