• 関連の記事

「Oracle Exadata」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle Exadata」に関する情報が集まったページです。

製造IT導入事例:
日立建機、大規模基幹業務システム基盤を「Oracle Cloud」に移行
日本オラクルの「Oracle Cloud Infrastructure」が、日立建機の基幹業務システム基盤に採用された。オンプレミスのアプリケーションサーバ、データベースをクラウドに移行する。(2024/7/11)

Oracle Interconnect for Google Cloud、世界11リージョンで提供開始:
OracleとGoogle Cloud、パートナーシップ締結を発表 2024年中に新サービス「Oracle Database@Google Cloud」提供予定
OracleとGoogle Cloudは、「Oracle Cloud Infrastructure」とGoogle Cloudのテクノロジーを組み合わせて顧客に提供できるようパートナーシップを締結したと発表した。2024年後半には新サービス「Oracle Database@Google Cloud」の提供を予定している。(2024/7/3)

基幹システムのクラウド移行を4カ月、自前で 日立建機
日立建機が自前で基幹システムをクラウドに移行した。約500の仮想サーバと100のデータベースを含む大規模なシステムにもかかわらず、4カ月で作業は完了したという。(2024/7/1)

Google CloudでOracleデータベースを提供へ 「Oracle Database@Google Cloud」発表
米OracleとGoogle Cloudは提携により、Google Cloud上でOracle Databaseを稼働させる「Oracle Database@Google Cloud」と、Google CloudとOracle Cloudを高速回線で接続する「Cross-Cloud Interconnect」を共同で提供すると発表しました。(2024/6/14)

JSONとリレーショナルを効率的に利用できる仕組みを導入:
Oracle、「Oracle Database 23ai」を発表 AIベクトル検索に対応、SQLでBoolean型を追加
Oracleは、コンバージドデータベースの最新バージョン「Oracle Database 23ai」を発表した。AIベクトル検索が導入されたことに加え、SQLの改善も複数施されている。グラフデータベース機能やRaftプロトコルも実装された。(2024/5/20)

大阪ガスが全社データ基盤をフルクラウド化 移行のポイントとは?
大阪ガスは全社で利用していたデータ基盤をオンプレミスからクラウドへ移行した。大規模データウェアハウスの移行先や、移行で工夫したポイントとは。(2024/3/26)

第一三共、IT基盤刷新で1億円のTCO削減へ 営業基盤システムの高速化で
第一三共が、80台のサーバで16のシステムを動かしていた営業支援システムの基盤を刷新し、約1億円のTCO削減を実現した。何を変えたのだろうか。(2024/2/14)

Azure上でOracle Exadataが稼働、「Oracle Database@Azure」正式サービス開始 2024年には日本でも提供予定
米MicrosoftとOracleは、共同で提供する新サービス「Oracle Database@Azure」の正式リリースを発表した。(2023/12/22)

サービス第1弾は「Oracle Exadata Database Service」:
OracleとMicrosoft、「Oracle Database@Azure」サービスを提供開始
OracleとMicrosoftは、2023年9月に発表した「Oracle Database@Azure」サービスの第1弾となる「Oracle Exadata Database Service」の一般提供をAzureの米国東部リージョンで開始した。(2023/12/18)

ペイロール、データベース基盤にOCIのハイブリッドクラウドを導入 その狙いは
ペイロールは給与計算システムのデータベース基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)のハイブリッドクラウドソリューションである「Oracle Exadata Cloud@Customer」を導入した。(2023/12/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。