AI IoT

icon
自動運転車の“危険シナリオ”をSTLで定式化:

NIIは、ISO 34502で示された自動運転車の「危険シナリオ群」について、その意味を数学的に定式化したと発表した。危険シナリオの曖昧さを回避し、危険シナリオを用いた安全性評価タスクの自動化と効率化を実現するとしている。

(2024/04/19)

icon
Pythonデータ処理入門:

pandasが提供するデータを格納/操作するための2種類のオブジェクト、SeriesとDataFrame。そのうちのSeriesオブジェクトを作成しながら、その基本的な特徴を紹介。

(2024/04/19)

icon
解決!Python:

math.isnan関数やnumpy.isnan関数、pandas.DataFrame.isnaメソッド、numpy.sum関数、pandas.DataFrame.sumメソッドなどを使って、非数かどうかを判断したり、多次元配列やDataFrameに含まれるNaNの数をカウントしたりする方法を紹介する。

(2024/04/16)

icon
「特定のマーケティングタスクの100%を処理できる可能性」:

IDCは生成AI(人工知能)に関する予測結果を公開した。それによると、生成AIを企業のマーケティングタスクに適用すると、生産性が40%以上向上するという。

(2024/04/15)

icon
AI搭載Surface PCを発表:

Microsoftは2024年3月に開催されたデジタルイベントで、Copilotや新しいSurface for Business、Windows Cloud PCといったデバイスを通して、顧客のビジネス全体で、AIの安全かつ効率的な活用を推進すると発表した。

(2024/04/13)

icon
生成AIを実務活用する際何を想定すべきか:

生成AI導入の最前線に立っているのは、DevOpsチームとプラットフォームエンジニアだ。生成AIが抱えるリスクを解説したり、生成AIを活用するメリットの事例として、プラットフォームエンジニアリングにおける活用事例を紹介したりする。

(2024/04/12)

icon
開発者やクラウド担当者、セキュリティ担当者、ビジネスアナリストを支援:

Google Cloudは、開発者、Google Cloudサービス、アプリケーション向けの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表した。

(2024/04/12)

icon
人間と機械の相互作用が複数のトレンドをけん引:

Gartnerは、2024年のサプライチェーンテクノロジートレンドのトップ8を発表した。2024年のトレンドの大きなテーマは、新興テクノロジーを活用したビジネスコントロールの必要性と、人間と機械の相互作用を通じた競争力の向上だ。

(2024/04/11)

icon
オンプレミスでも利用可能:

デロイト トーマツは、「特化型LLM」の開発サービスを提供開始した。クラウド提供型LLMが利用できない業種、業界に向けてオンプレミス運用可能な特化型LLMを提供することで、企業のLLMの活用を促進するという。

(2024/04/11)

icon
エンタープライズグレードのワークロードに対応、まずMicrosoft Azureで利用可能に:

Cohereは、同社のプロダクトの中で「最も強力でスケーラブル」とする大規模言語モデル「Command R+」を発表した。

(2024/04/11)

icon
機械学習入門:

「知識ゼロから学べる」をモットーにした機械学習入門連載の第2回。実践で役立つ、Pythonライブラリの基本的な使用例として、データの読み込みと加工(pandas使用)から、数値計算(NumPy使用)とデータ可視化(Matplotlib/seaborn使用)、機械学習(scikit-learnの使い方)までを体験しながら学ぼう。

(2024/04/11)

icon
新たな時系列予測モデルの必要性や、Moiraiが与える影響を解説:

Salesforceは、時系列基盤モデル「Moirai」を発表した。複数のドメイン、頻度、変数にまたがる多様な予測タスクにゼロショットで対応できる、汎用性の高い時系列予測が可能だという。

(2024/04/10)

icon
解決!Python:

exec関数を使ってモジュールのトップレベルで動的に変数を定義したり、globals関数の返す辞書を使ってグローバル変数として動的に変数を定義したりする方法と、その注意点を紹介する。

(2024/04/09)

icon
AIモデルを「Hugging Face」からワンクリックでデプロイ可能に:

Cloudflareは、AI推論を大規模にデプロイするためのプラットフォームである「Workers AI」の一般提供開始や、Hugging Faceとの提携拡大によって、ワンクリックでAIモデルを「Hugging Face」プラットフォームからグローバルにデプロイできるようになったことなどを発表した。

(2024/04/08)

icon
煎餅か昼寝かで悩むようなもんじゃ:

Claude 3とやらが登場したそうじゃのう。どれ、ワシも試してみるかいのう。

(2024/04/08)

icon
Pythonデータ処理入門:

Pythonでデータ処理を始めようという人に向けて、pandasとは何か、インストール、データセットの読み込みと書き込み、簡単なメソッド呼び出しまでを説明します。

(2024/04/05)

icon
2024年夏ごろをめどに1750億パラメーターのLLMを構築予定:

NIIは、「大規模言語モデル研究開発センター」を開設した。まずは、NIIが主宰しているLLM勉強会の研究開発を発展させ、1750億パラメーターのLLMを構築するという。

(2024/04/03)

icon
対話システムの歴史から見たChatGPT(3):

ChatGPTを対話システムと見なし、これまでの対話システムで用いられてきた技術との違いを整理しながら、どのようにして人間のような自然で流ちょうな対話が実現できているのかを解説する本連載。第2回では、対話システムへの入力を処理する言語理解について解説した。今回は、第1回で取り上げた対話システムを中心に、対話管理と応答文生成において用いられている技術について解説する。

(2024/04/03)

icon
解決!Python:

ファイルパスをドライブ、ルート、それ以降に分割するにはos.pathモジュールのsplitroot関数を使える。その使い方、WindowsとUNIXでの動作の違い、Windowsと同様な分割結果を得るための方法などを紹介する。

(2024/04/02)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

生成AI時代を生きる社会人に必須の基礎知識を身に付けよう。生成AIに関する用語として「生成系AI」「大規模言語モデル(LLM)」「プロンプトエンジニアリング」「ハルシネーション」「埋め込み表現」「ベクトル検索」「ベクトルデータベース」「RAG(検索拡張生成)」「事前学習」「ファインチューニング」の10語を紹介する。代表的なチャットAIやLLM、画像生成AIについても触れる。

(2024/03/29)

icon
数ステップでLLMをデバイスに導入可能:

Googleは「MediaPipe」を通じてオンデバイスでLLMを実行できるLLMを実行できる「MediaPipe LLM Inference API」の実験的リリースを発表した。MediaPipe LLM Inference APIでは、LLMを使ったアプリケーションをスマートフォンなどのデバイス上で使用することができる。

(2024/03/28)

icon
やさしいデータ分析:

データ分析の初歩から学んでいく連載の第16回(最終回)。分析に適した形にデータを入力/変換する方法を、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。スタック形式のレコードをアンスタック形式に変換する方法、CVSファイルやWebページからデータを読み込む方法などについて解説します。

(2024/03/28)

icon
やさしいデータ分析:

データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載のスタート。今回は、なぜデータ分析の重要性が高まっているか、ビジネスに生かすために何を学ぶべきかを概観した後、連載の全体像を紹介します。

(2024/03/28)

icon
「Haiku」「Sonnet」「Opus」の3モデル:

米国スタートアップ企業のAnthropicは、大規模言語モデルファミリーの「Claude 3」を発表した。「Haiku」「Sonnet」「Opus」からなるClaude 3は、各モデルとも強力な性能を備えているという。

(2024/03/27)

icon
GPU環境を迅速にセットアップし、自由に作業、管理、コラボレーションできる:

NVIDIAは、AIおよびML開発者向けツールキット「NVIDIA AI Workbench」の一般提供を開始した。公式サイトから無料でダウンロードできる。

(2024/03/27)

icon
“4つの課題”を考える:

アプリを消すと、記録も消えてしまうのね。

(2024/03/27)

icon
解決!Python:

Windowsではファイルパスにドライブ文字が含まれる場合がある。os.pathモジュールのsplitdrive関数を使って、ドライブ文字とその他に分割する方法や、UNIXでこれと同様な処理を行う方法などを紹介する。

(2024/03/26)

icon
AIチャットbot「Grok」の基盤:

xAIは、大規模言語モデル「Grok-1」の基本モデルの重みとネットワークアーキテクチャを、Apache 2.0ライセンスでオープンソースとして公開した。

(2024/03/22)

icon
「Excelより100倍高速」「Pythonネイティブ」をうたう:

Row Zeroは、表計算ソフトウェア「Row Zero」を発表した。「Microsoft Excel」や「Google Sheets」のような見た目と操作性を持ちながら、100倍高速だとしている。

(2024/03/21)

icon
ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:

IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第18回は「IoT」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。

(2024/03/21)

icon
解決!Python:

os.pathモジュールのsplit関数はファイルパスを末尾の要素とそれ以外に分割する。その使い方と注意点を紹介する。

(2024/03/19)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。