特集
マルチデバイス対応アプリの可能性(後編)

Live Meshアプリケーションを開発しよう

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2009/03/03
Page1 Page2 Page3 Page4

Azureポータル上でのMeshプロジェクトの作成

Azureポータルへログインする

 Azure Meshプロジェクトを作成するには、まずは次のサイトにアクセスしてログインする。

Azureポータルのログイン認証

 上の画面のように、右側の[Sign in]欄でWindows Live IDによるログイン認証を求められるので、各項目を入力して[Sign in]ボタンをクリックしてログインする。

 ログインしたら、Azure Meshプロジェクトを作成する。

Azure Meshプロジェクトを作成する

 ログイン後のAzureポータルのホーム・ページで、左上(もしくは右上)の[New Project](新しいプロジェクト)をクリックする。

新しいプロジェクトの作成

 次の画面のように、さまざまな種類のプロジェクトを作成できるが、ここでは[Live Services: Live Framework Community Technology Preview](Live Framework CTP版)をクリックする。

作成するプロジェクトの選択

 [Live Services: Live Framework Community Technology Preview]をクリックすると、利用許諾のページが表示されるので、(問題なければ)[I Agree](承認する)ボタンをクリックする。これにより、次の画面が表示されるので、[Project Label:]に任意のプロジェクト名を、[Project Description:]にその説明を入力して[Next]ボタンをクリックする。

プロジェクト名と説明の入力

 さらに次のようなプロジェクトの種類を選択するページが表示される。

プロジェクト種類の選択

 ここでは、以下の2つのラジオボタンの中から、プロジェクトの種類を選択する。

  • [Create a Live Framework-enabled Web site]:Live Frameworkを利用したWebサイトを作成する。*1

  • [Create a Mesh-Enable Web application]:Live Meshを利用したアプリを作成する。

 VS 2008で作成したHTML/JavaScript MeshアプリやSilverlight Meshアプリは、常に[Create a Mesh-Enable Web application]の方を選択する。ここまで「Azure Meshプロジェクト」と呼んでいたものの正式名称は、この「Mesh-Enable Web application」プロジェクトである。

*1 ちなみに、「Live Framework-enabled Web site」(Live Frameworkを利用したWebサイト)は、外部サーバでホストするWebサイトのことで、Live Frameworkを利用してLive Meshのデータを取得したりしたい場合に、このプロジェクトを利用する(プロジェクトを作成すると、Windows Live ID認証の実装に必要な情報が、このプロジェクトから得られる)。

 最後に[Create]ボタンをクリックすると、プロジェクトの作成は完了だ。

【コラム】[Live Services: Existing APIs]プロジェクトについて

 前掲の「作成するプロジェクトの選択」という画像には[Live Services: Existing APIs]というプロジェクトがあった。

 WebサイトでWindows Live ID認証を実装するには、そのサイトをアプリとして登録して、「Application ID」(アプリID)を取得する必要がある。(執筆時点での)[Live Services: Existing APIs]プロジェクトは、そこで必要となる「Application ID」を取得するためのプロジェクトである。

 [Live Services: Existing APIs]プロジェクトを作成する際には、以下の4項目を入力する必要がある。

[Live Services: Existing APIs]プロジェクトの作成
以下の4項目を入力する。
  [Project Label]:プロジェクト名。
  [Project Description]:プロジェクトの説明。
  [Domain]:Webサイトのドメイン名。
  [Return URL]:戻り先URL。Windows Live ID認証処理後に表示したいWebサイト上のページのURL。そのページには、基本的に認証結果を処理する内容を記述する(参考:「MSDN:Live Services SDK:Handling the Response from the Service 」)。

 プロジェクトの作成が完了すると以下のような情報が得られる。

Windows Live ID認証の実装に必要な情報
「Application ID」(アプリID)や「Secret Key」(シークレット・キー:トークン情報を暗号化、署名するときに使われる)などの情報が得られる。「Application ID」と「Secret Key」は、同じ場所には保存しないことが推奨される。

 あとは、これらの情報を使ってWindows Live ID認証を実装すればよい。詳しい実装方法は、MSDN「Live Services SDK:Windows Live ID Web Authentication SDK」を参照してほしい。

 Azure Meshプロジェクトの作成が完了したら、次にMeshアプリを実行してみよう。


 INDEX
  [特集] マルチデバイス対応アプリの可能性(前編)
  Live Meshアプリケーションとは何か?
    1.Live Services/Live Mesh/Meshアプリとは?
    2.Meshアプリの利用方法
 
  [特集] マルチデバイス対応アプリの可能性(後編)
  Live Meshアプリケーションを開発しよう
    1.Meshアプリの開発方法
  2.Azureポータル上でのMeshプロジェクトの作成
    3.Meshアプリのデバッグ/実行
    4.Meshアプリ開発環境の構築
Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

.NET未来展望台

未来展望台コーナースポンサーからのお知らせ


- PR -
- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...