AI IoT

icon
長いコンテキストのタスクや大規模な本番ワークロードに最適化されたLLM:

Cohereは、2024年3月に発表したエンタープライズワークロード向け大規模言語モデル「Command R」のファインチューニング機能を提供開始した。

(2024/05/16)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「チェビシェフ距離」について説明。2点間の距離を計測する方法の一つで、2つの点座標(n次元)で「次元ごとの距離(=各成分の差)の絶対値」のうち「最大値」を距離として採用する計算方法を意味する。

(2024/05/16)

icon
「日本と海外で興味関心の高さは変わらないが企業としての姿勢が異なる」:

ガートナージャパンは、AIに対する組織的な取り組み状況に関する調査の結果を発表した。日本の大企業でAI専門組織を設置する割合は海外企業の半分にとどまっており、AI開発に必要な人材の枯渇感が強いことが分かった。

(2024/05/15)

icon
AIへの移行と効果的な活用が課題:

Gartnerは、企業のデータ&アナリティクス戦略に取り入れるべきトップトレンド4つを発表した。

(2024/05/15)

icon
早期に導入した企業にこそ起こる課題も:

TechTargetは「生成AIアプリケーションの動向」に関する記事を公開した。2024年に開催された「Google Cloud Next '24」では生成AIに関する多くの情報が公開された。期待が高まる生成AIアプリケーションだが、その進化は速く、それに伴う課題も生まれている。

(2024/05/15)

icon
解決!Python:

Pythonでまとまった量のテキストや文字列からPDFファイルを作成するにはReportLab Toolkitが提供するPlatypusモジュールを使うと便利だ。その方法をまとめる。

(2024/05/14)

icon
「小」規模言語モデルの持つ可能性:

Microsoftは、自社開発の小規模言語モデル(SLM)ファミリー、「Phi-3」を発表した。シリーズ最小のパラメーター数の「Phi-3-mini」を公開し、Microsoft Azure AI Studio、Hugging Face、Ollamaで利用可能になった。

(2024/05/13)

icon
色眼鏡を通して見ていこうじゃねぇか:

いいか、世界はプログラミングでできているんだぜ!

(2024/05/13)

icon
Pythonデータ処理入門:

DataFrameオブジェクトを生成する方法とその際に指定可能なオプション、DataFrameから特定の行や列、個別の要素をiloc属性とloc属性で選択する方法を見ていきます。

(2024/05/10)

icon
価値を「分かりやすい形で示すこと」が重要:

ガートナージャパンは、年次調査「最高データ/アナリティクス責任者(CDAO)サーベイ」の結果を発表した。それによると、61%の組織が「破壊的なAI(人工知能)技術の影響を受けて、データ/アナリティクスのオペレーティングモデルの進化や再考を余儀なくされている」という。

(2024/05/09)

icon
やさしい確率分布:

データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の確率分布編です。第1回は出発点として、推測統計の基礎となる確率分布の意味や種類、特徴を解説します。離散型分布と連続型分布の違いや種類、確率分布を表す確率質量関数/確率密度関数と累積分布関数の意味や特徴などを見ながら連載の全体像を紹介します。

(2024/05/09)

icon
iOSアプリはモバイルWebと同じ直感的体験を提供:

Anthropicは、LLMファミリー「Claude」の「Team」プランとiOSアプリを発表した。

(2024/05/08)

icon
「AIで科学の進歩がさらに加速」「トップAIモデルの供給源は米国、EU、中国」など:

スタンフォード大学の研究所は、AI動向をまとめた最新の年次調査レポート「2024 AI Index Report」を公開した。生成AIのトレーニングコストに関する新たな推定値、責任あるAIの展望に関する詳細な分析などを報告している。

(2024/05/08)

icon
「TCFDに基づく情報開示の義務化」で市場が急拡大:

ITRは、国内グリーントランスフォーメーション市場規模の推移と予測を発表した。同社は2022〜2027年度の年平均成長率を79.0%とみており、2027年度には460億円に達すると予測する。

(2024/05/07)

icon
技術やツールの悪用と合法的な使用の違いを認識し、適切な対応を目指す:

GitHubは、同社サービスの利用規約に「非同意性的画像やフェイク情報を作成する合成メディアツールの開発を目的としたプロジェクトやコンテンツを認めない」とする新たなポリシーの追加を提案した。加えて、Pull Requestページをオープンし、パブリックコメントの募集を開始した。

(2024/05/07)

icon
IDCが「2024年 IoT担当者調査」の結果を発表:

IDC Japanは、「2024年 IoT担当者調査」の結果を発表した。それによると、“製品のIoT化”などの取り組みは進んでいるものの、IoTプロジェクトの目的達成については課題を感じている企業が多かった。

(2024/05/02)

icon
道を外せば法律の有無にかかわらず炎上:

ガートナージャパンは、AIガバナンスに関する日本企業への提言を発表した。同社は、日本にAI関連の法規制がないことは取り組みを進めない理由にならず、企業は「責任あるAI」の使用に向けて今すぐ準備を開始すべきだとしている。

(2024/05/01)

icon
Deep Insider's Eye 一色&かわさきの編集後記:

かわさきからは「どうする? どうなる? 解決!Python」というタイトルでPython TIPS連載の今後についてChatGPTに聞いてみて思ったことについて、一色からは「何をもってPythonicなのか」というタイトルで執筆中に感じていた“Pythonic”という説明に対する戸惑いを解消するまでの体験談について書きました。

(2024/05/01)

icon
なくしたAndroidをオフラインでも発見可能に:

Googleは、Androidの「デバイスを探す」アプリをアップデートした。オフラインデバイスの探索や、Bluetoothトラッカータグを活用してカギやカバンなどの日用品を探せるようになるとしている。

(2024/04/30)

icon
総合的なタスクに対する高い処理能力と応答速度の速さが特徴:

NECは、同社の生成AI「cotomi」において新たな2つのモデル「cotomi Pro」「cotomi Light」を発表した。

(2024/04/30)

icon
個人、研究、商用利用も可能 優れた効率性をうたう:

Snowflakeは、エンタープライズAIに最適なLLM「Snowflake Arctic」を発表した。エンタープライズインテリジェンス、画期的な効率性、真のオープン性という特徴を備える。

(2024/04/30)

icon
I will make you Miku Miku♪:

ネギを振り回していたあの娘が、米国の大舞台で歌う日が来るなんて!

(2024/04/30)

icon
生成AIの登場で積極的投資が続く:

IDC Japanは、2024年の国内AIシステムの市場予測を発表した。2023年の国内AIシステム市場は前年比34.5%増の6858億7300万円。2024年は前年比31.2%増の9000億6000万円になると予測する。

(2024/04/26)

icon
カスタムモデルインポート、モデル評価、安全対策:

AWSは、基盤モデルを使用した生成AIアプリケーションの構築、展開を支援する「Amazon Bedrock」サービスの新機能を発表した。新機能には、カスタムモデルインポート、モデル評価、「Guardrails for Amazon Bedrock」があり、使用可能な基盤モデルの選択肢も拡大している。

(2024/04/26)

icon
「持続可能な生成AIイノベーション」を支援:

生成AIをビジネス利用しようとしている企業は多いだろう。市場にはさまざまなサービスがあふれているが、「うまく使いこなせないかもしれない」「一時的にしか使わないのでは」といった懸念を持つ人もいるだろう。本稿では、AWSのセミナーを基に、継続的に生成AIを活用するためのヒントを探る。

(2024/04/26)

icon
AI倫理の観点から当面は製品化せず:

Microsoftは、1枚の顔の静止画像と音声クリップから、その顔の人物が本当に話しているかのような動画を生成できるAIモデル「VASA-1」を発表した。

(2024/04/25)

icon
ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:

IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第19回は「GPU」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。

(2024/04/25)

icon
人気連載まとめ読み! @IT eBook(117):

人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第117弾は、連載『やさしいデータ分析』の全編を電子書籍化しました。表計算ソフトで試しながら、基本的なデータ分析を学べます。前提知識は不要で、全ての社会人にお薦め。ここからデータ分析の第一歩を踏み出しましょう!

(2024/04/24)

icon
データセキュリティにも言及:

Salesforceは、「Slack」の生成AI機能「Slack AI」の提供を開始した。検索機能の拡張、チャンネルとスレッドの要約などの生成AI機能を全ての有料プランで利用できる。

(2024/04/23)

icon
80億と700億のパラメーターを持つ最初の2モデルを公開:

Metaは、大規模言語モデル「Meta Llama 3」の8Bおよび70Bパラメーターモデルを発表した。

(2024/04/23)

icon
解決!Python:

pdfminer.sixパッケージを用いて、PDFファイルからテキストや画像を抽出する方法を紹介する。

(2024/04/23)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。