OMGジャパンがユーザーグループを設立へ

2001/10/10

 ソフトウェア標準化の国際団体 オブジェクト・マネジメント・グループ(OMG)の日本代表であるOMGジャパンは、独自にユーザー会を設立することになった。CORBAなどOMGの策定した標準技術の利用情報の共有などを目的としているが、名称は未定。今年中の設立を目指す。

 10月9日、OMGジャパンは都内でキック・オフ・ミーティングを行い、ユーザーグループ(仮名称はOMG Open Techonology Users Forum Japan:OTUF-J)設立案の概要を明らかにした。説明を行った同団体 代表の鎌田博樹氏は、その背景について、「ユーザーの視点からの標準技術や実装、接続性などの情報のニーズにこたえるもの」という。

 同団体が提案した試案では、グループの活動趣旨を、「ユーザーの視点でOMG標準ベースの製品やオープンソースのコンポーネント、およびその利用技術を支援する」としている。「OMGの策定した標準技術の実装は10年以上の実績を持ち、それらの標準をベースとした再利用可能なコンポーネント・ソフトウェアも登場している。だが、実装や接続性に関する情報は少なく、これらの情報を求めるユーザーは多かった」と鎌田氏はその背景を語る。「ユーザーの声にこたえられるのはユーザー」(鎌田氏)、そこでユーザーを主体としたグループ結成という案が出たという。

 参加は個人参加とし、会員は年間1〜2万円程度の会費を支払う。退会は自由。当面は、ユーザー企業、ベンダなどの開発者に参加を呼びかける。構成組織は、CORBA部会、MDA(UML)部会、事務局でスタートする。活動としては、普及支援(製品・実装カタログ作成などのオープンソース・ライブラリの運営)、メーリングリストやBBS、定例ミーティングでの情報交換、実験評価などを挙げている。

 設立されたユーザー会は日本を中心に活動するが、世界展開も視野にある。実際、CORBAの実装製品は世界で100を上回り、ユーザーは数万人規模、UMLのユーザーは数十万人だが、日本におけるCORBAの実装は10%程度を占めるにとどまっているという。

 OMGジャパンでは、これらの試案およびこのキック・オフ・ミーティングの議事録をWebサイトに公開し、意見を募る。そして11月にダブリンで開催される定例会であるOMG TCミーティングにて発表し、12月上旬に設立を目指す。

[関連リンク]
OMGジャパンの発表資料

[関連記事]
OMG、新アークテクチャ「MDA」採用を発表 (@ITNews)
大規模サイトの短期構築を実現する「UMLaut」 (@ITNews)
悪循環を断ち切る効率的なシステム開発を考える (@ITNews)
連載:初歩のUML 第1回 (Java Solution)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -