• 関連の記事

「自治体」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自治体」に関する情報が集まったページです。

リモート授業、定着は道半ば 教育のICT化急務
コロナ禍に伴う緊急事態宣言が19都道府県で9月末まで延長され、臨時休校の継続や分散登校を取り入れる自治体も目立ってきた。オンラインによるリモート授業は、感染対策と教育活動を両立させるための不可欠な試みだが、学校現場への定着はまだ道半ば。コロナ収束後や、コロナとの一定の「共存」も見据えた教育のICT化は急務の課題となっている。(2021/9/17)

出荷数400万食を突破したカップ麺「一蘭とんこつ」 大阪府や北九州市に1万食を寄贈
一蘭は、新型コロナウイルス感染症患者への支援として、カップ麺「一蘭とんこつ」1万56食を各自治体に寄贈した。(2021/9/16)

災害情報や防災無線の情報を電話で聞ける:
「ITリテラシーを問わずに確実に情報を伝える」 渋谷区が自治体・防災向けクラウド自動電話サービスを導入
東京都渋谷区は、ソフトフロントジャパンの自治体・防災向けクラウド自動電話サービス「telmeeもしもし」を導入した。住民や関係者に対して電話で自動的に災害情報を伝えるオートコール機能や、防災行政無線の内容の電話での再聴取に活用する。(2021/9/14)

産業動向:
NTT東日本と清水建設が建物運用のDXで協業、「DX-Core」を「地域エッジ」と連携
NTT東日本と清水建設は、清水建設が開発したソフト「DX-Core」の運用ソリューションをNTT東日のコンピューティング基盤「地域エッジ」と組み合わせて自治体などに提供することで、導入コストとランニングコストの削減につなげる協業をスタートした。(2021/9/13)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021:
自然水害の最新動向や政府の防災対策と流域治水関連法の概要、国交省
国土交通省は、さまざまな自治体に都道府県や市町村などの関係者が一堂に会する「流域治水協議会」を設立し、流域治水協議会では、流域治水の情報を国民に発信する「流域治水プロジェクト」を2021年3月に策定した。また、政府では、流域治水の対策を円滑に行えるようにするため、「流域治水関連法」を2021年5月10日に公布し、一部を除き年内の施行を予定している。(2021/9/10)

クラウド型の住基システムで一時障害 142市町村で住民票発行できず 現在は復旧
TKCの自治体向けクラウド型住基システム「TASKクラウド」で障害が一時発生し、全国142市町村で住民票の発行などができなくなったと発表した。現在は復旧済み。8日夜のシステム更新で適用したプログラムの破損が原因だという。(2021/9/9)

警察・消防などに共同通信システム整備 政府、民間の携帯電話網を
警察、消防、自治体などが連携して救助活動ができるよう、政府が2022年度中に各組織が共同利用できる専用の通信システムを実用化することが分かった。民間の携帯電話網を利用して既存のスマートフォンが使える仕組みとする方針で、情報伝達を大幅にスピードアップすることで人命救助の強化につなげる。(2021/9/9)

自宅療養者に「ポカリスエット」無償配布 大塚製薬が直接支援 置き配を活用
大塚製薬は自宅療養をしている人に「ポカリスエット」などを無償配布する取り組みを始めた。自治体の負担が増している状況を見て「直接支援できる方法を模索した」という。(2021/9/7)

Weekly Memo:
“ITに抵抗を持つ職員”が半数 デジタル庁は前途多難な「自治体DX」を後押しできるのか
行政のDXを推進するデジタル庁が発足した。大いに期待したい。ただ、同庁の重要な仕事の1つである自治体のDXについては、前途多難を示す調査結果もある。果たして、その行方は――。(2021/9/6)

避難所の混雑状況を可視化「VACAN Maps」 全国で170超の自治体が導入、導入避難所数1万件を達成
IoTやAIを活用した空席情報の収集と提供を行うバカン(東京都千代田区)は9月2日、提供するマップ型リアルタイム空き情報配信サービス「VACAN Maps」の導入が全国で170超の自治体を達成したと発表した。(2021/9/3)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
自治体や公共サービスを支える、高い可用性と安全性を備えるITインフラの姿とは
地方自治体や公共サービスを支えるITインフラには、何よりも可用性と安全性の高さが求められる。これらの要件を満たすソリューション構成の在り方を、岡山県真庭市をはじめとした複数の事例から探る。(2021/9/10)

自治体を狙うランサムウェア攻撃【後編】
ランサムウェアに襲われた自治体IT幹部に聞く、見落とせない対策ポイントとは?
自治体を襲うランサムウェア攻撃の手口が複雑化している。どう対処すべきなのか。実際にランサムウェア攻撃を受けた経験のある自治体のIT幹部に、対策のポイントを聞く。(2021/9/3)

省庁間の縦割りの打破が課題 デジタル庁発足
国全体のデジタル化を主導するデジタル庁が業務を開始した。業務の大きな柱は新型コロナウイルス禍で露呈した行政のデジタル化の遅れをどう挽回するかだ。平成の約30年間、日本は電子立国を掲げながら電子政府の取り組みは遅々として進まなかった。省庁間の縦割りと地方自治体の格差という行政の効率化を阻む壁を、デジタル化によってどう乗り越えるか、新組織の実力が試される。(2021/9/2)

公立小中学校の「学習用端末」の普及率は? 持ち帰れる? OSは何が優勢? 文科省が実態調査の結果(速報値)を公表
文部科学省が、2021年7月末時点における「GIGAスクール構想の実現に向けた端末の利活用等に関する状況」の速報値を公表した。GIGAスクール構想が目指す「1人1台端末」を実現できている自治体は全体の96.1%に達しているが、約1%の自治体は2021年度内の達成が困難な見通しだという。(2021/9/1)

街中を「駅前化」 電動マイクロモビリティで変わる社会 「Luup」社長 岡井大輝さん(28)
法規制や安全面の問題に直面しながらも、国や自治体と連携し、電動キックボードのシェア事業を展開している。(2021/9/1)

金融サービス用APIのマーケットプレースが10月にオープン NTTデータが非営利で運営
NTTデータが、金融サービスに活用できるAPIのマーケットプレース「API gallery」を10月にオープンする。家計簿アプリを提供する事業者や自治体の利用を見込む。サービスは非営利で運営する。(2021/8/31)

コロナ症状管理システム「SHINGEN」稼働、山梨大が独自開発 外部への提供も
山梨大学が、独自開発した新型コロナウイルスの宿泊療養施設での患者症状管理システム「SHINGEN」を稼働させた。患者自身がスマートフォンに体温や症状などのデータを入力し、それを医療関係者が一元的に管理する。宿泊療養施設だけでなく、自宅療養を強いられている自治体でも活用できるため、外部への提供も検討する。(2021/8/30)

「コロナ補助金落ち」の防止も:
「いい行政書士」を見分ける方法は? 企業と行政書士のうまい付き合い方
コロナ禍において、政府や自治体がさまざまな補助金や助成金の申請を受け付けていますが、経験の浅い企業では申請が通らないケースも。そこで頼れる専門家が行政書士。コロナ禍をチャンスに変えるため、ビジネスのパートナーとして行政書士を活用する秘訣とは。(2021/8/30)

「Google Workspace」は小学校でどう使われている? 3人の先生が解説
文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」によって、小中学校では2020年度内に「1人1台」の学習用端末配備がおおむね完了した。しかし、端末配備後の様子は自治体や学校によってマチマチのようだ。うまく行っている小学校ではどのような取り組みをしているのだろうか?(2021/8/27)

自治体を狙うランサムウェア攻撃【前編】
ランサムウェアに襲われた自治体が、身代金を払わないために使った“切り札”とは
世界各国の自治体は、ランサムウェア攻撃に備えてどのような対策を進めているのか。実際にランサムウェア攻撃を受けた米国地方都市の取り組みを紹介する。(2021/8/27)

「教員も学習者も、まずは知識を」と専門家
島内公立5校がサイバー攻撃でITシステム一斉停止 自治体はどう対処したのか
英国のアングルシー島にある5つの公立学校がサイバー攻撃を受け、各校の全ITシステムを停止した。アングルシー州はこの事態にどう向き合い、どう対処したのか。(2021/8/25)

産業動向:
東海村と日立システムズ、自治体DX実現に向け連携協定
東海村と日立システムズは東海村のデジタルトランスフォーメーション(DX)を共同で推進する連携協定を締結した。東海村庁内における業務の可視化から改善案の検討などのDX共同研究を実施する。(2021/8/23)

アドビやfreeeが「クラウド型電子署名」の業界団体 デジタル庁とも連携
アドビ、freee、弁護士ドットコムなど7社が、クラウド型電子署名サービスの普及を目指す業界団体を設立した。デジタル庁と協力し、自治体や各省庁の円滑な“脱ハンコ”を支援するという。(2021/8/16)

Weekly Memo:
ワインの販売から街の美化まで“データドリブン”に 富良野市と北大、日本オラクルが挑むスマートシティー戦略
自治体による「スマートシティ」への取り組みが活発化している。そうした中で、北海道大学、富良野市、日本オラクルが発表したのは“産官学”の連携による取り組みだ。今後のスマートシティー推進モデルの1つになるのではないか。(2021/8/16)

「公共分野(自治体・医療・文教)でのLinuxサーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/8/12)

大東建託が調査:
高知県の「住みここちランキング2021」発表 「香美市」や「高知市」を抑えて1位になったのは?
大東建託は高知県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行い、その結果を発表した。香美市や高知市を抑えて1位になった自治体は?(2021/8/2)

Google マップとGoogle 検索、ワクチン接種会場の表示に対応
Google マップとGoogle 検索が新型コロナワクチンの接種会場の表示に対応。Google マップの検索画面で「コロナワクチン」と「地名」を入力すると自治体が開設した接種会場や、接種可能な医療機関を一覧表示する。(2021/7/30)

大東建託が調査:
山口県の住みここちランキング2021発表 2年連続で1位を獲得した自治体は?
大東建託は、山口県に住む成人男女累計4530人の回答を集計し、住みここちランキングを作成した。2年連続で1位を獲得した自治体は?(2021/7/30)

コロナワクチン接種、自治体の8割が11月までに完了か JX通信社調べ
報道ベンチャーのJX通信社が新型コロナワクチンの接種を希望する住民への接種について、11月までに完了すると回答した自治体が約8割に上ったとする調査結果を発表した。(2021/7/27)

山梨県・長野県・新潟県:
甲信越の住みここちランキング2021 2年連続で評価を得た自治体は?
大東建託は、甲信越(山梨県、長野県、新潟県)に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行い、その結果を発表した。(2021/7/27)

RubyきっかけにIT事業を支援:
松江市のテレワーク施設がセキュリティ認証取得 自治体挙げた取り組みの内容は
松江市内の3カ所の宿泊施設に付設したテレワーク施設が、「共同利用型オフィス セキュリティ認証プログラム」の認証を受けた。松江市は、滞在型テレワークプログラムの開発と受け入れを推進している。(2021/7/27)

BCP:
群馬・吾妻郡がパナソニックと実現した低コストの“防災対策リニューアル”、現地見学会レポート
世界的な気候変動の影響により、このところ日本各地で、豪雨や台風による自然災害が頻発している。そのため、避難所の拡充などの防災対策には、各自治体でも重点施策の一つと目されている。一方でメーカーサイドでもソリューション開発には余念が無く、とくにパナソニックでは、パナソニック ライフソリューションズ社を中心に太陽光パネルと蓄電池、LPガスを組み合わせ、非常時でも効率的にエネルギーを提供できるシステムを地方自治体向けに提案している。その一例として、群馬県吾妻郡での公共施設リニューアルの実例を現地レポートとしてお届けする。(2021/7/26)

大東建託調べ:
秋田県の「住みここちランキング2021」発表 3位に「大仙市」がランクイン 最も支持を得た自治体は?
大東建託は、秋田県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行い、その結果を発表した。(2021/7/21)

北海道の住みここちランキング2021 道民から人気が高い自治体と駅は?
北海道に住む成人男女累計2万4646人の回答から、各ランキングを作成した。(2021/7/16)

週刊文春が報道:
「まん防」無視した会合でロイホやモスの運営会社が謝罪 ジョイフルの対応は?
文春オンラインは、外食大手4社の経営陣が「まん延防止等重点措置」の期間中に自治体の要請を無視した飲酒を行ったことを報じた。ロイヤルホールディングス、SRSホールディングス、モスフードサービスは謝罪文を発表した。残るジョイフルの対応は?(2021/7/15)

5年保存できる「リポビタンゼリー 長期保存用」発売 防災備蓄用に
大正製薬は14日、5年保存できるゼリー飲料「リポビタンゼリー 長期保存用」を発表した。災害時の備蓄食料として自治体や企業の需要を見込む。(2021/7/14)

産休や育児からの仕事復帰 早期希望は5割にとどまる
保育研究プロジェクト「子ねくとラボ」を運営する明日香(東京都文京区)は、「育児後の仕事復帰と自治体の産後支援に関する意識調査」を実施した。仕事にできるだけ早期に復帰したいと思うかは、早期希望は5割にとどまった。(2021/7/12)

無観客、パブリックビューイング中止もオンラインで応援 各地で企画
首都圏1都3県の会場が無観客となることが決まった東京五輪で、競技の生中継を大勢で観戦しながら盛り上がる「パブリックビューイング」(PV)を中止する自治体が相次いでいる。一方で、PVとは違った形のオンラインイベントで選手を応援しようとする自治体や団体でも出てきている。(2021/7/12)

移住者も増える「住みやすい街」:
当初見込みより税収大幅増、埼玉・川口市で何が起きている?
コロナ禍の対応のため、「貯金」に当たる財政調整基金を大幅に減らす地方自治体が多いが、埼玉県川口市は、税収が当初の見込みより大きく増えるとして、およそ30年ぶりとなる補正予算の増額補正を発表した。近年は「住みやすい街」としても知られる同市に何が起きているのか。(2021/7/11)

自治体DXの「オープンなコミュニティーの形成」を目指す:
自治体のDX向け情報サイト「自治体DX白書.com」を公開 電通国際情報サービスら4社
電通国際情報サービスと電通、Public dots & Company、電通マクロミルインサイトの4社は、自治体のDXに特化した全国の自治体向け情報サイト「自治体DX白書.com」を公開した。情報発信によって、自治体のデジタル化推進を支援する。(2021/7/8)

自治体のDX事例をまとめる情報サイト、電通ら4社が開設
電通が、自治体が取り組んだDXの事例をまとめる情報サイト「自治体DX白書.com」を開設。コンサル企業など3社と協力して情報を集め、記事として掲載するという。(2021/7/7)

選挙業務の課題、8割がネット投票に期待 コロナ禍では「感染対策により業務負担が増加」が約8割
選挙業務経験者を対象に「自治体における選挙業務の課題」に関する調査。インターネット投票が導入されて欲しいと思うかと尋ねたところ、「非常に思う」が50.0%、「やや思う」が32.7%と、8割以上がインターネットの導入を期待していることが分かった。(2021/7/5)

バラつき:
要請を守らない店続出は「愚策」の証し 「2人まで」「90分」誰が考えたのか
緊急事態宣言が解除され、条件つきで酒類提供も解禁されたが、自治体ごとの条件の違いに大きな不満を感じる。東京都は「2人まで」で滞在時間は「90分以内」、埼玉県は「1人まで」滞在時間は「90分」で同居家族は認める、神奈川県は「1組4人まで」「原則90分以内」。こんなにバラつきが出るのはおかしく、根拠があいまいな証拠だ。(2021/7/4)

自治体で基準まちま:
首都圏、酒類提供「再停止」も 「抜け駆けしたもの勝ち」状態
東京都の新型コロナ感染がリバウンド状態となるなか、政府から飲食店の酒類提供を再停止する案が出ている。各自治体は人数や時間制限を行っているが、要請に従わない事業者も多く、「抜け駆けしたもの勝ち」の状態だという。(2021/6/28)

ワクチン接種の予約開始をプッシュ通知 ヤフーのアプリで
ヤフーは24日、医療機関や自治体などが運営する新型コロナワクチン接種施設で予約受付が始まるとプッシュ通知で知らせる機能を2つのアプリに追加した。(2021/6/25)

30時間前に洪水予測 東大など 自治体に情報提供へ
豪雨による洪水を早期に予測するシステムを東京大などが開発し、23日から自治体向けに警戒情報の提供を開始する。(2021/6/21)

自治体が抱えるDXの課題とは
今、IT企業が「自治体ビジネス」に参入すべき理由
自治体はDX推進を大きく掲げる一方で、アナログ業務からの脱却が十分にできていない。それだけに企業が自治体にDX施策を提案することによるチャンスは大きい。自治体ビジネスに参入する方法と、受注のために押さえておくべきポイントとは。(2021/6/21)

愛知県の住みここちランキング2021 3位「名古屋市東区」、2位「名古屋市昭和区」、1位は?
愛知県の自治体と駅を、住みここちと住みたい場所ごとにランキング。3位「名古屋市東区」、2位「名古屋市昭和区」。1位は?(2021/6/17)

ヤフー、自治体のワクチン接種スケジュールをプッシュ通知 「Yahoo! JAPAN」アプリで
ヤフーは「Yahoo! JAPAN」アプリ(iOS/Android、無料)に、各自治体が決めた新型コロナワクチンの接種スケジュールをプッシュ通知する機能を追加した。(2021/6/16)

大東建託が調査:
石川県の「住みここちランキング2021」発表 金沢市、白山市、小松市を抑えて1位になったのは?
大東建託が石川県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を実施した。「住みここち(自治体)ランキング」の結果は?(2021/6/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。