連載
» 2011年06月13日 00時00分 公開

クラウドに載せてFacebookアプリを全世界に公開するには無料クラウドでできるFacebookアプリ開発入門(2)(2/3 ページ)

[亀渕景司,株式会社ビービーシステム]

管理ポータルを開く

 申し込み完了後は、ログインしているWindows Live IDのメールアドレスに確認メールが送信されます。

図6 Windows Azure 無料トライアルの申し込み完了確認 図6 Windows Azure 無料トライアルの申し込み完了確認

 完了ボタンをクリックすれば、Windows Azure Platform管理ポータルが表示されます。

図7 Windows Azure Platform管理ポータル 図7 Windows Azure Platform管理ポータル

Windows Azureを使用したアプリの公開

 ここからは、前回作成したWebアプリをWindows Azure上で稼働させ、Facebookユーザーに対し公開できるようにします。

ホストサービスの作成

 最初に、Windows Azure上にホストサービスと呼ばれるアプリを稼働させるための枠組みを作成します。ホストサービス内は1つのURL(およびグローバルIPアドレス)を持ち、内部で複数のサーバインスタンスとロール(Webアプリ)を稼働できます。

 Windows Azure Platform管理ポータルにアクセスし、無料トライアルを申し込んだWindows Live IDアカウントを使用してサインインします。

 左下部ナビゲーションから[Hosted Services, Storage Accounts & CDN]を選択し、左上部ナビゲーションから[Hosted Services]を選択後、リボンメニューから[New Hosted Service]メニューをクリックします。

図8 ホストサービスの作成 図8 ホストサービスの作成

 [Create a new Hosted Service]ダイアログが表示されるので、名称とURLを入力します(URLは、Windows Azure全体でユニークである必要があります)。公開するアプリケーションが配置されるリージョン(データセンタ)を[Choose a region or affinity group]欄から選択します。

 また、現時点では配置(公開)しないので[Deployment Options]は[Do not deploy]を選択します。入力が完了した後、[OK]ボタンをクリックしホストサービスを作成します。

図9 新しいホストサービスの作成ダイアログ 図9 新しいホストサービスの作成ダイアログ

公開URLの確定

 ホストサービスが作成できればWindows Azure上のURLが確定します。

これまでの手順では、FacebookアプリのURLとしてローカルコンピュータ上のURLを指定していましたが、公開するに当たりどこからでも参照できるURL=Windows Azure上のURL(例「http://fbapponazuretest.cloudapp.net」)に変更する必要があります。

 前回紹介したFacebook開発者アプリにアクセスし、アプリの詳細設定から[Canvas URL]をWindows Azure上のURLに変更し、設定を保存します。

図10 Canvas URLの変更 図10 Canvas URLの変更

 同様にWebアプリの設定ファイル(「Web.config」ファイル)内に記述した要素のcanvasUrlをWindows Azure上のURL(例「http://fbapponazuretest.cloudapp.net」)に変更します。

WebアプリをWindows Azure用にパッケージング

 ここまでの内容でFacebook側の準備とWebアプリの準備が整いました。

 Windows Azure上にアプリを配置するには専用のパッケージングを行う必要があります。この手順では、Webアプリケーションに関連するファイルを1つのサービスパッケージ(「.cspkg」ファイル)としてまとめ、稼働させるWindows Azure上の仮想マシンのスペックと台数、公開するポートの設定などをまとめたサービス設定ファイル(.cscfgファイル)を作成します。

 ソリューション一覧のWindows Azureプロジェクト内のロールからWebアプリのロール(例:FacebookWebApplication)を右クリックし、[プロパティ]メニューを選択します。

 プロパティ画面のタブ一覧から[構成]を選択し、インスタンスの[VMサイズ]を[極小](XS)に設定します。

図11 インスタンスサイズの変更 図11 インスタンスサイズの変更

 なお、Windows Azure無料トライアルではXSサイズを毎月750時間利用できます(Sサイズの場合は25時間)。M〜XLサイズを使用した場合、無料トライアルの対象外となり課金が発生します。

 ソリューション一覧からWindows Azureプロジェクトを右クリックし、[発行]メニューを選択します。

図12 サービスパッケージの発行メニュー 図12 サービスパッケージの発行メニュー

 [Windows Azureプロジェクトの配置]ダイアログが表示されるので、[サービス パッケージだけを作成]を選択後、[OK]ボタンをクリックしてサービスパッケージ(.cspkgファイル)およびサービス設定ファイル(.cscfg)を作成します。

図13 Windows Azure プロジェクトの配置ダイアログ 図13 Windows Azure プロジェクトの配置ダイアログ

 次ページでは、いよいよWindows Azure上に配置して公開し、アプリを友人に通知したり、Facebookページへの登録する方法を紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。