アジャイル/DevOps

icon
最終リリース版は2024年6月公開予定:

Microsoftは「TypeScript 5.5」のβ版を公開した。本記事では、追加された「型述語の推論」と「JSDoc内の型インポート」について取り上げる。

(2024/05/18)

icon
ソフトウェア開発チームの行動をビジネス目標につなげていく計画手法:

インパクトマッピングは、関係者全員の共通理解を生み出すことで、ソフトウェア開発ライフサイクルの柔軟性を高める手法を指す。インパクトマッピングをソフトウェアプロジェクトに適用する方法を解説する。

(2024/05/17)

icon
ブラウザだけでフルスタックのアプリ開発を開始できる:

Googleは、さまざまなプラットフォームにわたって迅速、簡単にアプリケーションを構築、展開できるWebベースの統合開発環境「Project IDX」のβ版を提供開始した。

(2024/05/17)

icon
「@IT 開発変革セミナー 2024 Winter」基調講演レポート:

「新しい開発手法やツールを導入したが、期待したほど効果が上がっていない。むしろ生産性が低下した気がする……」。そんな課題を抱える企業に不足している視点とは何か。第一線で活躍するアジャイルコーチがDevOpsの視点でソフトウェア品質について語った。

(2024/05/17)

icon
クラウドベースのAI支援機能の懸念点をカバー:

クラウドベースのAIアシスタントを利用して著作権やデータプライバシーの問題を回避するというトレンドがますます広がっている。そうした中、「JetBrains」が「GitHub Copilot」に先んじてローカルでのAIコード支援機能を実装した。本記事ではそのメリットを解説する。

(2024/05/16)

icon
Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(8):

第8回では、2024年3月末のDioxus 0.5リリースに合わせて、機能変更のポイントをWebプラットフォームに絞って紹介し、第7回で作成したアプリをバージョン0.5対応となるように修正します。

(2024/05/16)

icon
OCIのLLMを利用、Java、SQLおよびアプリケーション開発向けに最適化:

Oracleは、社内で使用しているAIコーディングコンパニオン「Oracle Code Assist」を社外にも提供する計画を発表した。

(2024/05/14)

icon
2024年5月版「TIOBEインデックス」発表:

プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年5月版が公開された。Pythonが首位独走を続け、上位の順位は不動だが、Fortranが2カ月連続でトップ10に入った。

(2024/05/13)

icon
GitHubとの統合でAzureが優位に:

プライベートネットワークのサポートは、AWSやGoogle Cloudでも計画されている。2024年4月上旬のGitHub ActionsアップデートでIT業界ウォッチャーが目にしたのはAzureのパワープレイだ。Azureの現況と、クラウドプロパイダーの動向を深堀りする。

(2024/05/10)

icon
TechTargetジャパンエンジニア読本集:

ソースコードの理解を助けるために残したはずのコメントが、本来の役割を果たさないことがある。悪いコメントの条件とは何か。良いコメントを書くには、何に気を付ければよいのか。実例と共に解説する。

(2024/05/09)

icon
自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:

AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。

(2024/05/07)

icon
2027年4月までサポート予定:

Googleの「V8」JavaScriptエンジンで動作するサーバサイドJavaScript実行ランタイムの最新版「Node.js 22」が公開された。

(2024/05/01)

icon
AIの価値を最大化するためにROIの捉え方を変える必要がある、と提言:

Gartnerは「ソフトウェアエンジニアのAIコードアシスタント使用率」に関する予測を発表した。それによると「2028年までには、企業の75%がAIコードアシスタントを利用するようになる」という。

(2024/04/30)

icon
「生成AIが冗長性を誘発することも少なくない」:

生成AIを活用するアプリの利用が広がる中、ソフトウェアの品質管理担当者は生成AI特有の問題点への注意が必要になる。本稿では、生成AIアプリの品質を管理する際に考慮すべき点を確認する。

(2024/04/26)

icon
TechTargetジャパンエンジニア読本集:

「Linux」の標準テキストエディタとして根強い人気のあるのが「Vim」だ。初心者にとってはなじみにくいVimを、使い勝手の良いツールにするためのコマンドやカスタマイズを学ぼう。

(2024/04/25)

icon
主なアップデート内容を紹介:

MicrosoftはVisual Studio Codeのバージョン1.88を公開した。タブのラベルのカスタマイズやインラインチャットの改善などが実施された。本記事ではアップデートの主な内容を紹介する。

(2024/04/25)

icon
計100項目のチェックリストで確認:

日本CTO協会は「Webフロントエンド版DX Criteria」を公開した。「Webフロントエンド領域の開発者体験と、それによって構築されたプロダクトによるユーザー体験の両立を目指す」としている。

(2024/04/25)

icon
2022年と2023年の利活用動向を比較 どう変化していたのか?:

調査会社のSlashDataは、ノーコード/ローコードツールの利活用動向をまとめたレポートを公開した。開発者の経験年数やソフトウェア開発分野別にノーコード/ローコードツールの利活用動向を明らかにしている。

(2024/04/24)

icon
Nuitkaを利用し高速化、難読化:

WebAssembly(Wasm)ランタイムを開発するWasmerは、PythonプログラムをWebAssemblyに変換し、ベースラインインタープリタよりも3倍高速に実行できるようにする「py2wasm」を発表した。

(2024/04/24)

icon
「リソース」「パフォーマンス」「可用性」「セキュリティインシデント」:

TechTargetは「ITアラートへの対応方法」に関する記事を公開した。ITアラートは、サーバの障害や混雑したネットワークの状況を知らせてくれる。ITアラートが表示されたら、ITの管理者はすぐに行動を起こす必要がある。

(2024/04/24)

icon
2024年4月版「TIOBEインデックス」発表:

プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年4月版が公開された。上位の順位が不動の一方、このところ低下が続くPHPの人気は17位となり、調査開始以降、過去最低を記録した。

(2024/04/22)

icon
開発プロセスにAIが浸透:

Dockerは、開発者がどのようにAIを導入、利用しているかを調査したレポート「Docker AI Trends Report 2024」を発表した。

(2024/04/19)

icon
リーン、スクラム、カンバンは競合するものではない:

カンバンは製造業でその概念が確立され、その後、「リーン」や「スクラム」などの方法論とともにソフトウェア開発チームによって採用された。カンバンの原則をソフトウェア開発で実践する方法を解説する。

(2024/04/19)

icon
Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(7):

第7回からは、第6回で作成した投稿アプリのREST APIを利用して、UI作成フレームワークDioxusでアプリのフロントエンド部分をSPAとして開発していきます。第7回では、API呼び出し関数の実装と、その呼び出し結果をページに反映するコードを通じて、Dioxusの基本動作を理解します。

(2024/04/19)

icon
2024年第1四半期時点で83%の開発者がDevOpsに関与:

The Linux Foundation Japanは、「継続的インテグレーション&継続的デリバリーの近況:ソフトウェアデリバリーパフォーマンスの進化」を公開した。それによると、2024年第1四半期時点で83%の開発者がDevOpsに関与していることが分かった。

(2024/04/18)

icon
データベース運用のあらゆる側面を簡素化:

Google Cloudは、開発支援やパフォーマンス最適化、フリート管理、ガバナンス、移行など、データベース運用のあらゆる側面を簡素化するAIベースのデータベースアシスタント「Gemini in Databases」のプレビュー提供を開始した。

(2024/04/18)

icon
業界でも有数のソートリーダーが解説:

TechTargetは、「BrightTALKサミット」のレポートを公開した。同サミットでは、適切なソフトウェア開発プロセスを選択し、AIとMLを最大限に活用するための戦略について話し合われた。

(2024/04/18)

icon
関連性が高く有用なコード提案を生成するための戦略:

GitHub Copilotのコード補完機能を最大限活用するためには、できるだけ多くのコンテキストを提供する必要がある。本稿ではテキストエディタでより多くのコンテキストを提供するためのヒントを紹介する。

(2024/04/16)

icon
WebXRやApple Vision Proに対応:

Microsoftは、オープンソースのリアルタイムレンダリングエンジン「Babylon.js」の最新版「Babylon.js 7.0」を公開した。WebXRやApple Vision Proに対応し、没入感やパフォーマンスを向上させる機能を追加した。

(2024/04/15)

icon
TechTargetジャパンエンジニア読本集:

どのプログラミング言語から学び始めるかを選ぶことは簡単ではない。専門家は「Java」や「C」といった“定番言語”とは別の選択肢を積極的に推奨し始めた。そのプログラミング言語とは何なのか。

(2024/04/11)

icon
Jupyterのセル間依存関係分析など各種機能が向上:

Microsoftは「Visual Studio Code」のPythonおよびJupyter拡張機能の最新版を公開した。FlaskとDjangoのデバッグ設定フローの改善、PylanceによるJupyterのRun Dependent Cells機能の向上、Hatch環境の検出などの機能を強化した。

(2024/04/10)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。