検索
連載

IE専用ページを緊急避難的にMicrosoft Edgeの「IEモード」で開く【Edgeトラブル対策】Tech TIPS

古いIE専用ページもEdge内で表示できる「IEモード」。ただ、URLを事前に登録するなどの設定が面倒だ……。一時的でいいなら、いま開いているタブをIEモードで開き直す方法がある。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

IE専用ページの例。単にEdgeで開くと、よく分からないエラーがたくさん発生して全く利用できない……。一時しのぎでいいから、いま、このページをIEモードで使いたい!

対象:Windows 10、Microsoft Edge


 ずっと前から使い続けているWebサイトがあって、それはInternet Explorer(IE)なら正しく表示される。でも、「Microsoft Edge(以下、Edgeと略)」のようなモダンブラウザだと表示が乱れたりボタンがクリックできなかったりして、全然使えない……。

 また、認証などにActiveXコントロールが使われていて、IEでないと開けないというWebサイトも未だにある。

 こうした「IE専用ページ」は、Tech TIPS「Edgeの『IEモード』を、サポートが終了するIE代わりに使う方法」で説明している「IEモード」を利用すると、(100%とは断言できないが)Edge内のタブで表示できるようになる。

 ただ、前出のTech TIPSの方法では、IEモードで開きたいページURLを事前に登録しておく必要がある。繰り返し開くWebサイトなら便利である半面、「いま開いているこのタブを一時的にIEモードで表示する」といった際には不向きだ。

 そこで本Tech TIPSでは、一時的あるいは緊急避難的にEdgeのIEモードでタブを開き直す方法を紹介する。Edgeの設定を変更することで、表示中のタブをメニュー操作だけで簡単にIEモードへ切り替えられるようになる。

[Internet Explorerモードで再度読み込む]を有効化する

 下記の手順でEdgeの設定ページ(edge://settings/defaultBrowser)にある[Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可]というスイッチを「オン」にすると、以後はメニュー操作だけで選択中のタブをIEモードに切り替えて再表示できるようになる。

  1. Edgeを起動し、右上隅のメニューアイコンをクリックしてメニューを開く
  2. メニューの[設定]をクリックする
  3. Edgeの設定ページで[既定のブラウザー]を選ぶ
  4. 右ペインに表示される[Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可]のスイッチを「オン」にする
  5. すぐ下に現れる[再起動]ボタンをクリックしてEdgeを再起動する
[Internet Explorerモードで再度読み込む]を有効化する(1/2)
[Internet Explorerモードで再度読み込む]を有効化する(1/2)
「Internet Explorerモードで再度読み込む」を有効化する(2/2)
「Internet Explorerモードで再度読み込む」を有効化する(2/2)

 もし[既定のブラウザー]設定ページに[Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可]という設定項目が表示されない場合は、後述の「[Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可]が見当たらない場合は?」に進んでほしい。

 この作業は、1回だけ実施すればよい(IE専用ページを閲覧するたびに設定する必要はない)。ただし、設定時とは別のWindowsユーザーでサインインした場合は、改めて上記の設定作業をする必要がある。

選択中のタブをIEモードに切り替える

 上記の設定が済んでいれば、IEモードへの切り替えは簡単だ。

  1. IEモードで再度読み込みしたいタブ(ページ)を選択する
  2. 右上隅のメニューアイコンをクリックしてメニューを開く
  3. その他のツール]−[Internet Explorerモードで再度読み込む]をクリックする
IEモードでWebページを再読み込みする
IEモードでWebページを再読み込みする

 すると、選択中のタブが再度読み込まれ、アドレスバー左端にIEのアイコンが表示され、IEモードに切り替わる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る