特集
マルチデバイス対応アプリの可能性(後編)

Live Meshアプリケーションを開発しよう

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2009/03/03
Page1 Page2 Page3 Page4

Meshアプリ開発環境の構築

 以下では、Meshアプリ開発環境の構築手順を説明する。

 Meshアプリの開発にはLive FrameworkやVS 2008向けツールを使うが、それをインストールする要件は以下のとおりとなっている。

  • Windows XP SP3もしくはWindows Vista SP1
  • VS 2008 SP1もしくはVisual Web Developer Express 2008 SP1(.NET Framework 3.5 SP1を含む)

 さらにMeshアプリは、内部でSilverlight 2を使うこともあるので、以下の開発環境も準備しておく必要がある。

 これらの準備が整えば、Live FrameworkやVS 2008向けツールをサイトからダウンロードするわけだが、執筆時点のCTP版では「Microsoft Connect」というサイトで利用申請が必要である。

Live Servicesの利用申請

 具体的な手順は、「Windows Azureクラウド・サービスの配置/運用」の「Azure Services Platformの利用申請」の項で説明しているので、以下ではポイントだけ説明する。なお、この前にAzureポータルの申請も必要だが、これについても同記事を参照してほしい。

 まず、次の利用申請ページを開く。

 上記のリンク先を訪れると、次の画面が表示されるので、各項目を入力して[送信]ボタンをクリックする。

Microsoft Connect上のLive Servicesの利用申請ページ

 これにより、Microsoft Connectの[Connect ダッシュボード]というページに[Azure Services Invitations]という欄が作成される。

[Azure Services Invitations]が追加されたダッシュボード

 利用申請が承認され、招待コードが送られてきたら、それをAzureポータルに登録する。これによりAzureポータル上でLive Services関連のプロジェクトが作成できるようになるとともに、次の画面のように[Connect ダッシュボード]ページの[Azure Services Invitations]欄に「Live Services」プログラムが参加している状態で表示されるようになる。

Live Services利用申請完了後のダッシュボード

 以上で利用申請は完了だ。この状態でようやく、以下で説明するLive Framework SDKとVS 2008向けツールのダウンロードが可能になる。

Live Framework SDKのインストール

 利用申請が完了したら、次のサイトへアクセスしてLive Framework SDKをダウンロードする。

 「LiveFrameworkSDK.zip」という名前のZIP形式ファイルが取得される。その中には「Live Framework SDK」フォルダが含まれているので、これを以下の場所に展開する(「%ProgramFiles%」は通常は「C:\Program Files」)。

  • 32ビットOS:%ProgramFiles%\Microsoft SDKs\
  • 64ビットOS:%ProgramFiles(x86)%\Microsoft SDKs\

 以上でインストールは完了だ。次の画面は「Live Framework SDK」フォルダ内の階層構造を示している。

「Live Framework SDK」フォルダ内の階層構造

 これを見て分かるように、Live Framework SDKには、ライブラリ(Libraries)、サンプル(Samples)、「Resource Browser」というツール(Tools)などが含まれている。ライブラリは、前述したとおり次の3つのプラットフォーム/プログラミング言語向けのものが提供されている。

  • .NET
  • Silverlight
  • JavaScript

Live Framework Tools for Microsoft Visual Studio 1.0 CTPのインストール

 次にVS 2008にLive Framework開発ツール(プロジェクト・テンプレートと、Meshアプリを開発、ビルド、デバッグする機能など)をインストールする。

 上記のリンクから「LiveFrameworkTools.msi」という名前のインストーラ・ファイルをダウンロードし、それを実行する。インストール・ウィザードが表示されるので、指示に従ってインストールを完了する。次の画面は実際にインストールを完了したときの画面だ。

Live Framework Tools for Microsoft Visual Studio 1.0 CTPのインストール完了

 以上、Live Meshの基本を前後編にわたって紹介した。

 Meshアプリは、業務アプリとしての活用方法や、ビジネスとして集金する仕組みが(いまのところ)見えないのが残念ではあるが、これまでにない新しいタイプのアプリなのは間違いないので、今後の発展に期待したい。

 将来的には、インストールや利用が簡単で、しかも1回インストールすればどのデバイスでも使えるというMeshアプリのようなアプリ形態が広く普及する可能性は大いにあり得るだろう。読者それぞれがぜひ実際に触ってみて、未来のアプリ形態の可能性を探ってみてほしい。

 なお本特集では、肝心のLive Frameworkの中身については、まったく触れられなかった。Live Framework開発を学習するための教材としては、「Live Framework Walkthroughs」(ウォークスルー)というコンテンツ(英語)が提供されているので、Live Frameworkについて興味がある方は、ぜひそちらを参照してほしい。End of Article

 

 INDEX
  [特集] マルチデバイス対応アプリの可能性(前編)
  Live Meshアプリケーションとは何か?
    1.Live Services/Live Mesh/Meshアプリとは?
    2.Meshアプリの利用方法
 
  [特集] マルチデバイス対応アプリの可能性(後編)
  Live Meshアプリケーションを開発しよう
    1.Meshアプリの開発方法
    2.Azureポータル上でのMeshプロジェクトの作成
    3.Meshアプリのデバッグ/実行
  4.Meshアプリ開発環境の構築
Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

.NET未来展望台

未来展望台コーナースポンサーからのお知らせ


- PR -
- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...