クラウド

icon
TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:

「Hadoop」の普及によって一時期“守勢”に立たされたはずの「DWH」が、「クラウドDWH」へと形を変えて再び関心を集めるようになった。背景には何があるのか。

(2024/05/19)

icon
“20年後のトレンド”が重要:

IDC Japanは、国内ハイパースケールデータセンターの需要量に関する分析結果を発表した。ハイパースケールデータセンターの2045年の需要量は、2023年の実績値の約4倍に達する可能性があるとしている。

(2024/05/17)

icon
Tech TIPS:

ChatGPTには、キーボードで操作できるショートカットが幾つかサポートされている。これらを使うと、キーボードで素早くコピーしたり、新規のチャットを開始したりできる。本Tech TIPSでは、ChatGPTで便利に使えるキーボードショートカットを紹介しよう。

(2024/05/17)

icon
Gartner Insights Pickup(351):

モダンなソフトウェアアーキテクチャの多くは、他のチームやクラウドプロバイダーによって構築された複雑な分散システムのため、開発と運用が交わる領域で問題を引き起こす。この問題に対する新しい解決策が、プラットフォームエンジニアリングだ。本稿では、プラットフォームの4つの特性と現状、今後の展望について紹介する。

(2024/05/17)

icon
Windows PowerShell基本Tips(104):

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Remove-PartitionAccessPath」コマンドレットを解説します。

(2024/05/16)

icon
Tech TIPS:

Azure Automationで何らかの処理を自動化する際、PowerShellスクリプトなどのRunbookを定期的に繰り返し実行したいことがある。仮想マシン(VM)の起動/シャットダウンを例として、この定期スケジュールをAutomationアカウントのデプロイと同時に作成する方法とその注意点を説明する。

(2024/05/15)

icon
ストレージシステムの所有、管理がよりシンプルで効率的に:

IBMは新たなストレージサービスプログラムとなる「IBM Storage Assurance」を発表した。定期的なハードウェアとソフトウェアのアップグレードに加え、プレミアムレベルのエキスパートケアサポートをサブスクリプションで提供する。

(2024/05/14)

icon
ChatGPTスタートガイド:

いまや人工知能の代表のように扱われている「ChatGPT」だが、実は使ったことがない、という人も意外と多いのではないだろうか。そこで、本稿ではChatGPTとはどういったものなのか、また基本的な設定や使い方について解説する。

(2024/05/13)

icon
TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:

「SSD」が普及して、「HDD」がその役目を終える――。ストレージ技術の進化を見ると、こう単純には言い切れないことが分かる。真実は何なのか。ストレージ技術の「今」と「これから」を正しく見通すヒントを探る。

(2024/05/12)

icon

AWS上のVMwareサービスである「VMware Cloud on AWS」は、今後AWSや同社のパートナーから販売されないことが明らかになった。Broadcom CEOのホック・タン氏は、サービスがなくなるわけではないと述べている。

(2024/05/10)

icon
Red Hat Summit 2024:

OpenShift AIは、Red HatのAI戦略における中核的な基盤だ。同社は年次カンファレンスにおいて、エッジ対応やGPU利用の簡素化、リソース管理などの新機能を発表した。

(2024/05/10)

icon
故障までの稼働期間、生涯故障率も報告:

Backblazeは、2024年第1四半期の自社データセンターにおけるデータドライブの統計レポートを発表した。

(2024/05/10)

icon
Tech TIPS:

Windows 10/11に実装されている「Windows Update」は、自動で更新プログラムを適用してくれる便利な機能だが、用途によってはWindows Updateによる自動適用が望ましくないこともある。このような場合、Windows Updateを無効化し、自動適用されないようにしよう。その方法を紹介する。

(2024/05/10)

icon
Gartner Insights Pickup(350):

データ侵害の大部分は、人的要素が関与している。生成AIは、従業員に起因するサイバーセキュリティインシデントを減らす切り札になるだろうか。

(2024/05/10)

icon
一番重要なのは「自社のインフラ要件」にマッチするかどうか:

TechTargetは「XenとKVMの違い」に関する記事を公開した。オープンソースのハイパーバイザーとして著名な「Xen」と「KVM」はどういった違いがあるのか。判断で重要になるのは「自社のインフラ要件」と「クラウド導入への関心度」だ。

(2024/05/09)

icon
Red Hat Summit 2024:

Red HatがオープンソースLLMをさらにオープンソース化するプロジェクト、「InstructLab」を開始した。誰でもLLM開発に参加することができ、「生成AIの未来をともに形作れる」と訴えている。まずIBM Researchの「Granite」モデルなどから始める。

(2024/05/08)

icon
Synergy Research Group調査:

Synergy Research Groupが発表したデータによると、ハイパースケールデータセンターの数は2024年初頭には1000の大台を超えた。また、ハイパースケールデータセンターの総容量は4年で倍増した。本記事ではSynergy Research Groupが紹介した、その背景を取り上げる。

(2024/05/08)

icon
Tech TIPS:

Azure AutomationアカウントでVMの起動やシャットダウンを自動化したい場合、対象のVMを操作するためのアクセス許可を与える必要がある。それには「カスタムロール」にアクセス許可をまとめてAutomationに割り当てればよい。その方法と注意点を説明する。

(2024/05/08)

icon
失敗、成功事例に学ぶクラウドネイティブセキュリティの勘所(4):

クラウドサービス利用が拡大したことで、企業には新たなセキュリティ運用における課題が生まれています。しかも、運用部門、セキュリティ管理責任者、企画部門など、それぞれの職務によって異なる問題と悩みを抱えています。こうした課題が積み重なった結果、「クラウドサービスは禁止」と決定する極端なケースもあります。本稿では、クラウド時代のセキュリティ運用を考えます。

(2024/05/08)

icon
TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:

「Windows」でしか稼働しないアプリケーションは、Windows以外のOSを搭載したPCの採用を妨げる可能性があった。この状況は変わりつつある。WindowsではないOSへの移行には、どのような方法があるのか。

(2024/05/05)

icon
データベースのHA化で障害時にもサービスの継続性を確保:

Cloudflareは、以前の事故を教訓にデータセンターで発生した大規模停電の影響を最小限に抑えた。本稿では同社が公式ブログで紹介した内容を取り上げる。

(2024/05/02)

icon
欧州委員会のGDPR違反も影響か The Document Foundationが指摘:

ドイツ北部のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州は、自治体のPC3万台で使用しているWindowsとMicrosoft OfficeをLinuxとLibreOfficeに移行すると発表した。LibreOfficeの開発元であるThe Document Foundationは、同州が移行を決めた背景として「欧州委員会のGDPR違反」を挙げている。

(2024/05/02)

icon
パフォーマンスエンジニアリング、セキュリティ、開発支援などの機能が強化:

Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 24.04 LTS」(開発コードネーム「Noble Numbat」)が公開された。10番目のLTSリリースで、Linux 6.8カーネルを採用している。

(2024/05/02)

icon
Gartner Insights Pickup(349):

AIへのアクセスが民主化されたことで、AI TRiSMの必要性はさらに切迫している。AI TRiSMは、AIモデルのガバナンス、トラスト、公平性、リライアビリティ、堅牢性、透明性、データ保護をサポートする一連のソリューションだ。本稿では、企業がAI TRiSMをAIモデルに組み込むべき4つの理由を紹介する。

(2024/05/02)

icon
ランキング/レコメンデーション用モデルの効率的な提供に貢献:

Metaは、AIワークロード用に設計されたMetaカスタムメイドチップの次世代バージョンを発表した。最新バージョンのカスタムチップは、前世代と比較してパフォーマンスが大幅に向上しているという。

(2024/05/01)

icon
メモリリークを検出、対処する「RESIN」を解説:

Microsoftは、Microsoft Azureを提供する上でサービス品質に影響を及ぼすメモリリークの問題にどう対処しているのか。本番環境で稼働しているメモリリーク検出サービス「RESIN」の取り組みを解説した。

(2024/05/01)

icon
エンタープライズ向けAIデータセンター市場への展開を拡大:

Intelは年次イベント「Intel Vision 2024」において、同社のAIアクセラレーター「Gaudi 3」や、データセンター向け「Xeon 6プロセッサー」など生成AIに関連する新製品を発表した。

(2024/05/01)

icon
Tech TIPS:

Azure Automationアカウントをデプロイする場合、一緒に自動処理のためのPowerShellスクリプトもRunbookに自動登録できると手間が省けて便利だ。GitHubで公開されている仮想マシンの起動/シャットダウン用スクリプトを例に、その方法と注意点を説明する。

(2024/05/01)

icon
生成AIで開発をラディカルに変革:

GitHubは2024年4月29日(米国時間)、生成AIでソフトウェア開発者の仕事を幅広く支援する開発環境、「GitHub Copilot Workspace」を発表した。開発者の「第2の頭脳」として働き、ソフトウェア開発をラディカルに変えるという。

(2024/04/30)

icon
インフラ環境を包括的に支援:

IBMとHashiCorpは、IBMがHashiCorpを買収することで合意した。IBMは「この買収は、顧客にとって最も変革的なテクノロジーであるハイブリッドクラウドとAIにIBMが深く注力し、投資を継続していることを示すものだ」としている。

(2024/04/26)

icon
Gartner Insights Pickup(348):

急速に変化する厳しい世界経済環境を背景に、企業はデジタルビジネストランスフォーメーションを加速させている。サイバーセキュリティリーダーも、担当する取り組みを加速させ、自社のデジタル化におけるサイバーセキュリティの重要な役割を実証する必要がある。

(2024/04/26)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。