検索
ニュース

Flightradar24、GPSジャミングを受けている地域を可視化した「GPSジャミングMAP」を公開GPSジャミングをどのように可視化したのか

世界中の航空機のフライト情報を追跡、可視化したサービスを提供するFlightradar24は、GPSジャミングや干渉を受けている地域を可視化した「GPS jamming map」を公開した。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 航空機のフライト情報を追跡、可視化するWebサービスを提供するFlightradar24は2024年3月21日(米国時間)、GPSの妨害(ジャミング)や干渉を受けている地域を可視化した「GPS jamming map」を公開した。

画像

 GPS jamming mapは、全地球測位衛星システム(GNSS:Global Navigation Satellite System)への干渉レベルを緑(低)〜赤(高)で示しており、過去6時間または24時間の干渉レベルを確認することができる。

GPSジャミングをどのように可視化しているのか

 Flightradar24は、航空機の位置や速度などの情報をリアルタイムで地上局にブロードキャストする仕組みである「ADS-B」(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)を活用して、それぞれの航空機の位置や高度、速度などを可視化している。

 ADS-Bで送信されるメッセージには、米国のGPS、ロシアのGLONASS、欧州のGalileo、中国のBeiDouなど各国の測位衛星からの位置情報が含まれている。Flightradar24は、ADS-Bメッセージの一部に含まれるNIC(Navigation Integrity Category)に着目した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る