「ネットワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

人気連載まとめ読み! @IT eBook(84):
企業に向く5Gサービスはどれか?
人気過去連載を電子書籍化して無料でダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第84弾では「羽ばたけ!ネットワークエンジニア』第25〜44回を1冊のPDFとしてまとめました。企業が5Gネットワークを利用する際に、複数の選択肢からどのサービスを選べばよいのかなど、企業ネットワークを改善するヒントを紹介しています。(2021/10/19)

問題解決もお任せの「自己修復システム」【前編】
人の介入を不要にする「自己修復システム」とは? 何がすごいのか
企業は自動的に問題を検出して解決するシステムを構築すれば、運用の効率化を図れる。こうした「自己修復システム」は具体的にどのようなものなのか。(2021/10/19)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(53):
PolyBaseデータ移動サービスの状態を確認する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseデータ移動サービスの状態の確認について解説します。(2021/10/19)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaでの長距離ドライブ、820km走って電費1000円いかないカラクリ
Teslaに乗り始めた山崎潤一郎さんが初の長距離ドライブ。なぜここまで燃費ならぬ電費が安いのか。その仕組みを明かします。(2021/10/18)

5機種が対象:
dアカウントの「パスワードレス認証」が生体認証“非対応”スマホでも利用可能に 10月22日から
NTTドコモの「dアカウント」において、同社の生体認証非対応スマホでもパスワードレス認証を利用できるようになる。対象は5機種で、パスワードの代わりに画面ロックの解除方法を使って認証できるようになる。(2021/10/18)

arrows NX9ベース?:
FCNTが「ローカル5G対応スマートデバイス」2号機を開発 10月下旬から提供開始
FCNTが、スタンドアロン(SA)構成のローカル5Gネットワークに対応する新しい「ローカル5G対応スマートデバイス」の提供を開始する。ノンスタンドアロン(NSA)構成の5Gを含む公衆モバイルネットワークの利用にも対応しており、汎用(はんよう)性が高いことも魅力だ。(2021/10/18)

SIMロック原則禁止後の課題として浮上した「対応バンド問題」を考える
SIMロックが原則禁止となったことで注目されているのが、周波数帯(バンド)の問題だ。携帯大手が販売するスマートフォンは自社が免許を保有するバンドにしか対応していないことが多く、それが他社での利用を妨げているとして、行政から問題視する声が挙がっている。一方で、全キャリアのバンドに対応するのにも問題が少なからずある。(2021/10/18)

Google Homeと連携するドアホン「Google Nest Doorbell」ってどんな製品?【導入編】
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はGoogleの新製品「Google Nest Doorbell」を試した。(2021/10/18)

SquareのドーシーCEO、ビットコインマイニング専用端末を開発するとツイート
Squareのジャック・ドーシーCEOは、ビットコインマイニング端末を開発するとツイートした。誰もが手軽にマイニングできる端末を目指す。シリコンレベルから開発するとしている。(2021/10/18)

自然エネルギー:
脱炭素技術を顧客と「協創」、日立がエネマネ実証環境を構築
日立製作所(日立)が脱炭素関連技術を駆使したエネルギーマネジメントシステムの実証環境を構築し、運用を開始した。顧客とのオープンな協創を通して、社会課題を解決する環境イノベーションの創出を目指す。(2021/10/18)

製造業IoT:
ノキアのローカル5Gソリューションが浸透、日本製鉄やトヨタ子会社などが採用
ノキアソリューションズ&ネットワークスは、報道陣向けイベント「Nokia Connected Future 2021」において同社のローカル5Gソリューションを展示した。(2021/10/18)

宇宙の商業化を支えるコンピュータ【前編】
宇宙からのクラウドバースト? 国際宇宙ステーション(ISS)のゲノム解析方法
国際宇宙ステーション(ISS)に電子レンジサイズのコンピュータが配備され、人類の未来を担う、ある研究が進んでいる。宇宙で膨大なデータを扱うその仕組みとは。(2021/10/18)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 第2回:
PR:進化を続けるエッジコンピューティング、製造業の要求を満たす条件とは
AIや画像処理による解析などの用途で、製造業でもエッジコンピューティングのニーズが高まってきた。従来はクラウドやデータセンターなどで担っていたこれらの処理も、今や現場である“エッジ”での対応が求められるようになっている。そのためには、工場内でも運用できる堅牢性を備え、高性能GPUも搭載できるようなシステムが求められている。(2021/10/18)

どう克服すべきか:
縦割りの大企業が「イノベーティブな企業風土」に変わるには コンプライアンス経営4つのポイント
大企業になればなるほど、企業内の組織の縦割りの考え方が無意識のうちに根を張り、強固になりがちだ。健全な企業風土のために、コンプライアンスの観点から満たすべき4つの条件とは。(2021/10/18)

「RDPが使えるシンクライアントデバイス」選定のこつ【後編】
「駄目なシンクライアントデバイス」を買わないための、選定の注意点とは?
課題もありつつ、さまざまなメリットをもたらすシンクライアントデバイス。自社に適したシンクライアントデバイスを見極めて導入を成功に導けるかどうかが、IT担当者の腕の見せどころだ。何に注意すべきなのか。(2021/10/18)

工場ネットワーク:
PR:大手自動車メーカーが加速させる工場のスマート化、「現地現物」の先にあるもの
新型コロナは製造業の業務プロセスも大きく変化させつつある。その一つが「工場のスマート化」の加速だ。従来の工場は「現地現物」が前提として定着していたが、その様相は大きく変化しつつある。リモート化を前提とした工場の変化を追う。(2021/10/11)

スマートファクトリー:
PR:「生産技術のインテリジェント化」を目指しIoTネットワークを構築した日産自動車
最先端の技術で「クルマの未来」を提案し続ける日産自動車。同社は、新型クロスオーバーEV「日産アリア」の新開発パワートレイン生産ラインにおいて、IoTを活用した生産技術の革新に取り組んでいる。このIoTを制御するネットワークに採用されているのがシスコシステムズの製品だ。IT(情報技術)とOT(運用技術)を融合させた新たなネットワークは、次世代のクルマづくりのコンセプト「ニッサン インテリジェント ファクトリー」を実現する上で欠かせないインフラとなっている。(2021/10/11)

ドコモの通信障害、15日22時に3Gも復旧
10月14日17時から発生していたNTTドコモの通信障害が、15日22時に全て復旧した。ドコモの通信障害は15日5時5分に、4Gと5Gについては復旧したが、3Gについては復旧が遅れていた。4G契約で3G表示のままの場合、機内モードのオン/オフや端末の再起動をするよう案内している。(2021/10/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
指紋認証は盗難で狙われやすいクルマを救う?
1週間お疲れさまでした。10月なのに暑い暑いと思っていたら、朝晩はずいぶんと冷えるようになりましたね。空気の乾燥も進んでいるように感じます。布団、暖房、スキンケアなど冬支度が必要ですね。(2021/10/16)

石野純也のMobile Eye:
ドコモの通信障害はなぜ長期化したのか? 障害の告知方法やMVNOの扱いには課題も
10月14日に、ドコモのネットワークで大規模な通信障害が発生した。緊急通報を含む音声通話やデータ通信に影響が出た他、位置登録自体ができず、圏外になってしまったユーザーもいたようだ。ここでは、その原因を解説するとともに、通信障害が長期化した理由を解説していきたい。(2021/10/16)

12時間に及ぶ通信障害はなぜ起きたのか、ドコモの“輻輳”が長引いたワケ
10月14日に発生したNTTドコモ通信障害。同社は10月15日に記者会見を開き、加入者や位置情報データを管理する「加入者/位置情報サーバ」の新設備への移行作業が原因であったと謝罪した。(2021/10/15)

ドコモが14日の通信障害について謝罪 「われわれの見積もりが甘かった」
NTTドコモが、10月14日に発生した通信障害に関する記者会見を開催。障害の原因は、IoT端末向けの加入者/位置情報サーバを旧設備に切り戻す際のネットワークの輻輳。切り戻しの際に「想定した以上のトラフィックが発生した」という。(2021/10/15)

楽天モバイルとJTOWERが資本提携 インフラシェアリング活用のネットワーク整備を促進
楽天モバイルが、携帯電話のインフラシェアリングを担うJTOWERと資本提携を締結した。4G/5Gネットワークの整備を加速すべく、楽天モバイルはJTOWERのインフラシェアリングソリューションの活用を一層進める。(2021/10/15)

「深く反省している」――ドコモ、14日の通信障害を謝罪
NTTドコモは、10月14日に全国で発生した通信障害について記者会見を開いた。同社の田村穂積副社長は「大変ご迷惑をおかけし、深く反省している」と謝罪した。(2021/10/15)

NEC、ドコモの5G+ローカル5Gの“ハイブリッド5Gネットワーク”を構築
NECは共創施設「ローカル5Gラボ」へパブリック5Gとローカル5Gのネットワークを設置し、ハイブリッド5Gネットワークを構築したと発表。両ネットワークの切り替えに成功し、個別のニーズ対応やシームレスなデータ連携を可能とする。(2021/10/15)

ドコモの通信障害、5G・4Gは完全復旧 3Gは利用しづらい状態続く
10月14日から全国で発生していた通信障害を巡り、NTTドコモが5Gと4Gの回線で発生していた障害は全て回復したと発表した。同社は原因について「ネットワーク工事の切り戻しに伴う信号量増大によるネットワーク輻輳(ふくそう)」と説明している。(2021/10/15)

ドコモ、14日の通信障害についてきょう午後2時から会見 副社長らが説明
10月14日午後5時ごろから発生していたNTTドコモの通信障害について、同社は15日午後2時からオンライン記者会見を開くと発表。会見には田村穂積副社長と小林宏ネットワーク本部長、引馬章裕サービス運営部長が出席予定。(2021/10/15)

ドコモの通信障害、4G/5Gは完全復旧 3Gは繋がりにくい状況続く
10月14日から続いていたNTTドコモの通信障害について、4G/5G回線について完全復旧したと発表した。3G回線についてはまだ繋がりにくい状態が続いており、全面復旧についてはもうしばらくかかる見込み。(2021/10/15)

ドコモの通信障害、4Gと5Gは15日5時5分に全て復旧
10月14日17時ごろから、全国でドコモの音声通話やデータ通信が利用しにくい障害が発生していたが、4Gと5Gについては、15日5時5分に全て回復した。障害の原因は、ネットワーク工事の切り戻しに伴う信号量増大による、ネットワークの輻輳(ふくそう)。(2021/10/15)

サブスクリプションで:
Cerebras Systemsのウエハースケールエンジンがクラウドで利用可能に
大規模なAIワークロードを高速化するために開発されたCerebras Systems(以下、Cerebras)の第2世代ウエハースケールチップを搭載したディープラーニングシステム「CS-2」が、AIクラウドのスペシャリストプロバイダーであるCirrascale Cloud Services(以下、Cirrascale)のクラウドで、一般利用に向けて公開された。CS-2は、カリフォルニア州サンタクララのCirrascaleに導入されている。(2021/10/15)

研究開発の最前線:
ラボの分析機器にもDXを、CBMによる予防保全とAR活用リモートサポートを提供
アジレント・テクノロジーが同社の分析機器向けに提供しているデジタルツールについて説明。ダウンタイムの短縮や修理コストの削減などにつながる予防保全のための「Smart Alerts」や、AR技術を用いたリモートサポートアプリ「CrossLab Virtual Assist」などの展開を2021年から推進しており、分析機器を活用するラボにおけるDXを支援する。(2021/10/15)

海外医療技術トレンド(76):
日本の一足先を行く米国のコミュニケーション重視型医療機器サイバーセキュリティ
本連載第69回で欧州連合の医療機器サイバーセキュリティ政策動向を取り上げたが、今回は米国の最新動向を整理してみたい。(2021/10/15)

コロナ禍でドエイン大学が進めた無線LAN刷新【前編】
大学が“完全オンライン教育”実現で直面した「古い無線LAN」の限界とは?
コロナ禍において対面教育から一時的に全面オンライン教育に切り替えたドエイン大学は、既存の無線LANシステムが抱えていた“ある課題”を解決すべく、システム刷新を決断した。その課題とは何か。(2021/10/15)

Cloud Nativeチートシート(9):
サービスメッシュ、Istioがマイクロサービスのトラフィック制御、セキュリティ、可観測性に欠かせない理由
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、近年注目を集める「サービスメッシュ」と、そのツールとして人気の高い「Istio」について解説します。(2021/10/15)

初期投資を抑え、自由に使いたい:
PR:AI/機械学習へのGPU活用、費用の問題をどうすればよいのか
ディープラーニングや機械学習にはGPUの利用が適している。だが高性能なGPU搭載サーバをオンプレミスで導入すると初期投資額がネックになる。パブリッククラウドのサービスは料金体系に不安が残る。どうすればよいのだろうか。(2021/10/18)

何を変えるべきなのか:
セクハラ研修の「形骸化」問題を考える 本当に不祥事を防ぐ、質の高い研修とは?
コンプライアンス研修を実施していても不祥事が発生してしまうのは、企業として伝えたいメッセージが従業員に届いていなかったためといえる。質の高いコンプライアンス研修の在り方とは。(2021/10/15)

ドコモの通信障害、順次復旧 原因は「工事に伴うネットワーク輻輳」
10月14日午後5時ごろから発生していたNTTドコモの通信障害について、同社は取材に対し、午後7時57分ごろに復旧したと明らかにした。ただし、輻輳(ふくそう)の影響で今も一部で繋がりにくい状況が続いているという。(2021/10/14)

【一部復旧】ドコモで全国規模の通信障害 通話・データ通信が利用しづらい状態
17時ごろから障害が続いています。※追記あり(2021/10/14)

全国のドコモ回線で通信障害が発生 復旧見込みなどは「確認中」【復旧済み】
NTTドコモの通信回線で障害が発生。音声通話とデータ通信に影響が出ている。同社によると、障害エリアや対象サービス、原因、復旧見込みについては「現在調査中」としている。(2021/10/14)

NTTドコモの携帯電話で通話やデータ通信がしづらい状況が発生 順次回復へ
NTTドコモの携帯電話において、10月14日17時頃から通話やデータ通信がしづらい状況が発生している。19時57分頃から順次回復しているが、環境によってはしばらくつながりづらい状況が続く可能性がある。【更新】(2021/10/14)

AppleがAndroidのマルウェアの実態を報告 「サイドローディングが元凶」と指摘
Appleが「Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps」と題したホワイトペーパーを公開し、「サイドローディングがマルウェアを成立させている元凶」と指摘した。その意図を林信行氏が解説する。(2021/10/14)

組み込み開発ニュース:
ノキアの新開発ネットワークプロセッサ「FP5」、7nmプロセスで消費電力は4分の1
ノキアソリューションズ&ネットワークスがCSP(通信サービスプロバイダー)向けルーターに採用した自社開発の最新ネットワークプロセッサ「FP5」について説明。前世代の「FP4」と比べて通信速度当たりの消費電力を75%削減するとともに、800GbEインタフェースを搭載しセキュリティ機能を拡充するなどCSPのニーズを満たすものに仕上げた。(2021/10/14)

研究開発の最前線:
富士通の新CTOが語る5つの技術的強み、インドなど海外研究拠点も新設予定
富士通は2021年10月12日、同年7月に富士通 執行役員専務 CTOに就任したヴィヴェック・マハジャン氏による技術戦略説明会を開催した。取り組みを強化する5つの技術的重点領域を紹介するとともに、インドとイスラエルに新しい研究拠点を開設する計画についても言及した。(2021/10/14)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
M&Aで「離職者が急増」「旧出身社間の雰囲気が悪化」は、人事が解決できる
会社への不信感が生まれて離職者が増加、2社の価値観が融和せず、社内にしこりが残ってしまう──M&Aで起こりがちな問題を引き起こさないためには、「人事領域」での対応が欠かせない(2021/10/14)

大規模なクラウド移行の成功談【中編】
大手エネルギー会社がAWS、Azure管理の一元化に「Sonrai Dig」を選んだ理由
World Fuel Servicesは自社のITインフラをAWSやAzureに移行した際、クラウドリソース間の通信を分析することで管理の効率化を試みた。そのために同社が活用したツール「Sonrai Dig」の効果は。(2021/10/14)

「ここまでは必要ない」という認識が“スキ”になる:
PR:ランサムウェアが狙う「バックアップデータ」 巧妙化する攻撃から企業を守るには
「データをバックアップすればサイバー攻撃や障害への備えは万全」。そんな認識の“スキ”を突いた攻撃が相次いでいる。ITに割けるコストや人的リソースが少ない企業もある中、データの消失や金銭的な損害を防ぐ保護方法は何か。(2021/10/14)

リモート化に立ちはだかる「紙」業務にどう挑む?:
PR:これが究極の業務効率化! AI OCR×RPAで目指すバックオフィスの新戦略
いまだ根強く、職場にはびこる「紙」業務は、人的リソースが不可欠なアナログ作業の筆頭。リモートワークを阻害する要因でもあるため、ペーパーレス化を急ぐ企業も多い。そこで今、再注目されているのがOCRだ。リーズナブルかつ高精度で広く普及し始めた最新AI OCRの実力とは?ペーパーレス化を入り口としたバックオフィス変革、その糸口を探る。(2021/10/14)

クラウド利用で高まる情報セキュリティリスク、その原因は? IT担当者が身に付けるべき運用の心構え
クラウドサービスの業務利用が当たり前になった今、情報セキュリティに関するネガティブなニュースが目に付くことも非常に増えた。自身が被害者にならないために、そして二次的な被害の加害者にならないために何ができるのか。(2021/10/13)

アイ・オー、広角レンズを搭載した屋内用ネットワークカメラ
アイ・オー・データ機器は、広角レンズを搭載しパン/チルト機能にも対応したネットワークカメラ「TS-NS310W」を発表した。(2021/10/13)

MVNOのデータ通信は快適に利用できる水準に 最高得点は「OCN モバイル ONE」
MM総研は、10月13日に「MVNOネットワーク品質調査」の結果を発表。主要7サービスともマップ表示は基準値を大幅にクリアし、一部のアプリダウンロードを除き快適に利用できる水準だとしている。(2021/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。