連載 サハロフ秋葉原経済研究所(特別編)

第2回 サハロフ・レポート:2001年夏のPCパーツ価格総決算

4. 新製品が続々登場中のマザーボード

サハロフ佐藤
2001/08/29

 マザーボードは現在のところ、プロセッサ・ソケットで分類すると、Socket 423タイプ、Socket 370タイプ、Socket Aタイプの3種類が大きな勢力を持っています。このほかにIntel Xeon向けのSocket 603タイプ、SECC2版Pentium III向けのSlot 1タイプなどが存在しますが、店頭で見かける機会はほとんどありません。

高値傾向のPentium 4(Socket 423)対応マザーボード

 Socket 423タイプは現行のPentium 4と組み合わせて使われるマザーボードで、Intel 850チップセットを採用し、メモリはRIMMに対応しています。大半のモデルは2万円台前半と高く、Pentium 4マシンのコストを押し上げる一因になっていますが、「Elite P4ITA」は1万7000円台と比較的廉価です。

メーカー名 製品名 チップセット フォーム
ファクタ
最安値 中心価格帯
Abit TH7 RAID Intel 850 ATX 2万2300円 2万4000円前後
AOpen AX4T Intel 850 ATX 2万1800円 2万2000円台
ASUSTeK P4T Intel 850 ATX 2万2800円 2万3000円前後
Elite P4ITA Intel 850 ATX 1万5800円 1万7000円台
Gigabyte GA8TX Intel 850 ATX 2万2800円 2万4000円前後
Intel D850GB Intel 850 ATX 1万8500円 1万9000円前後
Microstar 850PRO2 Intel 850 ATX 1万9970円 2万1000円台
Gigabyte GA8TM Intel 850 microATX 2万1580円 2万2000円前後
Pentium 4(Socket 423)対応マザーボードの価格
上記はすべてRIMM対応マザーボードだ。つい最近登場したSDRAM対応マザーボードにより、Pentium 4マザーボードのラインアップは拡充されていくだろう。

Tualatin対応が進むPentium III(Socket 370)対応マザーボード

 Pentium III/CeleronにはSocket 370タイプが使われます。チップセットもIntel(81xシリーズ)、VIA Technologies(Apollo Proシリーズ)など多岐にわたっており、DDR SDRAM対応やデュアルプロセッサ対応など、さまざまなタイプから目的にあった1枚を選べるでしょう。B-stepと呼ばれる最新のIntel 815E/EPチップセットを採用し、Tualatin対応を果たしたモデルも発売が相次いでおり、価格は「ASUSTeK TUSL2C」が1万7000円前後、「Elite P6IPAT」が1万円台となっています。

メーカー名 製品名 チップセット フォーム
ファクタ
最安値 中心価格帯
Abit ST6E RAID Intel 815E B-step ATX 1万8500円 1万9000円台
Abit ST6E Intel 815E B-step ATX 1万5800円 1万6000円台
Abit ST6 RAID Intel 815EP B-step ATX 1万5300円 1万7000円前後
Abit ST6 Intel 815EP B-step ATX 1万3500円 1万4000円台
ASUSTeK TUSL2C Intel 815EP B-step ATX 1万5980円 1万7000円前後
Elite P6IPAT Intel 815EP B-step ATX 9500円 1万円台
Gigabyte GA6OXET Intel 815EP B-step ATX 1万5200円 1万6000円前後
Gigabyte GA6OXETC Intel 815EP B-step ATX 1万3400円 1万4000円台
Microstar 815ET PRO Intel 815EP B-step ATX 1万4980円 1万7000円前後
AOpen AX3S PRO Intel 815E ATX 1万2680円 1万3000円前後
ASUS CUSL2 Intel 815E ATX 1万4470円 1万5000円前後
Elite P6ISA2 Intel 815E ATX 9890円 1万1000円前後
AOpen AX3SP PRO Intel 815EP ATX 1万1800円 1万2000円台
ASUS CUSL2C Intel 815EP ATX 1万2800円 1万3000円台
AOpen AX37 PLUS Apollo Pro266 ATX 1万6980円 1万8000円前後
AOpen AX37 PRO Apollo Pro266 ATX 1万3700円 1万6000円前後
ASUSTeK CUV266 Apollo Pro266 ATX 1万5500円 2万円前後
Elite P6S5AT SIS635T ATX 8600円 9000円台
AOpen MX3S Intel 815E microATX 1万5500円 1万6000円前後
ASUSTeK CUSL2M Intel 815E microATX 1万5500円 1万6000円前後
Pentium III/Celeron(Socket 370)対応マザーボードの価格
これはシングルプロセッサ対応のマザーボード。製品の種類は非常に多い。最新のプロセッサ(Tualatinコア採用Pentium IIIなど)に対応している製品と非対応の製品が混在しているので、購入時には注意が必要だ。
 
メーカー名 製品名 チップセット フォーム
ファクタ
最安値 中心価格帯<
ASUSTeK CUV266D Apollo Pro266 ATX 2万9800円 約3万円
Iwill DVD266R Apollo Pro266 ATX 2万7980円 2万8000円前後
Iwill DVD266 Apollo Pro266 ATX 2万5980円 2万6000円前後
Rioworks SDVIC-WO Apollo Pro266 ATX 2万6999円 2万7000円台
ASUSTeK CUV4XD Apollo Pro133A ATX 1万9770円 2万円前後
Elite D6VAA Apollo Pro133A ATX 9580円 約1万円
Microstar 694D PRO2 IR Apollo Pro133A ATX 1万8800円 1万9000円前後
Rioworks SDVIA100 Apollo Pro133A ATX 1万6800円 1万7000円台
デュアルPentium III(Socket 370)対応マザーボードの価格
製品の種類が豊富なSocket 370マザーボードには、このようにデュアルプロセッサ構成を実現できるマザーボードもあり、エンドユーザーでも入手できる。

Socket AタイプはDDR SDRAM対応モデルが増加

 Socket AタイプはAthlon/Duron用で、最近ではDDR SDRAM対応モデルが多くなってきました。対応するメモリからSocket Aタイプの価格帯を区分すると、DDR SDRAM対応モデルが1万円台半ばから2万円前後、SDR SDRAM対応モデルがそれより4000〜5000円ほど安価という設定になっています。当分は手持ちのSDR SDRAMを再利用し、折を見てDDR SDRAMに交換したいという人は、両方のメモリ・ソケットを合わせ持つモデルもあります。こうした製品の例としては「Microstar K7MG PRO」などがあり、価格は1万8000円前後です。

メーカー名 製品名 チップセット フォーム
ファクタ
最安値 中心価格帯
ASUS A7M266 AMD761/
VIA686B
ATX 1万9800円 2万円前後
Epox EP8K7A AMD761/VIA686B ATX 1万8500円 2万円前後
Gigabyte GA7DXR AMD761/VIA686B ATX 2万700円 2万1000円台
ASUSTeK A7A266 ALiMAGiK1 ATX 1万8500円 1万9000円前後
Microstar K7MG PRO ALiMAGiK1 ATX 1万6799円 1万8000円前後
ASUSTeK A7V266 Apollo KT266 ATX 2万580円 2万2000円前後
Elite K7VTA3 Apollo KT266 ATX 1万2800円 1万3000円台
Epox EP8KHA Apollo KT266 ATX 1万7300円 1万8000円前後
Gigabyte GA7VTX Apollo KT266 ATX 1万8500円 1万9000円前後
Microstar K7T266 PRO R Apollo KT266 ATX 1万9500円 2万円前後
Microstar K7T266 PRO Apollo KT266 ATX 1万7500円 1万8000円前後
Soltek SL75DRV Apollo KT266 ATX 1万4400円 1万5000円前後
Abit KT7A RAID Apollo KT133A ATX 1万6999円 1万7000円前後
Abit KT7A Apollo KT133A ATX 1万4000円 1万5000円前後
AOpen AK73 PRO(A) Apollo KT133A ATX 1万3800円 1万4000円前後
ASUSTeK A7V133 Apollo KT133A ATX 1万5480円 1万6000円台
ASUSTeK A7V133C Apollo KT133A ATX 1万1800円 1万3000円前後
Elite K7VZA Apollo KT133A ATX 9000円 1万円前後
AOpen MK7A AMD761/VIA686B microATX 1万6470円 1万7000円前後
Elite K7SEM SiS730S microATX 9500円 9000円台
Athlon/Duron(Socket A)対応マザーボードの価格
こちらもSocket 370に負けず劣らず製品の種類は豊富だ。また搭載されているチップセットの種類も多い。
 

 INDEX
  [連載]サハロフ秋葉原経済研究所(特別編)
  第2回 サハロフ・レポート:2001年夏のPCパーツ価格総決算
    1.嵐の前のプロセッサ価格
    2.価格下落が止まらないメモリ・モジュール
    3.大容量化著しいハードディスクは40Gbytesがお得?
  4.新製品が続々登場中のマザーボード
    5.定番が決まりつつあるドライブ類やグラフィックス・カード
 
「連載:サハロフ秋葉原経済研究所」


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH