Google Cloud Speech/Translation APIを使って翻訳アプリを作ってみよう特集: Google Cloud Platformを使ってみる(2/4 ページ)

» 2017年06月16日 05時00分 公開
[かわさきしんじInsider.NET編集部]

Speech APIとTranslation APIを使用するための設定

 Speech APIとTranslation APIを使用するには、Speech APIもしくはTranslation APIのクイックスタートページで紹介されている手順に従って、プロジェクトの設定、課金設定、APIの有効化を行っておく必要がある。ここではSpeech APIのクイックスタートページを起点として、簡単にこの手順を追っていこう(Translation APIのクイックスタートページを起点とした場合でも、この手順は同様だ)。

プロジェクトの作成

 まず、クイックスタートページでの説明に従って[プロジェクト]ページに移動する。そして、上部にある[プロジェクトを作成]リンクをクリックする。すると、[新しいプロジェクト]画面が表示されるので、ここでプロジェクト名を指定して(ここでは「speechAndTranslationApp」)、[作成]ボタンをクリックする。

[プロジェクトを作成]をクリック
[プロジェクトを作成]をクリック
プロジェクト名を指定して[作成]ボタンをクリック
プロジェクト名を指定して[作成]ボタンをクリック

プロジェクトの新規作成の手順


 プロジェクトを作成したら、クイックスタートページにある[課金の有効化]リンクをクリックする。すると、以下の画面が表示されるので、これに従って課金の有効化を行う。

課金の有効化を行う手順を説明するページ 課金の有効化を行う手順を説明するページ

APIの有効化と認証情報の作成

 最後にやはりクイックスタートページにある[ENABLE THE API]リンクをクリックする。これによりAPIを有効にするプロジェクトを選択する画面が表示される。先ほど作成したプロジェクトをドロップダウンから選択して[続行]ボタンをクリックすると、Speech APIが有効になった旨が表示されるので、[認証情報に進む]ボタンをクリックする。

先ほど作成したプロジェクトを選択して[続行]ボタンをクリックする
先ほど作成したプロジェクトを選択して[続行]ボタンをクリックする
[認証情報に進む]ボタンをクリックする
[認証情報に進む]ボタンをクリックする

Speech APIの有効化


 すると、[プロジェクトへの認証情報の追加]画面が表示されるので、必要な認証情報の種類(ここでは[Google Cloud Speech API])とGoogle Computing Engineを使用しているか(ここでは[いいえ])を指定して、[必要な認証情報]ボタンをクリックする。次の画面ではサービスアカウント名(ここでは「speech2translation」)、[役割]としてここでは[Project]−[オーナー]、[キーのタイプ(ここでは[JSON])を指定して、[次へ]ボタンをクリックする。

各種項目を設定して[必要な認証情報]ボタンをクリックする
各種項目を設定して[必要な認証情報]ボタンをクリックする
サービスアカウント名と役割とキーのタイプを指定して[次へ]ボタンをクリックする
サービスアカウント名と役割とキーのタイプを指定して[次へ]ボタンをクリックする
サービスアカウントとキーが作成された
サービスアカウントとキーが作成された

認証情報の作成


 最後に[サービス アカウントとキーが作成されました]と表示されたら、APIを使用するためのサービスアカウントとそのデフォルト認証で使用するキーの作成は完了だ。キー(JSONファイル)は一度だけ生成され、二度と入手はできないので、きちんと保存、管理を行うようにしよう。

 この後は必要に応じて、APIキーの生成などを行ってもよいが、API利用時の認証で、この手順で作成されたキーファイルを使用して認証を行うことにする。これでSpeech APIの有効化は終わったが、Translation APIも同様な手順で有効化しておく必要がある。このとき、認証情報を新たに作成する必要はない。プロジェクトへの認証情報の追加時に以下のような画面が表示されるので、素直に指示に従っておこう。

Translation APIの認証情報のプロジェクトへの追加 Translation APIの認証情報のプロジェクトへの追加

 作成されたキーファイル(JSONファイル)へのパスを、環境変数GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALSに設定しておくこと。これにより、Speech APIもしくはTranslation APIの呼び出し時に、この情報を基に認証を自動的に行ってくれる。

 最後に@google-cloud/speechと@google-cloud/translateの2つのパッケージをnpmからインストールすれば、Speech APIとTranslation APIを使用する準備は完了だ(「npm install --save @google-cloud/speech @google-cloud/translate」コマンドを実行)。次ページでは、これらのAPIを実際に呼び出すコードを見てみよう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。