いますぐ使える国際化ドメイン名の理論と実践
〜アプリケーションとネットワークのIDNへの対応

米谷嘉朗
JPNIC IDN-TF/NTTソフトウェア
2003/2/11

 3.IDN対応のネットワークにする方法
  (運用者の対応)

 日本語ドメイン名のサイトを運用するのは、これまでのドメイン名のサイトを運用するのと基本的に変わることはありません。利用者の場合と違い、IDN対応のサーバをインストールする必要はありません。なぜならば、IDNの技術解説で説明したとおり、インフラ側(サーバ側)では、IDNはPunycodeで表現されるためです。

 つまり、サーバ側では、設定をPunycodeで行っておく必要があります。既存のサーバソフトウェアは、設定ファイルに書かれた日本語ドメイン名を内部でPunycodeに置き換えてはくれないので、日本語ドメイン名をPunycodeに変換するツールが必要となりますが、それには、前ページの「利用者の対応」で解説したidnconvを利用してください。

図2 Webアクセスサイトの流れ
(1) 「http://ジェーピーニック.jp/」
利用者がブラウザのアドレスバーから日本語ドメイン名を含むURLを入力する。ブラウザがIDN対応の場合は句点(。)や全角 ピリオド(.)をドメイン名の区切り文字(通常はピリオド(..) として利用できる。ブラウザがIDNに対応しているか不明な場合は句点(。)を使用してはいけない。

(2) 「xn--hckqz9bzb1cyrb.jp」
ブラウザ内部で「ジェーピーニック.jp」が日本語ドメイン名として処理され、DNSへの問い合わせはPunycodeに変換された「xn--hckqz9bzb1cyrb.jp」の形式で行われる。

(3) 「Web server's IP address」
DNSサーバはブラウザからPunycodeで問い合わせのあったWebサーバのIPアドレス(Aレコード)を回答する。

(4) 「GET http://xn--hckqz9bzb1cyrb.jp HTTP/1.1
Host: xn--hckqz9bzb1cyrb.jp
Referer: http://xn--hckqz9bzb1cyrb.jp/」
ブラウザは、DNSサーバから回答のあったWebサーバに対し、利用者が入力したURLの取得リクエストを出す。このときも、ブラウザ内部で「ジェーピーニック.jp」が日本語ドメイン名として処理され、HTTPヘッダ(ドメイン名がプロトコル要素として処理される部分)中ではPunycodeに変換された形式となる。

(5) 「Contents」
WebサーバはHTTPヘッダを解釈し、コンテンツ(データ)をブラウザに送信する。そして、ブラウザは受け取ったコンテンツを表示する。

 ここでは、すでに従来のドメイン名を持っており、その運用を行っているサーバに設定を追加するという前提で、DNS、Web、メールの代表的なサーバへの設定を簡単に解説します。なお、これらの設定はインターネット上のサーバだけでなく、イントラネットのサーバについても有効です。

 DNSの設定としては、BIND(8または9)を例に見てみましょう。BINDでは、自らが管理するゾーンを定義するnamed.confと、ゾーンの内容を定義するゾーンファイルそれぞれについて、日本語ドメイン名をPunycodeで設定します。

 例えば「日本語ドメイン名例.jp」というドメイン名のDNSを設定する場合は、named.confに、

zone "xn--eckwd4c7cu47r2wfqw7a0ecl32k.jp" { // 日本語ドメイン名例.jp
type master;
file "db.eckwd4c7cu47r2wfqw7a0ecl32k.jp";
};

を追加し、db.eckwd4c7cu47r2wfqw7a0ecl32k.jpはほかのゾーンファイルと同様の設定を行っておきます。ゾーンファイル中に日本語ドメイン名のラベルを含める場合は、それもPunycodeに変換します。

 Webの設定としては、Apache(1.3系)を例に取ります。Apacheでは、ホスト名ベースの仮想ホスト機能を使わない限りは、日本語ドメイン名を意識する必要はありません。ホスト名ベースの仮想ホスト機能を使う場合は、httpd.confに、

<VirtualHost *>
ServerName xn--eckwd4c7cu47r2wfqw7a0ecl32k.jp
DocumentRoot /dir/for/document
:
</VirtualHost>

のような設定を追加します。

 メールの設定としては、qmailを例に取ります。qmailでは、controlディレクトリ配下のファイルに、自身のホスト名やドメイン名、自身が受け取るべきドメイン名を記述します。メールアドレスのドメイン部(@の右側)が日本語ドメイン名のメールを受け取るためには、rcpthostsに、

xn--eckwd4c7cu47r2wfqw7a0ecl32k.jp

を追加します。そのホストから日本語ドメイン名のメールアドレスで発信するなら、localsにも、

xn--eckwd4c7cu47r2wfqw7a0ecl32k.jp

を追加します。

日本語ドメイン名の登録
 これまでの説明は、すでに日本語ドメイン名を所有している人を対象にしてきたが、これから新たに日本語ドメイン名を取得してサイトを構築したいという人も多いだろう。ここでは簡単に、日本語ドメイン名の登録方法を解説する。
日本語ドメイン名の登録を受け付けている大手レジストリには、VeriSign(.com、.net)とJPRS(.jp)がある。.com、.netの日本語ドメイン名を登録するためには、IDN認定レジストラか、代行業者を経由する。
 .jpの日本語ドメイン名を登録するためには、汎用JPドメイン名登録指定事業者を経由する。
 レジストラや指定事業者によって、初期登録料や維持費、その他サービスが異なるので、要求に合うところを探してみてほしい。もちろん、現在利用しているISP に問い合わせてみるのも有効な手段である。


終わりに

ここまで読んでいただければお分かりかと思いますが、日本語ドメイン名はすでに現実のものとして利用できるようになっています。 まだ、その利用環境は十分に整っているとはいえませんが、今後は急速に整備されていくでしょう。本解説を、その利用環境整備の一環として役立ててもらえれば幸いです。

更新履歴
2003.03.10  3月7日にRFCが発行され、ACE Prefixの??--の部分がxn--に決定された。



ページ目次
1 IDN技術の仕組み
2 アプリケーションでの対応方法(利用者の対応)
3 IDN対応のネットワークにする方法(管理者の対応)

関連リンク
  集中連載:DNSの仕組みと運用

「Master of IP Network総合インデックス」


Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH