連載 PCメンテナンス&リペア・ガイド

第1回 Windows上で調べられるPCのハードウェア構成

1. [コンピュータの管理]ツールを使いこなす

林田純将
2001/01/25

 ハードウェア構成を調べるツールとして、シマンテックNorton Utilities(ノートン・ユーティリティーズ)といったものもあるが、基本的な情報はWindows 2000上で得ることができる。

 Windows 2000では、システム構成のほとんどは、[コンピュータの管理]というツールで一元管理できるようになっている。このツールを呼び出すには、タスク・バーの[スタート]ボタンから[設定]−[コントロール パネル]−[管理ツール]−[コンピュータの管理]を選べばよい*1(下の画面)。あるいは、デスクトップにある[マイ コンピュータ]アイコンを右クリックしてショートカット・メニューから[管理]を選ぶことでも呼び出せる。

*1 [コンピュータの管理]ツールの中には、管理者権限を持つユーザーでログオンしないと利用できない機能があるので注意が必要だ。管理者権限については「Windows 2000 Tips:Administratorとは」を参照していただきたい。

[コンピュータの管理]ツールを起動する

まず[スタート]ボタン−[設定]から、この[コントロール パネル]を呼び出す。コントロール・パネルには画面やサウンドなど主にPCハードウェアを設定するためのプログラム(アイコン)が並んでいる。
  この[管理ツール]アイコンをマウスでダブルクリックすると、[コンピュータの管理]ツールを含む管理用プログラムのウィンドウが表示される。→

[管理ツール]ウィンドウの中にある[コンピュータの管理]ツール

[管理ツール]には、Windows 2000のシステムを管理するためのプログラム(アイコン)が並んでいる。
  このアイコンをダブルクリックすると[コンピュータの管理]ツールが起動される。

 [コンピュータの管理]ツールは、大別すると[システム ツール]、[記憶域]、[サービスとアプリケーション]の3つのメニューから構成されている。ハードウェアやシステム構成を調べるには、ハードウェアやデバイス・ドライバ類、ソフトウェアなど全般的な設定を管理する[システム ツール]と、ハードディスクやCD-ROMなどのドライブ関係を管理する[記憶域]の2つを主に使用する(下の画面)。

Windows 2000のシステム管理をつかさどる[コンピュータの管理]

ウィンドウの左側にて、ツリー状に並んでいるメニューを開いていくと、たくさんの項目があることが分かる。一方、右側には選択された項目に関する詳細情報が表示される。主に使用するのは次の2つのメニューだ。
  システム ツール:Windows 2000のシステムに関する情報やログ、ユーザー・アカウントの管理、そしてハードウェア情報の参照・設定が行える。後述の「デバイス マネージャ」もここに含まれる。
  記憶域:PCのストレージ機器を管理するメニュー。ハードディスクのパーティション操作やデフラグメント、CD-ROMなどリムーバブル・デバイスの管理は、ここから行う。


[システム情報]でプロセッサやメモリの情報を得る

 まずは、[システム ツール]−[システム情報]−[システムの概要]を調べてみよう(下の画面)。ここには、現在実行しているWindows 2000のバージョンとビルド情報、プロセッサの種類、システム(PC本体)の製造元/モデル、物理メモリ、空きメモリなどの情報が表示される。

[コンピュータの管理]ツールでシステムの概要を表示させたところ

メモリ容量、OSのバージョンなどが表示されていることが分かる。ここからプロセッサの種類をある程度特定することも可能だ(詳細は後述)。


■物理メモリ/仮想メモリとは?

 上の画面で表示されている「物理メモリ」とは、PCに搭載されているDIMMなどのRAMのことだ。「仮想メモリ」は、ハードディスク上に確保された、いわゆるスワップ・ファイル(ページング・ファイル)を含めたメモリの量である。普段使用するアプリケーション類を起動した状態で、「仮想メモリの空き容量」が多ければ、ページング・ファイルのサイズをより小さくして、ディスクの空き領域を増やすことができる。しかし、Windows 2000は、ページング・ファイルのサイズを実際の使用量に合わせて動的に調節するため、特に理由がなければ*2、このファイルのサイズをユーザーが変更する必要はない。

*2 ページング・ファイルのサイズを固定にしたほうがよい場合もある。詳細は、「Windows TIPS:最適なページ・ファイル・サイズを知るには」や「Windows TIPS:ページ・ファイルによるディスクのフラグメントを防止する方法」を参照していただきたい。


■ プロセッサの種類やクロック周波数を判別するには

 [システムの概要]で一番分かりにくいのは、[プロセッサ]の項目だろう。下の画面のように、プロセッサのクロック周波数なら、見ただけですぐ理解できる。しかしプロセッサの種類については、「x86 Family 6 Model 8 Stepping 3 GenuineIntel」などと表示されてしまい、「Pentium III」や「Celeron」といったプロセッサの固有の名称が表記されない。下の表を参照して、自分のPCに搭載されているプロセッサを調べてほしい*3

[コンピュータの管理]ツールで得られるプロセッサの情報

これは、[コンピュータの管理]−[システム情報]−[システムの概要]で表示される情報から、プロセッサの種類の手掛かりとなる部分を抜き出したものだ。
  プロセッサの種類を示す情報。下表参照。
  プロセッサのメーカーを表す文字列。「Intel」という文字列が入っていることから、Intel製であることが分かる。下表参照。
  プロセッサのクロック周波数。公称のクロック周波数とは、わずかにずれて表示される場合があるので注意したい(例えば公称650MHzのPCで「655MHz」などと表示されることもある)。
 
プロセッサ名 [プロセッサ]の表示内容
Intel Celeron x86 Family 6 Model 5 Stepping * GenuineIntel
Intel Celeron x86 Family 6 Model 6 Stepping * GenuineIntel
Intel Pentium III/Mobile Pentium III x86 Family 6 Model 8 Stepping * GenuineIntel
Intel Pentium II x86 Family 6 Model 3 Stepping * GenuineIntel
Intel Pentium II x86 Family 6 Model 5 Stepping * GenuineIntel
Intel Pentium II x86 Family 6 Model 6 Stepping * GenuineIntel
Intel Pentium III x86 Family 6 Model 7 Stepping * GenuineIntel
Intel Pentium Pro x86 Family 6 Model 1 Stepping * GenuineIntel
AMD Athlon x86 Family 6 Model 1 Stepping * AuthenticAMD
AMD Athlon x86 Family 6 Model 2 Stepping * AuthenticAMD
AMD Athlon x86 Family 6 Model 4 Stepping * AuthenticAMD
AMD Duron x86 Family 6 Model 3 Stepping * AuthenticAMD
AMD-K6-2 x86 Family 5 Model 8 Stepping * AuthenticAMD
AMD-K6-III x86 Family 5 Model 9 Stepping * AuthenticAMD
実際のプロセッサと、[コンピュータの管理]ツールで得られるプロセッサの情報との対応
「Stepping」の値(上表では「*」)は無視する。「Family」と「Model」の値、およびメーカーを表す文字列から、ある程度プロセッサの種類を知ることができる。
 
*3 この情報だけでは、プロセッサの種類を完全に特定することは難しい。詳しくは次回で触れる予定である。
 
  関連記事 
デバイス・マネージャを使いこなす(Windows 2000編)
 
  関連リンク 
Windows TIPS:Administratorとは
Windows TIPS:最適なページ・ファイル・サイズを知るには
Windows TIPS:ページ・ファイルによるディスクのフラグメントを防止する方法
 
 

 INDEX

  [連載]PCメンテナンス&リペア・ガイド
  第1回 Windows上で調べられるPCのハードウェア構成
  1. コンピュータの管理]ツールを使いこなす
    2. 各種デバイスやドライブの詳細を探る

「連載:PCメンテナンス&リペア・ガイド」
 


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH