AI IoT

icon
現在の課題はどう解決されるのか:

IDC Japanは、2024年以降のAIの取り組みや課題に関する予測を発表した。同社は「AIなど最新の自動化技術を事業活動に展開することで、自社のブランド力を向上させられる」としている。

(2024/02/29)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

ベクトルデータベースとは、テキストなどのデータを数値ベクトル(埋め込み)として保存するデータベースを指す。「ベクトルストア」とも呼ばれる。ベクトル検索により、意味的に類似する情報を探せるのが特徴で、チャットAIのRAG構築に役立つ。本稿ではベクトル検索の機能を持つ代表的な製品の概要もそれぞれ簡単に紹介する。

(2024/02/29)

icon
アレクサ、ハワイアンをかけて:

2歳児にも82歳にも優しいバリアフリーなUIです。

(2024/02/29)

icon
主要ベンチマークで大型モデルを上回るパフォーマンスを発揮:

Googleは、大規模言語モデル「Gemma」を提供開始した。「Gemini」と同じ研究と技術に基づく軽量のオープンモデルファミリーだ。

(2024/02/27)

icon
ガートナーがコンサルティングサービスに関する見解を発表:

ガートナージャパンは、コンサルティングサービスに関する見解を発表した。新たなアイデアやビジネスに関する支援を除き、コンサルティングベンダーに委託している業務をAIが担うようになっていくという。

(2024/02/27)

icon
解決!Python:

Pythonで整数値(int型)の値を2進数表現に変換するには幾つかの方法がある。その中からbin関数を使う方法と文字列の書式指定を使って変換する方法を紹介する。

(2024/02/27)

icon
「AI/Automation for System Engineers」ライブ配信セミナー基調講演レポート:

AIはエンジニアから仕事を奪うのか?――生成AIへの期待値の高まりとともに、改めてAIとの向き合い方が問われている。仕事でAIを使うことが当たり前になる時代に、エンジニアはどう振る舞うべきか。@ITが開催したセミナーからそのヒントを探る。

(2024/02/27)

icon
武勇伝を聞かせてもらおうじゃないか:

なあ、何で世間はお年寄りを大切にするか知ってるか? それはな、歴史ある生き物には利用価値があるからなんだよ!

(2024/02/26)

icon
英語版では画像生成機能を導入:

Googleは「Bard」日本語版で「Gemini Pro」が使用できるようになったことを発表した。また、Bardの英語版に画像生成機能を導入した。

(2024/02/24)

icon
「物理世界の汎用(はんよう)シミュレーター構築に向けた有望なステップ」:

OpenAIは、テキストから最大60秒の動画を生成するAIモデル「Sora」を発表した。

(2024/02/22)

icon
やさしいデータ分析:

データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第15回。複数の説明変数を基に目的変数の値を予測する重回帰分析について、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。カテゴリーなどの数値ではないデータを説明変数として利用する方法や、二次関数などの多項式を基に回帰分析する方法も紹介します。

(2024/02/22)

icon
解決!Python:

文字列に特殊な文字を含めるにはエスケープシーケンスを使用する。代表的なエスケープシーケンスの使用例を紹介する。

(2024/02/20)

icon
ハイテク企業は成長第一戦略から効率を重視した戦略へ転換:

Gartnerは「2024年にテクノロジープロバイダー(技術提供者)に影響を与えるトップトレンド」を発表した。

(2024/02/19)

icon
マルチモーダルAI、小規模言語モデル、シャドーAIなど:

IBMは、2024年に注目すべき最も重要な9つのAIトレンドを公式ブログで解説した。

(2024/02/16)

icon
Pythonデータ処理入門:

NumPyの多次元配列の要素は全て同じ型である必要があります。が、異なる型のデータを1つの配列に格納したいこともあるはずです。それを可能にする構造化配列を紹介します。

(2024/02/16)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

全てまたはほとんどの成分が0以外の数値を持つベクトルを「密ベクトル」と呼び、その代表例にはテキストなどのEmbedding(埋め込み表現)がある。また、大部分の成分が0で、一部のみが0以外の数値を持つベクトルを「疎ベクトル」と呼び、その代表例にはテキスト文書のtf-idf値がある。

(2024/02/14)

icon
オープンソースツール「localllm」を利用:

Google Cloudは、Google Cloudのフルマネージド開発環境「Cloud Workstation」や「クオンタイズドモデル(量子化されたモデル)」と、新しいオープンソースツール「localllm」を組み合わせることで、GPUを使わずに、LLM(大規模言語モデル)ベースのAIアプリケーションを開発する方法を公式ブログで紹介した。

(2024/02/13)

icon
解決!Python:

組み込みのabs関数、mathモジュールのfabs関数など、Pythonには絶対値を求める方法が幾つかある。それらの使用法やユーザー定義クラスのインスタンスの絶対値を求められるように__abs__特殊メソッドを定義する例を紹介する。

(2024/02/13)

icon
AIへの社会的認識の変化について世界17カ国で調査:

KPMGコンサルティングは、「AIは信頼できるか〜AIへの社会的認識の変化に関するグローバル調査2023」を発表した。日本は75%の人が「AIへの理解度が低い」と回答しており、調査対象国の中で最も低かった。

(2024/02/09)

icon
機械学習入門:

「知識ゼロから学べる」をモットーにした機械学習入門連載の第1回。ルールベースと機械学習ベースの違いから、教師あり学習などの学習方法、回帰/分類などのタスクまで基礎の基礎から説明。機械学習のためのPythonライブラリも概説する。

(2024/02/08)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「ベクトル検索」について説明。テキストなどのデータを数値ベクトル(埋め込み)として表現し、それらのベクトル間の類似度を計算することで、関連する情報を見つけ出す検索方法を指す。Azure OpenAI Serviceの独自データ追加機能で利用可能な「キーワード検索」「ベクトル検索」「ハイブリッド検索」「セマンティック検索」という検索手法の違いについても言及する。

(2024/02/07)

icon
解決!Python:

enumモジュールのEnumクラスやIntEnumクラス、Flagクラスを継承して、列挙型を定義したり、そのメンバーを扱ったりする方法を紹介する。

(2024/02/06)

icon
ITサービスが最大の支出額に:

Gartnerによると、2024年の世界IT支出は2023年比で6.8%増加し、5兆ドルに達する見通しだ。ITサービスへの支出が、通信サービスへの支出を上回るという。

(2024/02/05)

icon
「開発に必要な計算資源に関する支援や関係者間の連携を促す」:

経済産業省は、国内の生成AIの開発力強化に向けたプロジェクト「GENIAC」を開始する。「基盤モデル開発に必要な計算資源に関する支援や関係者間の連携を促す」としている。

(2024/02/05)

icon
Deep Insider's Eye 一色&かわさきの編集後記:

一色からは「ChatGPTで株取引スクリプトを作ってバックテスト」という題でChatGPTを使って株取引ストラテジーを生成してシミュレーションしたことについて、かわさきからは「たんぱく質取ってますか?」という題でカロリーを考慮して鳥貴族のメニュー選びをアシストしてくれるGPTsを作成してみたことについて書きました。

(2024/02/05)

icon
混ぜろ、危険じゃない:

最新の技術なんぞ追わんでもええ。じゃがな……。

(2024/02/05)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「正解率」について説明。分類タスク(問題)に対する評価指標の一つで、機械学習モデルによる予測結果における正解数をデータ数で割った値を指す。

(2024/02/05)

icon
AIで監視アラートの状況を判断:

CTCテクノロジーは、AIを活用したシステム運用のマネージドサービスを提供開始した。監視アラートをAIで分析し、システム障害時の一次対応を迅速化させる。

(2024/02/02)

icon
技術、経済、社会、政治情勢に注目:

IDCのアナリストがブログ記事で、2024年のデジタル動向を左右するとみられるさまざまなマクロ情勢を取り上げ、解説を加えた。

(2024/02/01)

icon
やさしいデータ分析:

データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第14回。既知のデータから未知の値を「予測」する回帰分析の式の可視化や、求め方、実際の予測を、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。直線の式だけでなく指数関数の式での予測や時系列分析についても触れます。

(2024/02/01)

icon
解決!Python:

input関数を呼び出すとユーザーからのキーボード入力を受け取れる。その基本と注意事項、文字列を数値に変換する方法を紹介する。

(2024/02/01)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。