ステップバイステップで学ぶ

初めてのWebアプリケーション・サーバ




第2回 WebSphereのインストールと動作確認

 
 WebSphereのインストール

 WASのインストールもDB2と同様に開発キットCDを使います。開発キットCD No.1を用意してください。WASのインストールは\App_Server\ibmwebasv3_quick_trial.exeから行います。インストールを始める前にwsadminユーザーでログインしていることを確認してください。

■WASのインストール手順

1. 「ファイル名を指定して実行」を開きます([スタート]→[ファイル名を指定して実行])

2. 「ファイル名を指定して実行」の名前のところで\App_Server\ibmwebasv3_quick_trial.exeを入力し、[OK]ボタンをクリックします

画面1 ファイル名を指定して実行

3. WASのインストール・イメージの解凍が行われ、その後、「設定言語の選択」が現れたら、「日本語」を選択して、[OK]ボタンをクリックします (bmp028)画面27 設定言語の選択4. セットアップが開始されたら、[次へ]ボタンをクリックします

5. インストール・オプションでは[クイック・インストール]のみが選択できるようになっています。クイック・インストールはあくまでも評価用のインストール・オプションで、実際の製品版ではほかに[フル・インストール]と[カスタム・インストール]が用意されています。ここでは[クイック・インストール]を選択したまま[次へ]ボタンをクリックして先へ進みます

6. セキュリティ・オプションでは、ユーザー名「wsadmin」、パスワード「wsadmin2」を入力して[次へ]ボタンをクリックします

7. 製品ディレクトリではWASとIBM HTTP Server(IHS)をインストールするディレクトリを指定できます。ドライブ名を適当に変更し、ディレクトリ名はそのままの値を使います。[次へ]ボタンをクリックして次へ進みます


画面2 製品ディレクトリ

8. 「プログラム フォルダの選択」では、何も変更せず[次へ]ボタンをクリックします。するとWASおよびIHSのインストールが始まります

9. 「セットアップの完了」が現れたらインストールは終了です。「READMEファイルをここで表示します。」のチェックを外し、[完了]ボタンをクリックします

10. 「Windowsを再始動中」が現れたら、「いいえ、後でコンピュータを再始動します。」を選択して、[OK]ボタンをクリックします

 以上でWASのインストールが完了です。続けて、WASのFixpack2をダウンロードしてインストールします。Fixpack2のダウンロードについては「インストールの開始」でも触れましたが、開発キットCDには含まれていないのでこちらからダウンロードしてください。

■WebSphere Application Server V3.5 Advanced Edition Fixpack2のインストール手順

 Fixpack2のインストーラはコマンド・プロンプトからUSモードで実行します。CD-ROMなどの読み取り専用デバイス上で実行することはできません。インストーラは必ずハードディスク上にコピーして実行してください。

1.WebサーバおよびWASのサービスが完全に停止していることを確認します。インストールが完了した直後で、まだ再起動をしていないときは、サービスは完全に停止した状態なので、このままFixpack2のインストールを続行することができます

画面3 Fixpack2をインストールする前に停止しておくサービス

2.ダウンロードしたファイルwas35_adv_ptf_2.zipを\temp\wasptf2フォルダに展開します

3.コマンド・プロンプトを開始して\temp\wasptf2ディレクトリに移動します([スタート]→[プログラム]→[アクセサリ]→[コマンド・プロンプト])

C:\>cd \temp\wasptf2

4.コマンド・プロンプトをUSモードにします

C:\temp\wasptf2>us

画面4 USモード

5.インストーラ「install.bat」を実行します
C:\temp\wasptf2>install.bat

6.WASがインストールされているディレクトリを入力します
Enter the directory where the WebSphere Application Server is installed:
C:\WebSphere\AppServer

7.インストーラはファイルのバックアップとアン・インストーラの準備をし、Fixpack2のファイルをコピーします

8.WASのサンプルを更新します。「yes」と入力します
Do you wish to upgrade the WebSphere Application Server samples?(Yes/No)
yes

9.IHSの文書ルート・ディレクトリを入力します
Please enter your webserver's doc root path:
C:\IBM HTTP Server\htdocs

10.いま入力したディレクトリが正しいかどうかを確認し、「yes」と入力します
C:\IBM HTTP Server\htdocsIs this correct?(Yes/No)
yes

11.IHSを更新します。「yes」と入力します
Do you wish to upgrade the IBM HTTP Server 1.3.12:(Yes/No)
yes

12.IHSがインストールされているディレクトリを入力します
Enter the directory where the IBM HTTP Server 1.3.12 is installed:
C:\IBM HTTP Server

13.IHSの更新後、すぐに、JDKの更新が自動的に行われます

14.Fixpack2のインストールが完了したら、コマンド・プロンプトを閉じてWindowsを再起動します
IBM WebSphere Application Server V3.5.2 Advanced Fixpack install complete


 Windowsが再起動したら、さっそくWASの動作確認をしてみましょう。  


WebSphereの動作確認

初めてのWebアプリケーション・サーバ(第2回)
  WebSphere V3.5開発者キットを入手する

WebSphereのインストール

  WebSphereの動作確認

連載内容
 

第1回 開発者キットの入手とDB2までのインストール
第2回 WebSphereのインストールと動作確認
第3回 WebSphereを使う前の基礎知識
第4回 WebSphere Studioで開発するための準備
第5回 MVCモデルとWebSphere+VisualAge for Javaの連携
第6回 PageDesignerによるJSP開発
第7回 EJBツールによるEJB開発


連載記事一覧



Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH