Special
» 2015年12月03日 07時00分 公開

Oracle Database Cloud Serviceはどこまで「使える」か“ミッションクリティカルクラウド”は本当か?(3/4 ページ)

[PR/@IT]
PR

Oracle Java Cloud Serviceでは負荷分散もスムーズに機能

 一方、先のシステム構成図に示した通り、Oracle Java Cloud Serviceについては、Oracle WebLogic Serverとロードバランサー(Oracle Traffic Director)を使い、無償のクラウド版チーム開発環境「Oracle Developer Cloud Service」上の負荷ツールによってワークロードを発生させることによって検証を行った(以下にOracle Java Cloud Serviceの検証に用いたシステム構成図を再掲)。具体的には、「ユーザー側でOracle WebLogic Serverのノード数を柔軟に増減(スケールアウト/スケールイン)できるか」、それに合わせて「ロードバランサーが正しく動作し、各ノードに均等に負荷が分散されているか」を検証している。

 全体の負荷量を変えずに、Oracle Java Cloud Service上でOracle WebLogic Serverのノード数を変化させた場合の1ノード当たりのCPU使用率を示したものが、次の2つのグラフである。

 1つ目のグラフはノード数を順に増やした場合(スケールアウト)、2つ目のグラフはノード数を減らした場合(スケールイン)の推移である。これらの結果から分かるように、スケールアウトの場合、ノード数が倍ならば1ノード当たりのCPU使用率は約2分の1、4倍ならば約4分の1といった具合に正常に負荷が分散されていることが分かる。スケールインについても同様だ。なお、検証に際しては連続的に負荷をかけ続けながら、Oracle Java Cloud Serviceの管理画面を使ってダイナミックにノードの増減を行っている。

PSソリューションズ エンタープライズ事業本部 エンタープライズ事業推進部の福田隆弘氏

 検証作業を担当したPSソリューションズ エンタープライズ事業推進部の福田隆弘氏は、「検証時には、併せてJavaのヒープ使用率なども確認しましたが、特に問題は生じていません。ノードの増加/減少の際にエラーが起きるといったこともありませんでした」と振り返る。

 また、杉山氏と同様、クラウドならではの手軽さには大きな魅力を感じたようだ。

 「スケールアウト/スケールインを行う際、Oracle Java Cloud Serviceでは管理画面上のボタンひとつで設定と実行が行えます。特にライセンス購入やソフトウエアのセットアップ、ネットワークの設定変更といった作業が自動的に済んでしまう点は、提供時間の短縮に大きく貢献すると感じました」(福田氏)

 福田氏の試算によれば、サーバー調達の期間まで含めて考えると、オンプレミスの場合に数週間から数カ月かかっていた導入期間を、わずか数十分程度にまで短縮できる見込みだという。

 「今回、Oracle Java Cloud Serviceのスケールアウト/スケールインの性能を検証し、ネットワーク周辺の自動的な設定変更が非常にスムーズに行われたことに強く感心しました。同じクラウドでも、一般的なIaaS(Infrastructure as a Service)を使った場合、ネットワークの設定変更やOracle WebLogic Serverのセットアップなどをユーザー側で考えて作業する必要があり、そこで多くの手間と時間がかかってしまいます。それらが自動的に行われ、なおかつライセンス購入などの事務手続きが不要である点は、Oracle Cloud Platformならではのメリットといえるのではないでしょうか」(福田氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2016年1月2日

関連情報

驚異的なパフォーマンス、優れた運用効率、最高の可用性とセキュリティ、クラウド対応を実現するOracle Exadataとの統合、クラウド、可用性や運用管理など、次世代データベース基盤構築のために参考になる必見資料をまとめてご紹介いたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。