検索
連載

画面外に移動してしまったウィンドウを表示領域内に戻す【Windows】Tech TIPS

【Windows 11対応】Windowsを操作していると、何かの拍子でウィンドウが画面外に移動してしまうときがある。このような場合には、タスクバーから操作してデスクトップ内部にウィンドウを移動する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

このウィンドウ、どこにある? デスクトップのどこにも	見当たらなくて、操作できない! 画面外に移動してしまったウィンドウを戻す方法

対象OS:Windows 8.1/Windows 10/Windows 11、Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016/Windows Server 2019/Windows Server 2022


 Windowsを使っていると、何かの拍子でウィンドウが画面外のどこかに消えてしまい、デスクトップのどこを探しても見つからないという状況になることがある。

 タスクバーにウィンドウ(アプリケーション)のアイコンは表示されているのに、デスクトップにはウィンドウがないという状態だ。最小化されているのかとタスクバー上のアイコンをクリックしても、ウィンドウは表示されない。

 こうしたトラブルの原因は、たいていはアプリケーションのバグのせいでデスクトップの領域外にウィンドウが移動してしまったせいだ。

 これは、タスクバーから数回操作するだけで解消できる。本Tech TIPSでは、その手順を説明する。

画面から外れたウィンドウはタスクバーアイコンで表示領域内に戻す

 まず、消えてしまったウィンドウのアイコンをタスクバー上で見つけて、そこにマウスカーソルを乗せて1〜2秒ほど待つ(マウスのボタンは押さない)。するとウィンドウのプレビューサムネイルが表示されるので、対象のアプリケーション(ウィンドウ)のものを右クリックし、表示されたコンテキストメニューから[移動]を選ぶ。

画面外のウィンドウをデスクトップ上に戻す(1/2)
画面外のウィンドウをデスクトップ上に戻す(1/2)

 右クリックで表示されたコンテキストメニューで、[移動]が灰色になっていて(グレーアウトされていて)クリックできない場合は、いったん[元のサイズに戻す]をクリックしてから、再度上記の手順を繰り返してみよう。

 上記の操作をしても画面には何も表示されない。しかし、上記で右クリックしたアプリケーションのウィンドウが、カーソル移動キー([][][][]キー)やマウスで移動できるモードになっているはずだ。

 ここで、いずれかのカーソル移動キーを1回押してから、ボタンを押さずにマウスカーソルを上下左右にぐるぐると大きく動かしてみよう(左右にだけ細かく振ると、その他のウィンドウが最小化されてしまうことがあるので注意)。すると、隠れていたウィンドウがデスクトップ上に現れるはずだ(分かりにくければ、デスクトップに表示されたウィンドウで同様の操作を試していただきたい)。

画面外のウィンドウをデスクトップ上に戻す(2/2)
画面外のウィンドウをデスクトップ上に戻す(2/2)

 後はウィンドウ全体が表示されるまで移動してから、マウスのボタンをクリックしてウィンドウをそこにとどめればよい。

Microsoft Storeアプリのウィンドウを移動する際の注意点

 筆者が試した限りでは、Windows 10の古いバージョンでMicrosoft Storeアプリ(UWPアプリ)のウィンドウを前述の手順で移動する際、タスクバーからプレビューサムネイルを右クリックしたときに、コンテキストメニューが1秒ほどで消えてしまい、マウスなどで[移動]をクリックするのが間に合わない。

 その場合は、マウスを操作しているのとは反対の手でキーボードを操作できるように準備してから、右クリックしてコンテキストメニューが表示させ、それが消える前に素早く[M]キーを押すとよい。

 また、Windows OSのバージョンに関係なく、一部のMicrosoft Storeアプリでは、前述の手順だと[移動][元のサイズに戻す]を含むコンテキストメニューが表示されないことがある。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る