検索
連載

列ストアインデックスオブジェクトによるメモリプールの使用量に関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(110)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、列ストアインデックスオブジェクトによるメモリプールの使用量に関する情報の出力について解説します。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_column_store_object_pool」における、列ストアインデックスオブジェクトによるメモリプールの使用量に関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2016以降、Azure SQL Database、Azure SQL Managed Instanceです。

概要

 SQL Serverでは列ストアインデックスを使用して、列指向データ形式を使用したデータの格納や取得、管理が可能です。従来のインデックスである行ストア形式のインデックスは、データをシークして特定の値を検索するクエリや、狭い範囲の値でのクエリを実行する場合に最適なパフォーマンスを発揮します。列ストアインデックスは、大規模のテーブルで大量のデータをスキャンする分析クエリを実行するときに、パフォーマンスが高くなります。

 「sys.dm_column_store_object_pool」では、列ストアインデックスオブジェクトによるメモリプールの使用量に関する情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
database_id int データベースのID
object_id int テーブルのオブジェクトID
index_id int 列ストアインデックスのID
partition_number bigint インデックス内のパーティション番号
column_id int 列ストアインデックスの列のID
row_group_id int 行グループのID
object_type smallint オブジェクトのタイプ。次のいずれかになる
 「1」=COLUMN_SEGMENT
 「2」=COLUMN_SEGMENT_PRIMARY_DICTIONARY
 「3」=COLUMN_SEGMENT_SECONDARY_DICTIONARY
 「4」=COLUMN_SEGMENT_BULKINSERT_DICTIONARY
 「5」=COLUMN_SEGMENT_DELETE_BITMAP
object_type_desc nvarchar(60) オブジェクトのタイプの説明。次のいずれかになる
 COLUMN_SEGMENT
 PRIMARY_DICTIONARY
 SECONDARY_DICTIONARY
 BULKINSERT_DICTIONARY
 DELETE_BITMAP
access_count int オブジェクトへのアクセス数
memory_used_in_bytes bigint オブジェクトによって使用されるメモリサイズ
object_load_time datetime オブジェクトがオブジェクトプールに取り込まれた時刻

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る