検索
連載

Windows 11から10に戻すなら10日以内に、10日過ぎたら再インストールですTech TIPS

Windows UpdateによるWindows 11への無償アップグレードも開始された。問題がないと思ってWindows 11にしたら、アプリに不具合が発生した、ということもあるだろう。そんな場合、Windows 10に戻せばよい。そこで、Windows 11からWindows 10に戻す方法を紹介しよう。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 11


Windows 10に戻す
Windows 10に戻す
Windows 11にアップグレードしたら、互換性問題や性能低下が発生して使い続けるのが難しいという場合、Windows 10に戻せばよい。その方法を紹介しよう。

 「Windows 10」から「Windows 11」にアップグレードしたら、アプリや周辺機器との互換性の問題が発生した、性能が大幅に落ちてしまって使いにくくなった、場合によっては大幅に変更になったユーザーインタフェース(UI)に慣れず使いにくい、ということがあるだろう。こうした場合、無理にWindows 11を使い続けず、Windows 10に戻すという道もある。

 また、Windows 11へのアップグレードは、最小システム構成を満たすPCならば、段階的にWindows Updateで行える。機能更新アップデートを適用する要領で簡単にアップグレードできるため、誤ってWindows 11にしてしまい社内で困惑する人も出てくるだろう。

 Windows 11へアップグレードしてから10日以内ならば、Windows 10に戻すことが可能だ。そこで、Windows 11からWindows 10に戻す方法を紹介しよう。10日を過ぎてしまうと、Windows 10に戻すには再インストールが必要になるので注意してほしい。

Windows 11の[設定]アプリからWindows 10に戻す

 Windows 11にアップグレードして10日以内ならば、Windows 11の[設定]アプリからWindows 10に戻すことが可能だ。この方法ならば、Windows 11に保存されている個人用ファイルやアプリ、Windows OSの設定(Windows 11固有の設定は除く)なども、Windows 10上に復元可能だ。

 ただし、復元中に何らかのトラブルが発生し、個人用ファイルなどが失われる可能性もあるので、復元作業を行う前に大事なファイルはUSBメモリなどにバックアップしておいた方がよい。また、復元後にサインインする際に、改めてパスワードの入力が求められるので、ユーザーアカウントとパスワードを確認しておいた方がよいだろう。

 まず、Windows 11の[スタート]メニューを開き、[設定]アイコンをクリックして、[設定]アプリを起動する。開いた[スタート]メニューに[設定]アプリがピン留めされていない場合は、右上の[すべてのアプリ]をクリックし、[スタート]メニューをアプリ一覧表示に切り替えよう。一覧の「さ」の下に[設定]アプリがあるので、これをクリックする。

 次に、[設定]アプリが起動したら、左ペインで[システム]を選択して、右ペインの[回復]をクリックする。右ペインが[システム > 回復]になるので、ここで[復元]をクリックする。

 Windows 10に戻す理由を尋ねるアンケートが表示されるので、該当する項目にチェックを入れて、[次へ]ボタンをクリックする。次に「アップデートをチェックしますか?」という画面が表示されるが、これはWindows Updateを実行して更新プログラムのダウンロードを試すだけのものなので、[行わない]ボタンをクリックする。

 「知っておくべきこと」という画面で注意が表示されるので、確認して、[次へ]ボタンをクリックする。「ロックアウトされないようにご注意ください」という画面が表示されるので、パスワードに関する注意を確認し、[次へ]ボタンをクリックすること。「Windows 11をお試しいただきありがとうございます」という画面が表示されるので、ここで[Windows 10に復元する]ボタンをクリックすると、Windows 10への復元が開始される。

[設定]アプリからWindows 10に戻す(1)
[設定]アプリからWindows 10に戻す(1)
[設定]アプリを開き、左ペインで[システム]を選択、右ペインで[回復]をクリックする。
[設定]アプリからWindows 10に戻す(2)
[設定]アプリからWindows 10に戻す(2)
[システム]−[回復]画面が開くので、「復元」欄の[復元]ボタンをクリックする。
[設定]アプリからWindows 10に戻す(3)
[設定]アプリからWindows 10に戻す(3)
[Windows 10に復元する]ウィザードが起動する。[以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください]画面が表示されるので、該当する理由をチェックし、[次へ]ボタンをクリックする。
[設定]アプリからWindows 10に戻す(4)
[設定]アプリからWindows 10に戻す(4)
ここでは、[行わない]ボタンをクリックする。
[設定]アプリからWindows 10に戻す(5)
[設定]アプリからWindows 10に戻す(5)
注意事項を確認して[次へ]ボタンをクリックする。
[設定]アプリからWindows 10に戻す(6)
[設定]アプリからWindows 10に戻す(6)
注意事項を確認して[次へ]ボタンをクリックする。
[設定]アプリからWindows 10に戻す(7)
[設定]アプリからWindows 10に戻す(7)
[Windows 10に復元する]ボタンをクリックすると、Windows 10への復元作業が開始される。Windows 11がアンインストールされ、Windows 10に戻る。

 これでWindows 11がアンインストールされWindows 10に戻る。Windows 10のサインイン画面が表示されるので、通常通りサインインすればよい。

Windows 10のISOファイルで再インストールする

 Windows 11にアップグレードしてから10日を過ぎていたり、10日以内でもC:ドライブにある[Windows.old]フォルダを削除していたりすると、[設定]アプリの[システム]−[回復]画面に[復元]が表示されず、ここからWindows 10に戻すことはできない。この場合、Windows 10の再インストールを行う必要がある。

Windows 11の[設定]アプリで[復元]ボタンが表示されない
Windows 11の[設定]アプリで[復元]ボタンが表示されない
Windows 11にアップグレードしてから10日を過ぎてしまうと、[復元]ボタンが表示されなくなってしまう。この場合、前述の方法ではWindows 10に戻すことができない。

[Windows.old]フォルダが存在しない
[Windows.old]フォルダが存在しない
Windows 11にアップグレードすると、以前のWindows 10環境は、C:ドライブの[Windows.old]フォルダに保存(バックアップ)される。このフォルダが削除されてしまうと、前述の方法ではWindows 10に戻すことができなくなってしまう。

 Windows 11の[設定]アプリの[システム]−[回復]画面の[このPCをリセット]を実行しても、Windows 10には戻らないので注意してほしい。また、アップグレードする前に復元ポイントを作成していても、Windows 11にアップグレードした時点で削除されてしまい、復元ポイントを使ってWindows 10に戻すこともできない。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る